「自信がない・自己肯定感が低い・生きづらさ・心の葛藤」の構造と創造性

さて、ここでは、よくご相談いただく内容「自信が出ない」「自己肯定感が低い」「劣等感がある」「生きづらさがある」「心の葛藤が苦しい」などについて少し書いてみたいと思います。

そして、それがクライアントの方の心のパワーと創造性のために起こっている、ということについてご説明してみたいと思います。そして、結論的には、その気分や感情を、苦痛ではなく快いものに変えて、パワーと創造性により変えていくことが可能であることについて解説したいと思います。

そのため、今、ご自分のうちに苦しみがあるとしても、それはパワーと創造性があるためであると信じていただければと思います。


◆苦しみの構造(原因)

ところで、上記の、「自信が出ない」「自己肯定感が低い」「劣等感がある」「生きづらさがある」「心の葛藤が苦しい」などの気分や感情は、主観的な印象としては、ネガティブで、エネルギーが不足している感覚、力が湧かない感じとして体験されています。

つまり、「力がない」「力が足りない」「力が不足している」というイメージです。しかし、このような、「不足感」は、クライアントの方の意識に届く情報が、そのように変化して表現(知覚)されているだけで、エネルギーの実態としては少し事情(実態)が違うのです。

そのことは、物理的な現象を考えてみればよくわかります。エネルギー自体がなければ、そこに何も起こらないのです。「感情的なざわめきがある」ということは、実は、そこに強いエネルギーがあるということを意味しているのです。

ということは、「自己肯定感が低い」「自信が出ない」などという場合にも、実は、心の中では、非常にダイナミックで、エネルギッシュな運動が起こっているということなのです。

そして、起こっていることを要約すると、それが「葛藤」ということなのです。葛藤とは、心の中で、相反する複数の欲求や感情が衝突したり、反発しあっている状態です。

主観的には、単に気分の落ち込みや抑うつ感、欠落感、空虚感として「よどんだ沼」のように単一の感情として感じられるものも、実は、深い領域では、「お前はダメな奴だ!と力づくで自己を否定しようとしている心の一部と、「それは違う!」とそれに反発する心の一部が、激しく争っているがゆえに現れている感情・気分なのです。

実は、「激流」のような運動なのです。2つの激しい衝突が、疲労感やノイズである苦痛な感情の原因なのです。大元は、複数の感情のダイナミックな激突、からまりあいなのです。

しかし、これは、普通には、感じとられにくい、分かりにくい点です。私たちは、現れている感情を一種類の感情であると見なす癖を持ってしまっているからです。そのため、現れている不快で苦痛な感情が、ひとつの原因からくるものと思ってしまうからです。

不快で苦痛な感情が、複数の感情のからまりあいであることを知り、ひとつひとつの感情を切り分けて、体験できるようになると、私たちの苦痛もなくなっていくことになるのです。

不快な苦痛は、衝突による感覚だったからです。心理療法のセッションでは、そのような感情を切り分ける体験を、行なっていくことになるのです。そのため、苦痛や苦しみが、なくなっていくことになるのです。

心理療法においては、心の内側に入ることにより、一種透視的に、心のからまりが見えてくるのです(その状態を、変性意識状態(ASC)といいます)。そして、ひとつひとつの感情や欲求を、体験できることとなります。

その結果、心のからまりがほどかれ、解放されていくことになるのです。そして、さらに、その複数の感情や欲求を、ひとつひとつ体験していくと、理解できてくることがあります。

つまり、さまざまな複数の感情や欲求は、非常に積極的な意味をもって、心の中に生まれていたことに気づくことになるのです。「お前はダメな奴だ!」と自己否定的に感じられた欲求にも、実は、背後の隠れた意図があることが実感として分かってくるのです。

その感情にはそれはそれで、とても創造的な意味があったのです。心理療法のセッションの中では、そのような感情の内訳への気づきが深まっていくことになります。つまり、実は、私たちの心は、創造的な意志を持っているがゆえに、心の葛藤や苦痛を生み出していたといえるわけなのです。

冒頭で、今、ご自分のうちに苦しみがあるとしても、それはパワーと創造性のゆえであると信じていただければと思いますと書いたのは、まさにそのような意味合いからなのです。

そして、私たちの心の葛藤や苦痛は、創造性のあかしともいえるということなのです。そのため、苦しみを持っている方は、ご自分にパワーと創造性があるがために、そのようなことが起こっているのだとぜひ自信をもっていただければと思います。

そのような心のパワーは、葛藤を解決し、ほぐしていくことで、より大きな能動的なものとして使っていくことができるものなのです。


【ブックガイド】

ゲシュタルト療法については、基礎から実践までをまとめたこちら
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
気づきや、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については、拙著
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、よりディープな
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

↓動画解説「自信のなさ・自己肯定感が低い・生きづらさ・心の葛藤」の構造と創造性

↓動画「ゲシュタルト療法と生きる力の増大」