「抑うつ感・憂鬱感・罪悪感・自責感・自己懲罰感・恐怖感・無力感」の構造と解決方法

「抑うつ感」「憂鬱感」「罪悪感」「自責感」「自己懲罰感」「恐怖感」「無力感」という場合、原因は、心の中の自我状態の葛藤(争い)にあります。

フロイトが「超自我」と呼び、ゲシュタルト療法で「トップドッグ(勝ち犬/勝者)」と呼ぶ、親から取り込んだメッセージ(自我状態)が、私たちの自我(「アンダードッグ(負け犬)」)を、強圧的に圧迫していることにあります。

この2つの自我(欲求)状態のアンバランス(非対称性)が問題なのです。このような、2つの自我(欲求)状態のアンバランス(非対称性)を、セッションの中では、丁寧に取り出し、解消していきます。

フロイトの「超自我」という超然とした言葉を、パールズが「トップドッグ(勝ち犬/勝者)」と中立的な表現に言い換えたように、この自我(欲求)状態は、ずっと私たちの身近なものに、変容させることが可能なものです。

一方、「アンダードッグ(負け犬)」と、私たちの圧迫される自我を言い換えたように、この自我(欲求)状態も、負け癖のあるやっかいな主体として、とらえなおすことが可能です。

それを、ワーク(セッション)の中で行なっていくのです。葛藤解決の場合と、同様のアプローチで、2つの自我(欲求)状態を十全に表現し、生きることでこの極端なアンバランス(非対称性)が解消されていくのです。

その結果、さまざまな最悪感や恐れ、抑うつ感、生きづらさが、解消されていきます。意欲や自信を増大し、より自分本来のやりたいことがやれるようになっていくのです。

苦しみに煩わされることない、自由でのびのびとした、自分らしい、素晴らしい本来的な生き方ができるようになるのです。

その結果、心の基礎的な力が、しっかりと育ち、存在 Beingに根ざした、自信に満ちた、新しい人生が開かれていくこととなるのです。

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については、基礎から実践までをまとめたこちら
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
気づきや、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については、拙著
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、よりディープな
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

↓動画解説「抑うつ感・憂鬱感・罪悪感・自責感・自己懲罰感・恐怖感・無力感」の構造と解決方法

↓動画「ゲシュタルト療法と生きる力の増大」