「聖霊」の階層その2 本質(エッセンス)の含有量 ジョン・C・リリーの冒険から

さて別ページでは、映画『攻殻機動隊』を素材に、私たちの心(意識)が持つ階層構造の可能性について考えてみました。
映画『攻殻機動隊』ゴースト Ghost の変性意識

そして、映画内で使われる「さらなる上部構造にシフトする」というセリフをもとに、イルカ研究者、アイソレーション・タンクの開発者であり、映画『アルタード・ステーツ』のモデルにもなった科学者ジョン・C・リリー博士の探求事例を検討してみました。
「聖霊」の階層、あるいはメタ・プログラマー ジョン・C・リリーの冒険から

今回はその続編として、博士の探求事例の中の興味深い仮説をもう少し細かく見てみたいと思います。

ところで、リリー博士は純然たる科学者であり、そもそもは神経生理学の研究から「意識の研究」をはじめました。
一切の知覚・感覚を遮断しても(外部の知覚情報の入力なしに)、私たちの「脳」や「意識」というものは、自律的に存在するものなのだろうか、というような切り口から意識の研究をはじめたわけです。
博士の当初の考え(仮説)では、脳のソフトウェアでしかない意識などは外部情報の入力なしには、独立存在しないだろう、ということだったわけです。その実験のために作ったのが、感覚遮断を起こすアイソレーション・タンクだったわけです。
その流れで、(人間よりも脳の大きな)イルカの研究も行なっていたわけです。ところが、さまざまな実験を繰り返す中で、感覚情報なしにも、意識は存在することや、加えて、感覚遮断した意識状態にさまざまな興味深い現象が現れることに、博士は気づいていくこととなったのです。

もともと、博士は、精神分析の訓練などは受けていたわけですが、さらに、当時発見され、精神医学の領域で使われはじめていたLSD(リゼルグ酸ジエチルアミド)を用いて、意識についてのさらなる解明を試みることにしたわけです。

さて、そのような博士の著作に『意識(サイクロン)の中心』(菅靖彦訳、平河出版社)という自伝的な体裁をとった本があります。

博士自身が、結論部分で、最終的な解答を見出してないと言っているように、探求の途中経過と素材として仮説を、自伝・年代記風に示した重要な著作です。
ところで、この本(や前著)の中に「人間生命コンピュータの機構(シェーマ)」と名付けられた図式があります。
コンピューターをモデルについて、人間の生命システムを考えた場合に、どういうプログラミングの階層構造になっているかを示したものです。

上位にあるものが、その下位にあるものをプログラミングし、制御しているという構造になっています。

10―未知なるもの
9 ―本質(エッセンス)のメタプログラミング
8 ―自己(セルフ)のメタプログラミング
7 ―自我(エゴ)のメタプログラミング
6 ―(制御システムとは関係のない)メタプログラミング全般
5 ―プログラミング
4 ―脳の諸活動
3 ―物質的構造としての脳
2 ―物質的構造としての身体
1 ―(身体と脳を含む)すべての側面をもった外的現実
(リリー『意識(サイクロン)の中心』菅靖彦訳、平河出版社より)


下のものは、上のものによって、プログラミングされ、制御されているという図式です。

「自我(エゴ)のメタプログラミング」あたりが、通常の私たちの日常意識のレベル、つまり諸々のつまらないことに囚われ、翻弄されている普段の自我(自意識)状態のレベルとなっています。
その上の「自己(セルフ)のメタプログラミング」は、高度な気づき awareness の状態や、高い統合の水準であり、下位のもの(自我)が統制され(妨げられることなく)、自己の全体が滑らかに作動している状態とされています。
ゲシュタルト療法的に言えば、複数の自我の葛藤状態がよく統合され、自己の十全な統一が実現されている状態でしょうか。
さらにその上の「本質(エッセンス)のメタプログラミング」は、さらなる上部構造システムの働きです。
超意識的、もしくはトランスパーソナル的な領域が入りこんできている状態でしょうか。
「本質(エッセンス)とは、人間、個人、身体、生命コンピュータに適用される、宇宙的法則の最高の表現である」(前掲書)
仮説として、抽象的に置かれた(措定された)ものといえますが、博士自身によると、LSD実験による体験と検証の中で仮定されたものとなっています。
最上位の階層が「未知のなるもの」となっているのはそのような意味合いからでしょう。

ところで、『意識(サイクロン)の中心』の終盤において、多くの紙数を占めるオスカー・イチャーソのアリカ研究所(スーフィー的なスクール)の訓練体験の中では、このような階層構造を上がって(上昇して)いく様子が、さまざまに描かれています。そして、暗喩的な化学的グラフなど使っても表現されています。

その中においては、私たちの中で、上記の各階層のプログラムがどのような構成(成分)になっているかが示されたりしています。たとえば―
「自己(セルフ)」の中には下位の「自我(エゴ)」と上位の「本質(エッセンス)」が含まれています。
その構成によって、「自己(セルフ)」ができているというわけです。
そして、
「自己(セルフ)」の中における、「自我(エゴ)」の含有量が減っていくと、反対に「本質(エッセンス)」の含有量が増えていくと描写されています。
ノイズが減り、純粋な自発性(エッセンス)が輝くように現れてくるわけです。
それは、素晴らしく肯定的な状態、ハイな意識状態(エクスタシィ)として描かれています。
一方、「自己(セルフ)」において、「自我(エゴ)」の含有量が増えていくと、ノイズや落ち込みが増え、「本質(エッセンス)」の含有量が無くなってしまうものとして描かれています。
苦痛や葛藤の多いローな状態になってしまうわけです。それは、この社会で暮らす普段の私たちの姿です。

さて、ところで上に見た、心の成分の含有量の構造などは、実は心理療法(ゲシュタルト療法)の世界においても、同様に普通に見られる現象だともいえるのです。

ゲシュタルト療法においても、セッション(ワーク)を数多くこなす中で、自我の分裂や葛藤が減り、自己がより全体性として働く感覚が生まれてくると、自己の奥底にある「より自由で、自発的な本来の自己(オーセンティック・セルフ)」が生きられるようになるという仕組み(構造)があるのです。

そのような本来の自己(オーセンティック・セルフ)はその内発性と流動性、野生性の高さゆえに、より本質(エッセンス)的な要素として、私たちには感じられたりするのです。
そして、そのような心の使い方に習熟すると、私たちは、より肯定的な意識状態に長く留まれるようになるという仕組み(構造)になっているのです。

そして、そのような自我と本質の構造はまた、伝統的なシャーマニズムにおいて言われることと同様の事柄でもあるのです。

シャーマンが、自我の詰り(ノイズ)を取り去り、自己をパイプのように空洞にすればするほど、未知のメディスン・パワー(いわば本質)がそこを流れ、働きやすくなるという構造と似通ったものなのです。

それは、聖なる息吹に充ちたパワフルな状態であるというわけです。そのために、シャーマンにおいては、戦士的な空無の状態であること(パイプ的状態)を重視することとなっているわけです。

そして、それはまた、元ネタの攻殻機動隊にならって、新約聖書を引用するとするならば、ガラテヤ書にある、パウロの言葉「最早われ生くるにあらず、キリスト我が内に在りて生くるなり」(生きているのは、もはや、わたしではない。キリストが、わたしのうちに生きておられるのである)という体験領域なども重なってくることであるのです。
聖霊に満たされた信徒たちも同様に、「本質」の含有量の極めつけに高まった状態だと考えることもできるわけなのです。

このように、(興味深いことに)数々の事例から知られることは、自己が葛藤なく「全体として」働けば働くほど、やがてそこから、自我や自己を超えた要素が、「本質(エッセンス)」的な要素がフロー体験のように現れてくるということでもあるのです。
また、それは、ケン・ウィルバーが指摘するゲシュタルト療法のような心身一元論的統合が進めば進むほど、自然にトランスパーソナルな領域が開けてくるという説とも重なるものもあるのです。

リリー博士の、「人間生命コンピュータの機構(シェーマ)」は、そのようにさまざまな視点とも響きあう、普遍的な構造を持った図式として参考になるものでもあるのです。

 

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

↓動画解説「映画『攻殻機動隊』ゴーストGhostの変性意識」

↓気づきと変性意識の入門ガイドはコチラ。動画解説「気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス」