夢と夢見の技法

当スペースでいう夢見の技法とは、「意識的に夢を見る」技法や、「夢の力」を活かして、創造性を増大させる技法です。

歴史的に見ると、さまざまなシャーマニズムの文化や瞑想技法の中で、それに類した事柄が試みられてきました。

そのような実践を通じて、私たちは、自らの意識を拡大し、現実を、創造的に変化させていけることができるようになるのです。