夢と夢見の技法

当スペースでいう夢見の技法とは、「意識的に夢を見る」技法や、「夢の力」を活かして、創造性を増大させる技法です。
歴史的に見ると、さまざまなシャーマニズムの文化や瞑想技法の中で、それに類した事柄が試みられてきました。
そのような実践を通じて、私たちは自らの意識を拡大し、現実を創造的に変化させていけることができるようになるのです。
「夢」は、心理学諸流派で重視されていますが、単なる潜在意識の表現といって終わらせることのできない自律的な意志や創造性、超人格的な力を持っています。
(ゲシュタルト療法の「夢のワーク」では、その驚異の智恵に触れることもしばしばです)
当パートでは、その周辺の事柄をあつかっていきます。