欲求(感情)とつながる言葉の使い方Ⅰ

ゲシュタルト療法では、しばしば、言葉の使い方に注目します。

言葉の使い方で、自分の欲求(感情)を活かしも殺しもするからです。私たちは、日常であまり意識しない言葉の使い方によって、自分の欲求(感情)をないがしろにしたり、無力にしたりしてしまっているのです。

そのため、ゲシュタルト療法では。ワーク(セッション)の中でも、しばしば、クライアントの方の言葉遣いについて指摘をします。

そして、表現(言葉)の言い換えを行なってもらったりします。

そのことによって、クライアントの方の感じ方がグッと変わり、自分の欲求(感情)にコンタクトしやすくなったりするからです。

言い換え法にもパターンがいくつもありますが、今回は、そんな言葉の言い換えで、ワーク(セッション)中に、しばしば生ずるものについて取り上げてみたいと思います。

◆「でも」ではなく「そして」

さて、私たちは、普段の生活でも、ある人物に対して、相反する感情を持つことがよくあります。ゲシュタルト療法のワーク(セッション)でも、エンプティ・チェアを使ったロールプレイ場面などでも、そのような風景が展開します。そのような時、人はよく言います。

「私は、あなたのことは好きです。でも、○○なところは嫌いです。」
「私は、あなたのことが好きです。でも、○○なところに怒っています。」

というような具合です。

相反する二つの気持ちを、「でも」「しかし」「だけど」と、逆接の接続詞で、結ぶのです。怒りや嫌悪という自分の認めがたい、ネガティブな(陰性)感情の言い訳に、好きだというポジティブな(陽性)感情を引きあいに出している面もあります。

しかし、ゲシュタルト療法では、逆接の接続詞は、それぞれの欲求(感情)を殺す言葉だと考えます。

二つの欲求(感情)を葛藤させ、ぶつけて、相殺してしまう言葉遣いだと考えるわけです。

そのため、ゲシュタルト療法では、この逆接の接続詞を、「そして」という並列の接続詞に言い換えてもらいます。

「私は、あなたのことは好きです。そして、○○なところは嫌いです。」
「私は、あなたのことが好きです。そして、○○なところに怒っています。」

普通、耳にしない日本語です。

さて、実際に身近にある、このような事例を思い出して、声に出して、それぞれの言い方で言ってみて下さい。言い換えてみて、その違いを味わってみて下さい。

からだの中で、その感情がどう響くか、感じてみて下さい。この違いが分かったでしょうか?

並列の接続詞は、それぞれの欲求(感情)を活かす言い方です。ポジティブな(陽性)感情も、ネガティブな(陰性)感情も、どちらも自分の欲求(感情)として、きちんとコンタクト(接触)することができます。その欲求(感情)につながることができるのです。

どちらの欲求(感情)も真っ直ぐに感じ、パワーとして生きられるのです。どちらの欲求(感情)も、自分の欲求(感情)として責任をとって引き受けられるのです。それ自身として、受け入れられ、肯定されるのです。

ゲシュタルト療法では、自分の欲求(感情)は、ポジティブな(陽性)感情であれ、ネガティブな(陰性)感情であれ、すべて意味のあるものとして肯定します。責任を取って、受け入れて(受容して)いきます。

それが、生体としての自分の全体性(生命)を生きることにつながるからです。そして、それは、このような言葉遣いの側面からも意図されているのです。

 

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。
気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、よりディープな
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

▼▼▼【メルマガ登録】▼▼▼

無料オンラインセミナー、体験セミナー、イベント等々、各種情報をお送りしています。ぜひ、ご登録下さい!

コチラ

動画解説↓ 欲求(感情)とつながる言葉の使い方

↓動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。