気づき awarenessと自己想起 self-remembering

さて、ゲシュタルト療法においては、気づき awarenessの力について特に重視しています。
気づきの3つの領域 エクササイズ

ゲシュタルト療法の創始者、フリッツ・パールズは語ります。

「『気づく』ことは、クライエントに自分は感じることができるのだ、動くことができるのだ、考えることができるのだということを自覚させることになる。『気づく』ということは、知的で意識的なことではない。言葉や記憶による『~であった』という状態から、まさに今しつつある経験へのシフトである。『気づく』ことは意識に何かを投じてくれる」

「『気づき』は常に、現在に起こるものであり、行動への可能性をひらくものである。決まりきったことや習慣は学習された機能であり、それを変えるには常に新しい気づきが与えられることが必要である。何かを変えるには別の方法や考え、ふるまいの可能性がなければ変えようということすら考えられない。『気づき』がなければ新しい選択の可能性すら思い付かない」(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)


拙著やサイトの別の個所でも述べているように、気づき awarenessは、通常の私たちの心に対して、少しメタ(上位)レベルの機能ともいえるものなのです。
→拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

さて、しかし、この気づきですが、「気づき awareness」という言葉は、日常的な言葉な分だけに、その状態がカバーしている帯域は非常に幅広く、実践している人たちの間でも、その状態(含意)がきちんと特定できていないという難点があります。

最近、日本においてもマインドフルネスやヴィパサナー瞑想も、大分メジャーになって来て、気づき awarenessの重要性が知られるようになって来ていますが、それでもいくらかわかりにくい要素が多いようです。

ここでは「気づき awarenessの先にあるものが何なのか」と補助線を引くことで、その途中段階にある「気づきの状態」を特定し、それを訓練し、育てていく実践と勘所について、考えていきたいと思います。

◆気づき・自己想起・客観意識

そのため、ここでは、気づき awarenessの状態のより先にある状態として、ロジアの秘教的な思想家 G・I・グルジェフ Gurdjieff が唱えた「自己想起 self-remembering」というものについて取り上げてみたいと思います。

グルジェフ自身は、スーフィー系の秘教的なスクール出身のため、その修行システムの体系には、なんとも判断しがたい不思議な宇宙論が含まれているのですが、それを脇に置いて、その実践的な心理学を取り出すだけでも、心理療法的な見地からも充分示唆に富む内容となっているのです。

変性意識状態(ASC)という言葉を有名にしたアメリカの心理学者で、意識の諸状態の研究家チャールズ・タート博士は、そのようなグルジェフの実践システムについて、心理学的な知見から『覚醒のメカニズム』(吉田豊訳、コスモス・ライブラリー)という興味深い本をまとめています。

今回は、そこで描かれている自己想起 self-rememberingの特性や原理・構造を見ていくことで、気づき awarenessに必要な状態(強度)が、どのような状態であるのかについて、見ていきたいと思います。

それというのも、気づき awarenessは、訓練の果てに成熟していくとだんだんと、自己想起 self-rememberingの状態に近づいて来るからです。

逆にいうと、自己想起 self-rememberingとまったくかけ離れている気づき awarenessは、まだ非常に微弱な段階にある幼い気づき awarenessの状態であるということでもあるのです。

ところで、自己想起 self-rememberingとは、その名の通り「自分のことを思い出している状態」のことです。

重要なポイントは、ただ思い出すだけではなく、普段の日常生活の中で、何かを(没頭的に)行なっている時に、それを行ないつつ「このことを行なっているのは私」と、自分の存在自身に恒常的に気づいているということなのです。

つまり、生活の中で、つねに自分の存在に、今ここで、ずっと気づいている awarenessという状態なのです。

たとえば、この文章を読みつつ、読んでいる自分自身の存在にも、気づいていることです。「読んでいる内容」をくみ取りながら「読んでいる私(自分)の存在」にも気づいていることです。

ウスペンスキーは、注意力を対象と自分自身に分割するといいましたが、そのような状態です。

実際に行なってみると分かるように、この状態を持続的に維持していくことは、至難の業です(不可能です)。

そのような自己想起 self-rememberingが、気づき awarenessの状態の先にあることの意味が分かるかと思います。

実際、自己想起 self-rememberingに習熟すると、気づき awarenessの状態も、ずっと練度と力を増したものになっていくのです。

ところで、この自己想起の体験内容(人生を一変させる、めざましい覚醒感と豊かさ)を表現するのも至難の業です。しかし、これは自己想起を説明しようとする、すべての人が、逢着する地点なのです。

自己想起について、さまざまに解説した後、タート博士は述べています。

「私はこれらの言葉に満足していない。けれども私は、自己想起のなんらかの体験をした他の誰かには、かなりよくこれらの言葉の意が伝わることを知っている。」(前掲書)


「気づき awareness」も、そのような伝達の難しい側面を持っていることは、分かるかと思われます。自己想起は、それがより強まったものでもあるのです。

ここからも、気づきと自己想起の関係が類推されます。

◆自己想起の困難

自己想起はまた、実践が難しいものです。短時間、自己想起できても、私たちはすぐにその実践を忘れてしまいます。

その難しさのひとつの要因は、力とエネルギーに属することにもあります。

タート博士は述べています。

「自己想起の初期の難しさを理解するのに役立つ類比がある。われわれの注意力は筋肉―われわれの心的機能があまりに自動化してしまっているので、自分の側のなんの努力もなしにわれわれの注意をその自動的な通路に沿っていともたやすく運んでくれるため、ほとんど使われることのない、そういう筋肉―のようなものである。今あなたはそのたるんだ筋肉を意図的な注意のために使い始めているのだが、しかし意図的な努力に慣れていないので、それはすぐに疲れてしまうのである。」(前掲書)


また、慣性によってすぐ自動化する、私たちの心の普段のふるまいに合わないからだともいえます。グルジェフは、心の自動化を防ぐため(常に目覚めるため)、自己想起を重視したので、当然といえば当然なわけです。

「困難は、必要とされる注意力と努力の連続性を維持することにある。私の経験では、自己想起は自動的にはなりえない。あなたは常に、それを意志的に行うことに、意図的で意識的なわずかな努力と注意を当てなければならないのである。」(前掲書)


◆自己想起の存在論的な強度

たとえば、タート博士は、以下の文にあるように、自己想起の実践で起こる感覚を、「透明さ」「より敏感で、より存在しているという感じ」と呼んでいますが、多くの人が、自己想起の中で、そのような濃密化する存在感を感じ取るのです。

「人々が『感じること、見ること、聞くこと』を初めて試みる時、彼らは、しばしば、ある種の微妙な透明さ―その瞬間の現実に、より敏感で、より存在しているという感じ―を体験する。それは、合意的意識では味わうことができず、また、事実、言葉では適切に述べることができない、そういう種類の透明さである。たとえば私は、それを『透明さ』と呼ぶことにさえ自分がいささかためらいを感じているのに気づく。と言うのは、その言葉は(あるいは、それに関するかぎりでは、いかなる特定の言葉も)それ(透明さ)が安定した、変わらない体験であることを含意しているからである。それはそうではない―バリエーションがある―のだが、しかしそのことは、あなたがこの種の自己想起を実践すれば、自分で発見するであろう。」(前掲書)


これは、ある種のマインドフルネスで、人が、はじめのうち、新鮮に体験する領域と近いものでもあります。ちなみに、ここで、「合意的意識」と呼ばれているのは、既成の社会の集合的合意によって、催眠をかけられている普段の私たちの日常意識のことです。「合意的トランス」とも呼ばれたりしています。

催眠の専門家でもあるタート博士は、グルジェフと同じように、私たちの日常意識とは、社会集団が、成員に押しつけたい合意的な信念(ビリーフ)によって、催眠をかけられている状態であると喝破しているのです。

そして、その催眠を解くには、自己が同一化している、さまざまな自動的な自我状態に、刻々気づく自己想起の状態が必要であるとしているわけです。

自己想起が育つことで、私たちは、自分の自動化に気づき、そのパターンを中断し、より意識的な統合をなしていくことができるわけなのです。

 

◆自己想起の構造・原理・効能

さて、そのような私たちの催眠にかけられた複数の自我状態(副人格)と、自己想起 self-rememberingの構造的関係を次に見てみましょう。

ゲシュタルト療法における気づき awarenessと、複数の自我を扱うワーク(セッション)のアプローチと、大変近いことが分かると思います。

「基本的に、自己想起は、とりわけ、任意のいずれかの時のあなたの意識の特定の中身と同一化せず、あなたの全体性の跡をつけていくことができる、そういう意識の一側面を創り出すことを伴う。それは、合意的トランスからの部分的ないし完全な覚醒である。」(前掲書)

また、「自己観察」と対比しつつ、自己想起の特性を以下のように述べます。

「自己想起でも同じ内容の世界および体験を観察することができるが、しかし
観察のレベルまたは源泉が異なる。注意を分割し、それによって、両腕両脚中の感覚のような何か他のものに同時に注意を留めながら、通常よりもずっとよく観察いられるようにすべく行使される意図的な意志は、普通の心の外側のレベルで作用する機能を創り出す。あなたは起こりつつあることに心を奪われない。あなたが―『独立して』という用語が通常用いられているよりもはるかに大きな意味で―独立して存在する、そういう仕方があるのだ。」(前掲書)

ここでも、「普通の心の外側のレベルで作用する機能」「あなたは起こりつつあることに心を奪われない」「独立して存在する」と、自己想起のつくる心的機能の新しい支点(中心)が、私たちの自動化を超克する機能として指摘されています。

「自己想起とは、われわれの分離した諸機能をより統一された全体へとまとめ上げることをさす用語である。それは、あなたという存在の(理想的には)全体、あるいは、少なくともその全体のいくつかの側面が、意識の詳細と同時に心に留められるような仕方での、意識の意図的な拡大を伴う。それは、われわれの知的な知識はもちろん、われわれの身体、われわれの本能、われわれの感情を想起することであり、それによってわれわれの三つの脳の発達と機能の統合を促進するのである。このより広い範囲に及ぶ注意は、われわれが体験の詳細に熱中し、それらの詳細およびそのような熱中に伴う自動化した機能と同一化することを防いでくれる。通常の自動化した同一化と条件づけのパターンの外側に意図的な意識の中心を創り出すことによって、われわれは、より多く目覚め、より少なくトランス状態に陥っている自己―主人のための土台―を創り出すことができ、それによってわれわれはより良く自分自身を知り、より効果的に機能することができるのである。」(前掲書)

さて、ここでは、自己想起の狙いでもある、「意識の意図的な拡大」が指摘されています。

私たちは、そのような意識の拡張を通して、分裂と自動化を超え、より統合した存在に近づいていくのです。

このような構造にも、ゲシュタルト療法や当スペースが記している方法論との共通点がうかがえるかと思います。

実際、ゲシュタルト療法に、グルジェフの観点を持ち込むことは、大変、益の大きなことなのです。

また、このような構造的連関で見ていくと、気づき awarenessと言われている状態に、自己想起 self-rememberingと同じく、どのような強度が無ければならないのかという前段(冒頭)の論点も、より見えやすくなって来るのです。

そのような意味でも、この自己想起 self-rememberingの視点は、気づき awarenessを考える上でも、大変参考になるものともなっているのです。

また、興味深いことは、グルジェフ自身はこの自己想起の成長の先に「客観意識」という次の状態があることも示唆しているという点です。

自己想起は、まだまだ不安定な状態ですが、それが確固として安定した状態があるとしているのです。

そのような観点(考え)も、本書で扱っている意識の階層構造の仮説と通ずるものがあり、意識の海図を構成する上での、また実践を進める上での興味深いヒントとなるものなのです。


関連記事
映画『攻殻機動隊』ゴースト Ghostの変性意識
「聖霊」の階層その3 意識の振動レベル ジョン・C・リリーの冒険から

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。