人生のロロ・トマシ

「ロロ・トマシ」とは、映画『L.A.コンフィデンシャル』の中で、決定的な意味を持つ名前です。そして、この寓話とイメージから、私たちは、人生のとても重要な事柄を、比喩的に学ぶことができるのです。(以下ネタバレあり)

その名は、登場人物のエクスリー警部補が、自分がなぜ刑事になったのかを語る、わずかな昔語りの中で触れられます。

彼の刑事だった父親は殺されたのです。しかし、犯人はわからず、彼はその犯人をロロ・トマシと名付け、「罪を逃れてほくそ笑むやつら」の代名詞としたのです。

そのような挿話が、出世の亡者のような嫌われ者として描かれていたエクスリー警部補の人生の背景として語られるのです。

映画の中では、それまでの出世をフイにしてでも、事件の真犯人ロロ・トマシをとらえたいという渇望に駆られ出した(心を蘇らせはじめた)エクスリーの姿を映し出す、象徴的な名前となっているのです。

そして、彼がゆくりなくも語ったこの秘密の名前が、思いがけず事件を解決する導きの糸となっていくのです。

というのも、その挿話を聞かされたヴィンセンス刑事が、意外な真犯人にまさに殺される際に、その名をダイイング・メッセージとして呟いたことが(この場面のスペイシーのかすかな微笑が素晴らしい)、その後、真犯人が誰であるかをエクスリーに告げる決定的な鍵となったからです。

この「ロロ・トマシ」は、私たちの中に強い印象を残します。

なぜなら、私たちの人生の中にも、映画におけるような現実の悪党ではありませんが、心の中に影のようにつきまとう「ロロ・トマシ」がいるからです。

それは、私たちを苦しめる存在として、人生の随所で、姿をちらつかせてきたからです。
またそれは、私たちを駆り立て、渇かせ、思いもよらない形で、色々と残念な行動をとらせてきたからです。

それが、何か名前を持っていることはあまりありません。
私たちは、ただ漠然と、うっすらと、その存在のけはいを感じているだけです。

私たちは、その本当の姿をよく知りません。

若い頃は、私たちは、おおむね誰もが多感なため「ロロ・トマシ」を身近に感じています。

しかし、歳をとっていくと俗世間の雑務にまみれて鈍麻し、物語のはじめにあったエクスリーのように、「ロロ・トマシ」のことに思いをはせなくなっていきます。
また、見ないようにしていきます。
忘れていきます。

しかし、その気配に敏感でいて、それを思い出したり、捜しつづけたりすることは、実は、とても大切なことなのです。

なぜなら、「ロロ・トマシ」という真犯人、影の背後(向こう)にこそ、私たちの真の人生が待っているからです

「ロロ・トマシ」の、影のような存在をそれとなく予感できること、感じられることだけでも、人生の導きの糸となります。

そして、「ロロ・トマシ」を忘れずに追いかけ、紆余曲折しながらも、捜しつづけ、ついに扉の向こうに彼を追い詰めた時、私たちの人生は、あたかも何かがほどけたかのように、〈明るいもの〉に変わっていくのです。

人生の違う白日の中に、私たちは入り込んだことに気づくのです。
人生の次の次元に、移っていくのです。

私たちの隠れた心(潜在意識)は、この人生の「真犯人」を、「ロロ・トマシ」を、暗い影の中に、鍵のようにひそませています。

自分の中の、気づきにくい影の中にこそ、見たくない悪の中にこそ、私たちの人生を解く鍵があるのです。

そのため、私たちは、その暗いけはいを感じとり、「彼」が今どこにいるのかを問いつづけ、捜しつづけることがとても大切なことなのです

 

※ご自身の「ロロ・トマシ」を捜し出したいという方は、
フリー・ゲシュタルト・ワークス

 

 

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧ください。

気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については拙著
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

さらに、よりディープな
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。