効果的に作用するNLPのフレームとは

【目次】

◆セッションでの現場感覚
◆セッション現場という膨大な情報空間について
◆暗黙知と明示知の統合

さて、別に、NLP自体が位置している、大枠の、文化的理論的なコンテクストについて書きました。それは、NLPの可能性を引き出し、効果を的確にするためにも、そのような背景となる基盤やフレームが必要であるという意味合いでです。→日本のNLP(神経言語プログラミング)は、なぜ退屈なのか

今回は、より実践的・現場的な面に焦点を絞って、セッションの中におけるNLPテクニックの使用について考えてみたいと思います。

さて前回、NLPとは「単なる心理学ツールの寄せ集めである」としました。そして、NLPの各手法を効果を出すように使うには、そのあつかう「フレーム(枠組み)」がとても重要になるとしました

それについてさきに結論を言うと、セッション(ワーク)空間の「現場性・状況性・文脈に根ざす」ことが重要であるということなのです。

◆セッションでの現場感覚

これが意味することは、セッションで起こっている出来事の膨大な情報空間に、心身でまるごと感覚的(身体的)に関わる中で、NLPの技法を構成的に使うということなのです。

しかし、実は、これは表面的には、NLPが売り物にしている要素と「真逆」の事柄となります。

普通、NLPは、誰もが簡単な手続きでインスタントな効果を発揮できるというのが謳い文句だからです。現場の感覚は、あまり考慮されないわけです。

しかしながら、その現場感覚(現場情報)への感度を欠くことが、「NLPは効果が出ない」と言われる一番の要因をつくり出している点でもあるのです。

現場で行き交う膨大な情報の中のさまざまな局面にこそ、NLPのテクニックを活かすヒントも含まれているからです。

そのため、ここでは、リアルな効果の保証として、現場性に根ざすことの必要性をあらためて確認しておきたいと思います。

その現場の情報(複雑さ)の流れに合わせて、NLPのフレームやテクニックを「対象化して」使っていくということなのです。
(「対象化」とは、主観から、客観的な客体として「それ」を分離し、措定する能力です。「対象化」とは、主客を分ける能力であり、知性の最低要件です)

はじめにテクニックありき、ツール(処方箋」ありきで、状況に無理やり当てはめるのではないのです。
「状況」の複雑な実態をとらえるのが、第一段階です。
そのうえで、ある側面の、介入の一方法としてテクニックを使っていくということです。

その「状況」「現場」の枠組みの中で活きて、NLPテクニックもはじめて有効なものになっていくのです。

◆セッション現場という膨大な情報空間について

さて、通常、NLP講座の語り口では、あたかも、NLPの整理によって、パールズ、エリクソン、サティア等のセラピーの天才の謎が解き明かされたかのように喧伝されます。

しかし、正気になってよく考えてみれば分かるように、NLPが行なったことは、その天才たちの深遠な技法のきわめて「特定の一部分を抽出した(抜き出した)だけ」というのが、正しい理解です。
達人(マスター)の技を、そんなに簡単に売り出すことができたら、「弟子」など世に存在しなくなるでしょう。

NLPは、彼らが行なっているセラピーにある暗黙知のごく一部分を抽出し、「明示的な方法論(ツール)にした」というのが実態です。そして、素人にも使いやすくしたということです。

抽出された道具類(簡易ツール、簡易キット)がそこにあるのです。

天才たちの才能からすれば、抽出されたものは、氷山の一角のようなものです。

冷静になって考えてみれば分かるように、天才といわれるミルトン・エリクソンの、(あれほど本を出している)膨大な数の弟子たちが、エリクソンほどには治癒成果を出してないという事実は、直観的にもすぐに理解できると思います。

そのことで、誰も責められていません。それは、ごく当然のことだと、私たちにも思えるからです。

弟子たちが行なったことといえは、天才エリクソンのやっていたことのごく一部(或る側面)を、体系化・理論化したものでしかないからです。
悪く言えば、出し殻みたいなものです。
(それらの技法は、エリクソンの身体を離れた時点で「香り」が飛んでしまっています)

そして、一方、エリクソン自身が行なっていたことといえば、ずっと濃密かつ身体的、直観的なことでした。

現場での膨大な情報空間を、クライアントとの間に発生させ、交流させ、クライアントのプログラミングに影響を与えていくという、全身的で身体的な、複線的な作業でした。

そして、弟子や研究者が行なったことは、エリクソンが、全身で行なっていることを任意の要素にわけて、ピックアックし、ラベリングし、その機構と働きを、自分たちの理解できるレベルで、記述するということでした。

しかし、そこには、当然、明示的に取りだせない情報が、(それもクライアントに働く重要な要素が)膨大ににあるわけですが、それは皆、フィルタリングされ、落とされてしまうわけです。「香り」が飛んでしまうわけです。

喩えると、音楽の採譜のようなことかもしれません。
楽譜(音楽的言語)にできない音楽の質性も、世にはたくさんあります。

そして、楽譜を見たところで、その元の音楽が完璧に再現されるわけではないことはいうまでもありません。

NLPのテクニックも同じことです。天才たちのすべての要素が、そこに在るわけでも表現されているわけでもないのです。

そのごく一部が、そこに抜きとられていると考えるべきなのです。

しかしまた一方、楽譜から、何かしらの音楽は、再現したり、創り出すことはできるのです。

楽譜を「生きた音楽」にするのは、今度は、演奏家自身の力量(暗黙知)です。

演奏家自身の持つ、過去の現場(膨大な情報空間)で得た自身の経験値や、暗黙知、そしてまたイマジネーションが、その音楽を創りだすのです。

この喩えからも分かるように、NLPを使う人は、まずもって自分自身が充分なセッション体験や現場感覚を持ち、NLPテクニックの原理を対象化・把握していて、かつセッション現場でのナマな情報を暗黙的・身体的につかみ取れないと、テクニックが使いこなせないのです。
(セッション経験自体は、クライアントとしての体験としてでも良いのです)

ところで、実際のNLPの世界は、真逆の風景です。
また、
多くのNLPスクールでやっている演習の風景とは、さきの喩えを使うと、あたかも、その楽器の演奏をしたことのない人が、楽譜を見ながら、いきなり、一音一音つま弾くような事態になってるのです。

つまり、音楽(曲)にさえなっていないのです。
さらにもっとひどい場合には、そもそも音楽自体をよく聴いてもこなかった人が、それを行なおうとしているのです。

これでは、感覚的にもやってることの意味がよくわからないし、そのNLPテクニックの本意(本質的な意味)さえつかめてこないのです。
質の悪いNLPの資格コースが、たたき売りされているゆえんです。

◆暗黙知と明示知の統合

そのため、NLPテクニックを有効に活かす道(方法)は、「素人でも簡単に使えるテクニック集」という、開催企業の宣伝文句とは、実は逆の道なのです。

つまり、ある程度の経験値、現場の暗黙知を得ている人が、その現場の膨大な情報空間の中で、この場面なら、「あのテクニックの、あの部分をアレンジして使うと面白いんじゃないか、何か出てくるんじゃないか」と、過去の検証結果から
使うというやり方です。

そして、その場の局面に合わせて、自分なりにアレンジを変えて使ってみるということなのです。そのような場面でこそ、NLPテクニックも活きて来るものなのです。

そのため、NLPの資格を、勢い込んで取ったものの、使い方がよくわからず、そのまま放置してあるという人は、まずは、ゲシュタルト療法などでもよいので、まずは、自分の内的感覚やシステムを働かすセッションを数多く経験して、心理変容についての実体験・現場感覚・暗黙知を増やしていくことが必要なことなのです。

そうすると、自分の感覚の中で、NLPのテクニックが意味していることの原理的な仕掛けが見えてくることとなります。
そうなると、それらを実践的に使う道筋も見えてくることとなるのです。

セッション現場での多様な情報の流れも見えて来て、NLPテクニックを使うアイディアやイメージも湧いて来るようになるのです。

そうすると、NLP(楽器)を使って、単に音(テクニック)を並べるだけではなく、実際の自分なりの「生きた音楽(楽曲)」が演奏できるようになってくるのです。

 

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた解説、拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧ください。

気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については、
拙著
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。