アウトサイダー・アートと永遠なる回帰

Adolf Wölfli
Adolf Wölfli
Adolf Wölfli

アウトサイダー・アートには、さまざまな魅力があります。その魅力を語る決定的なロジックがないにも関わらず、多くの人がそこに強い魅力を感じているようでもあるので、アウトサイダー・アートには、私たちの精神に独自に働きかける要素があるのだと思われます。

筆者にとって、アウトサイダー・アートの魅力とは、まず第一に、植物や昆虫のような原初の自然を予感させるその無尽蔵さにあります。

とりわけ、その夢魔のような尽きることない「反復性」です。

同じ作品内における形態の反復もそうですし、同じ(ような)作品を、何千枚何万枚も作り続ける無尽蔵の反復エネルギーです。一種、非人間的なエネルギー、抑制のない徹底的なエネルギーを感じる点です。

実は、それこそ私たちを駆り立て突き抜ける、「夢見の力」の特性と考えられるからです。

そのため、アウトサイダー・アートの反復性・回帰性に触れていると、私たちは、一種、変性意識状態な別種の意識をまざまざと感じさせられる気になります。

夢魔のような変性意識状態(ASC)巻き込まれていくのです。

かつて、ハイデガーは、ニーチェの永劫回帰の思想を「等しきものの永遠なる回帰」と呼びました。ニーチェの永劫回帰の思想とは、この今ここの出来事が、この瞬間が、まったく変わらぬ姿で、永遠に回帰するという、夢魔のような容赦ない存在肯定の思想です。

そのため、ニーチェは、ツァラトゥストラに「救済」とは、過去の「そうあった」を「私がそう欲した」に変えることだと語らせたのです。私たちが、永劫回帰を生き抜くには、耐え難く変わらない今ここを追い抜くくらいの肯定の強度が必要となるわけです。

アウトサイダー・アートのある部分には、「等しきものの永遠なる回帰」と似た、生の厳粛な肯定性、生の容赦ない無尽蔵さがあるのです。

さて、魅力の第二の点として、「徹底的な直接性」という要素があります。

これは、植物的・昆虫的な無尽蔵さ、その絶対的な肯定性とも重なりますが、文化に飼いならされていない、剥き出しの直接性と無尽蔵さを感じさせられる点です。

生(なま)の沸騰の感覚です。創造性の根底にある、容赦ない〈自然〉の直接性を感じさせられる点です。

そして、上記の二つを通して、私たちは、不思議な〈郷愁〉に導かれます。

それは、幼児の物心つくかつかない頃に感じていた世界のようです。

現在でも、私たちは、このような、生の基底部の感覚を、生の原型の姿として、遠い深層意識に持っているのです。

アウトサイダ・アートの世界は、そのようなことを私たちに思い出させてくれるのです。

 

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた解説、拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧ください。
気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については、
拙著
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。