NLP(神経言語プログラミング)・ゲシュタルト・夢見

◆NLP(神経言語プログラミング)  ―内的体験の編集

さて、一見したところのNLP(神経言語プログラミング)の魅力は、自分の内的状態(感覚、感情)を簡単にコントロールすることによって、人生そのものをコントロールできるようになるというコンセプトにあります。

特に、私たちの内的状態(感覚、感情)というものは、生まれつきのものや過去の経験によってプログラムされた、自分ではどうすることもできないものだと、一般には考えられているからです。

それに対する処方箋だというわけです。

NLPでは、それら私たちの内的体験に対して、あたかもコンピューターのプログラムを修正するように、簡単に書き換えてしまう、もしくは、機械の作動を変えるように簡単に改変してしまうかのようなイメージがあり、(どこかSF的で)人生に新しい選択肢をもたらすように見えるのです。

また、他者とのラポール(つながり、信頼)を築いたり、影響を与えたり、もしくは他者の内的感覚・状態を推察したりと、人間関係においても、新しいコントロールを持ち込むもののように見えるわけです。

また、マーケティング的にもそのように喧伝されているわけです。

さて、このことについていえば、実際のところ、軽微なレベルでのプログラム修正ということでしたら、NLPの技法でも、充分有効に働きます。

そのため、「NLPは効かない」と言われつつも、詐欺とまでは言われないわけなのです。

軽度な感覚的固着や、習慣的な反復による課題でしたら、パターンを中断したり、その固着状態を壊していくことで、新しい流動性を創り出し、改変していくことができるのです。それらは、比較的簡単に応用・活用していける事柄です。

そのため、意欲的に人生を変えていこうとする人には、(使わないよりかは)使っていくことが望ましいテニックとなっているのです。それだけでも、怠惰で文句ばかり言って人生を浪費している人々との違いを創り出すことができます。

しかしながら、少し層が深く、困っている類いの心理的要素のプログラム修正というものは、既存のNLPテクニックでは少し難しいのです。

というのも、人の心や感覚は、元来、他からの影響によっては、あまり変わることがないようにとメタ・プログラムされているものだからです。

NLPテクニックでは、その深いメタ・プログラミングの層までは侵入することができないのです。

深いメタ・プログラミングの層は、より潜在意識の層、自然的な感情の層、メタ・プログラマーの層であり、NLPが扱う表層・知覚的な層とは、心理システム階層(ロジカル・タイプ)が違うものだからです。そこに「コンタクト(接触)」するのが、難しいのです。両者のコントロール難易度の差異は、日常意識と夢の世界の中でのコントロール可能性の差異を考えてみるとよくわかると思います。

◆ゲシュタルト療法 ―気づき・霊感・行動

ところで、ゲシュタルト療法は、意識と無意識(潜在意識)の両面からのアプローチです。

気づきの技法という面では、比較的、意識的なレベルで感覚や感情をとらえていくのですが、この感覚や感情に、集中的な交流を深めていく過程で、人はだんだんと軽微な変性意識状態(ASC)に入っていくことになります。この状態が、いわば、日常意識と潜在意識の世界との交流を可能にしていくわけです。

強い感情の流れが起こり、深い内的状態のプログラムが、表層に浮上してきます。そこで、それらのプログラムを、意識(気づき)と交流させていくことで、プログラムの改変を行なうことができるのです。

これが、ゲシュタルト療法が、NLPテクニックでは行なえない、深い層でのプログラム改変を行なえる理由です。

クライアントの方も、自分の意識状態が変わり、心の深いレベルにコンタクト(接触)していることは、明瞭に体感できる状態です。

その状態の中で、新しい行動選択への可能性を、閃光のように気づき、試していくことができるのです。そして、別の新しい自己表現を試し『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』中で、心のプログラムが書き換わっていくのです。。自分の人生が、その境界(限界)を拡大していく事態を鮮明に実感できるのです。

ゲシュタルト療法の創始者フリッツ・パールズは言います。

「『気づく』ことは、クライエントに自分は感じることができるのだ、動くことができるのだ、考えることができるのだということを自覚させることになる。気づく』ということは、知的で意識的なことではない。言葉や記憶による『~であった』という状態から、まさに今しつつある経験へのシフトである。『気づく』ことは意識に何かを投じてくれる。」

「『気づき』は常に、現在に起こるものであり、行動への可能性をひらくものである。決まりきったことや習慣は学習された機能であり、それを変えるには常に新しい気づきが与えられることが必要である。何かを変えるには別の方法や考え、ふるまいの可能性がなければ変えようということすら考えられない。『気づき』がなければ新しい選択の可能性すら思い付かない。『気づき』と『コンタクト』と『現在』は、一つのことの違った側面であり、自己を現実視するプロセスの違った側面である。」(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)


このような気づきが、軽微な変性意識状態(ASC)の中で、起こって来るのです。

それは、通常の日常生活では、決して経験しないタイプの深い気づき(目覚め)の体験であり、人生そのものの拡大をもたらす新たな経験領域(メタ・プログラムの領域)の獲得となっていくのです。

ところで、このようなゲシュタルト療法の体験の層と、NLPの軽微な体験の層とは、現実的には地続きとなっています。

そのため、実際のセッションの中では、これらの各領域を、自在に行き来することにより、自分の内的体験を編集したり、デザインしていくことができるのです。

NLPとゲシュタルト療法を、うまく統合的にミックスさせていくことにより、
より巧妙で、自在なアプローチを、創り出していくことができるのです。

◆夢見の技法 ―アウトプットと世界と関わること

さて、拙著『砂絵Ⅰ』では、「夢見の技法」と題して、意識的なプロセスと、潜在意識な夢のプロセスとを、交流させる創造的な技法について取り上げました。
→拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

いわば、日常意識と夢の世界とを、地続きで交流・生成させて組織化していく技法です。そのことにより、より拡充した現実世界(日常意識+潜在意識)の地平を、創り出していく取り組みです。

ところで、拙著に詳しく記しましたが、私たちが何かをアウトプットするときは、世界の対象物(作品等)に意識を集中するとともに、心身の無意識的な内容が「投影 projection」されて、対象物に、(私たちの気づけない)潜在意識にある内容が生み落とされていきます。

外的世界の対象物に投影された心理内容から、アウトプット(創出)の流れが自然に生まれてきます。この集中的な心理的な「投影」が、アウトプットを、自己の内側から引っ張り出して来るのです。

そのため、アウトプットすることは、それを行なっている当人にとっても、無意識の未知なるものと、出遭う体験となるのです。

自分の潜在意識にあるものを、人は本当には知らないからです。

これが、アウトプットを経由した場合の、夢見の技法であり、私たちの創造力や世界体験を拡大するとともに、新しい自己発見や意識拡張の機会ともなるものなのです。

◆NLP・ゲシュタルト・夢見

さて、これらNLP、ゲシュタルト療法、夢見の技法もまた、体験領域の層においては、地続きでつながっているものです。

これらを有機的に連携させて、デザイン的に組織化することで、より新しい拡充された現実の層を実現しようというのが、当スペースの創造性開発・意識拡張のアプローチ方法となっているのです。

つづきは、 ↓
「創造と夢見の技法 NLP・ゲシュタルト・夢見 その2」