ボディ・シグナルへの介入

ゲシュタルト療法では、心身一元的・全体論な人間理解というものを、そのまま、具体的なセラピーの技法として活かします。これが実際、強力な介入技法であり、治癒や統合効果につながるからです。

そのため、ゲシュタルト療法では、セッション(ワーク)の中で、このようなクライアントの方の心身の不一致を敏感にとらえようとします。

そこに、介入の糸口があるからです。

セッション(ワーク)の中でも、クライアントの方の「話している内容(コンテンツ)」よりも「話している状態(プロセス)」に注目したりもします。

クライアントの方は、通常、自分の話の内容(コンテンツ)に同一化し、夢中になっていますが、そんな時にこそ、潜在意識や「他の自我」が、身体の表現を通して現れてくる(表現されてくる)からです。「言葉と一致していない」表現にこそ、大きなヒントがあるのです。

たとえば、ゲシュタルト療法のセッションでは、クライアントの方の「身振り手振り」や「身体の動き」をしばしば、ピックアップして指摘します。

「手を、こう動かしてますね」
「その手の動きは、何と言っていますか」
「その手の動きを、大きくするとどんな感じがしますか」
「その手の動きを、よく感じてみて下さい」
「今、体が、揺れているのに気づいてますか」
「気づくと、どんな感じがしますか」
「その体の揺れは、何をしているのでしょう」

夢がそうであるように、自然に表れるボディ・シグナル(からだの信号)や身体運動も、潜在意識や「他の自我」に至る王道といえるのです。

ゲシュタルト療法では、この身体のチャンネルとそこに表れる多様な自我を重視し、クライアンの方が心身の統合生み出す、有効な糸口として、様々な介入(コンタクトする)技法を発展させているのです。


【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については、基礎から実践までをまとめた拙著↓
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。

↓動画解説 心身一元論的アプローチ

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。