心理学的に見た「チベットの死者の書」

「チベット死者の書」という有名な書物があります。

チベット仏教のカギュ派の埋蔵教(偽典)として知られる書物ですが、この本は、ゲシュタルト療法はじめ、体験的心理療法や変性意識状態のことを考える上で、とても参考(モデル)になる本です。

心理学者カール・ユングは、本書を座右の書としていたと言われますが、筆者も各種な強度の変性意識状態(ASC)を経験した者として、本書をさまざまな場面で指南の書としてきました。

今回、ここでは、その「チベット死者の書」を、ハーバード大学の教授であったティモシー・リアリーらが、心理学的にリライトした『サイケデリック体験 The Psychedelic Experience』(『チベット死者の書 サイケデリック・バージョン』菅靖彦訳 八幡書店)をもとに、色々と見てみましょう。

◆バルドゥ(中有)と心の構造

まず、死者の書が、何について書かれた経典(本)であるかというと、「人が死んでから、再生する(生まれ変わる)までの、49日間(仏教でいうバルドゥ/中有)のことが書かれた経典(本)である」ということです。

人間が生まれ変わることが、前提となっているというわけです。ただし、この前提は、この経典(本)を読むにあたって、無視しても構わない前提です。

なぜなら、語られている内容は、確かに死に際して、心(魂)の底から溢れてくる出来事ということになっていますが、それは、心の構造そのものに由来するものと考えることができるからです。

だから、生きている私たちにも、同様に存在している心の世界だと、とりあえずはいえるからです。そのため、この本は、心を探求する人々に広くよく読まれているわけです。

ティモシー・リアリーらが、この経典(本)をリライトしたのも、薬物によるサイケデリック体験でも、本書と同様の内容をうかがわせる意味深い出来事(心的空間)が現出してくるので、この本をサイケデリック・トリップの導きの書にしようという意図からでした。

そのため、この経典(本)は、私たちの深層の心の世界を語っているものとしても読むことができるのです。

さて、この経典の形式ですが、たった今、死んだ死者に向かって語りかける言葉(声かけ)が形式となっています。その死者が、見ているだろうものを告げ、アドバイスを与えるという形式です。

「聞くがよい、○○よ。今、お前は、○○を見ているであろう」という感じです。

ところで、「死者の書」では、死者は、死んだ後に3つのバルドゥ(中有)を体験し、生まれ変わるとされています。

しかし、経典(本)の中心のメッセージは、

「さまざまな無数の心惹く像が現れてくるが、それらにとらわれることなく、本当の眩い光明を、自己の心の本性と知り、それと同一化せよ」

というものです。

そうすれば、解脱が達成されて、生まれ変わり(輪廻)から離脱できるであろうというものです。

そのため、死者が移行する3つのバルドゥ(中有)について、刻々と諸々の事柄が語られますが、それは、解脱できなかった者たちに対して、このバルドゥで、自己の(心の)本性ををとらえて解脱せよという意味合いの語りなのです。

◆3つのバルドゥ

さて、死者は、以下の3つのバルドゥを順々に体験していきます。

①チカエ・バルドゥ
→超越的な自己の世界
→法身

②チョエニ・バルドゥ
→元型的な世界
→報身

③シパ・バルドゥ
→自我のゲーム
→応身

名称の下の矢印のさきの言葉は、他の文献を踏まえて、筆者の考えで補ったもので、一般にオーソライズされているものでもないので、その点はご了承下さい。

さて、この3つのバルドゥは、心理学的には、心の表層から心の深層までの3つの階層(宇宙)を表したものと見ることができます。死後の時間的遷移を逆に見ていくと、この構造はわかりやすくなります。

③シパ・バルドゥ
→自我のゲーム
→応身

の世界は、再生(非解脱)に近い、最後の段階です。その世界は、もっとも身近な、私たちの自我の世界です。通常の心理学が扱っているのもこの世界です。リアリーらの死者の書では、とらわれの自我のゲームを反復してしまう世界として描かれています。サイケデリックな体験の中でも、低空飛行している段階で、日常の自我のゲームが再演されている状態です。

②チョエニ・バルドゥ
→元型的な世界
→報身

の世界は、心の深層の世界、私たちの知らない深層世界がダイナミックに滾々と湧いてくる世界です。死者の書では、膨大な数の仏(如来)たちが現れてきます。心の先験的とも、古生代ともいうべき、ユング心理学でいう元型的な世界です。系統樹をさかのぼるような世界かもしれません。(サイケデリック体験などでは、系統樹をさかのぼり、自分が爬虫類や線虫に戻る体験を持つ人もいます)

①チカエ・バルドゥ
→根源的な世界
→法身

は、根源的な、超越的な自己の世界で、上の2つの較べて、空なる世界に一番近い世界です。ある面では、心理学の範疇には入らない部分ともいえます。ただ、そのような始源的な世界(状態)を仮定することはできます。

リアリーらはこの状態を、ゲームの囚われから解放された、自由の、自然の、自発性の、創造の沸騰する世界と見ます。それでも、充分有効なとらえ方と言えます。

そして、バルドゥの現れ方の順番でいうと、死後に一番最初に出会うのが、この根源の光明(クリアーライト)の世界なのです。

さて、死者の書の中では、それぞれのバルドゥで、仏(如来)=「光明」が2つずつ現れてきます。恐れを抱かせるような眩い光明と、より親しみを感じさせるくすんだ光明の2つです。

そして、経典は告げます。
恐れを抱かせるようなより眩い光明が、根源の光明であり、それを自己の(心の)本性と見なせと。根源の光明に共振し、同調し、同化せよ、と。

親しみ深い、よりくすんだ方の光明に惹かれるであろうが、そちらには向かうなと告げます。ただ、多くの人は、この後者の光明に向かってしまうようです。そのため、解脱できずに、次のバルドゥに進んでしまうのです。

◆経過

さて、死者は、このような3つのバルドゥを経過していくのですが、ティモシー・リアリーは、サイケデリック体験における、この3つの世界の推移の仕方についておもしろい喩えを使っています。サイケデリック薬物の効き方であると同時に、心の構造について示唆の多いことです。

体験領域の強さ(強度)は、高いところから地面にボールを落とした時の「ボールの弾む高さ」に似ているということです。

通常、落ちてきたボールは、最初のバウンドで高く弾み上がります。2度目のバウンドではそれより少ししか弾みません。3度目のバウンドではさらに少ししか弾みません。

つまり、サイケデリック・トリップの初発の段階が、重力(自我)から解放されて、一番遠くのチカエ・バルドゥまで行けて、次にチョエニ・バルドゥまで、次に、シパ・バルドゥまでと、段々と日常的な心理的に次元に落ちてきてしまうという喩えです。

この喩えは、私たちの心の構造や、心の習慣、可能性を考えるのにも、大変示唆の多いものです。

2つの光明の喩えといい、私たちの中には、大いなる自由に比して、慣習と怠惰に惹かれていくというおそらく何かがあるのでしょう。

 

◆変性意識(ASC)の諸次元として

さて、「チベット死者の書」の世界を、心の諸次元の構造として見てきましたが、この世界は、死の体験やサイケデリック体験を経由しなくとも、色々な変性意識状態の中で、さまざまにあいまみえる世界です。このモデルをひとつ押さえておくことで、心理学的な見方のさまざまなヒントになっていくと思われるのです。

 

※関連記事
「サイケデリック体験とチベットの死者の書」
 この二種類の如来についての仮説は、
「リルケの怖るべき天使と如来の光明 〈美〉と変性意識状態」
映画『マトリックス』のメタファー(暗喩) 残像としての世界

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

※ジョン・レノン(ビートルズ)が、LSD体験や、この本にインスパイアされて、
Tomorrow Never Knowsという曲を創ったのは有名なエピソードです。

↓動画解説「心理学的に見たチベットの死者の書」

↓動画解説「映画『攻殻機動隊』ゴースト Ghostの変性意識」新約聖書/聖霊/サイケデリック/チベットの死者の書/マインドフルネス

↓動画解説「サイケデリック(意識拡張)体験とメタ・プログラミング」 変性意識/攻殻機動隊/チベットの死者の書/ジョン・C・リリー

↓動画「変性意識状態(ASC)とは」