「聖霊」の階層、あるいはメタ・プログラマー ジョン・C・リリーの冒険から

さて、今回は、私たちの内で働いている心的システムの高次の学習階層について、考えてみたいと思います。これらは、変性意識状態(ASC)の中などでは、しばしば出遭うことになる、自己システムの隠された側面ともいえるものかもしれません。

 

◆フロー体験で働く機構

ところで、以前、取り上げたフロー体験 flow experience においては、私たちは高度な集中状態の中で、特殊な意識(心身)状態に入り込むこととなります。
フロー体験とは何か

そこにおいては、私たちはその行動(行為)を、圧倒的で没我的な集中状態で行なっているわけですが、そこでは自分で完全にコントロールしているという感覚と同時に、あたかも二重写しのように「自分でないものの力」によって、それらの行動が為されているかのような不思議な感覚を得ることになります。

その状態においては、まるで何かの自動化によって、高速的に、電光石火に、最適な判断と選択、迅速で的確なアクションが取られていくかのようです。

おそらく、この状態においては、ベイトソンのいう二次学習(コツ/勘所自体のメタ操作)の機能の成果が、並外れた状態で働いているとも言えるのかもしれません。

また、この状態における、閃光のようなフリキシブルな創造性からすると、三次学習の要素もいくらか含まれているのかもしれません。

いずれにせよ、非常にひろい幅(レンジ)の学習階層で、心身の創造性が、超速やかに発揮されている状態であると推察されるわけです。


◆心身のメタ・プログラマー(高次構成者)

さて、ところで、ベイトソンの友人で、イルカの研究者やアイソレーション・タンクの発明者としても著名なジョン・C・リリー博士は、合法時代のLSDを使って、心理・意識機能の探求を行なった研究者でありました。

人間心理における作動のシステムを、プログラミングやそのメタプログラミングとして記述する『バイオコンピュータとLSD』(リブロポート)は、自らをLSDセッションの被験者として、(精神分析的な知見も含め)人の心理機能を、システムの制御体系として抽象度高く表現した書物です。

また、その後の『意識(サイクロン)の中心』(平河出版社)においては、前著の体系を引き継ぎつつ、自伝的な体裁の中で、心身(意識)システムの制御におけるプログラムとメタプログラミングの階層構造を、さまざまな実践方法論の中で、実験(確認)していくという興味深い書物となっています。

そこにおいては、私たちの日常意識(プログラム)を制御する、高次のシステム(メタ・プログラマー/高次構成者)についても、さまざまな考察がめぐらされています。

そして、フロー的な体験や、それ以上の超越的体験のように、極度に潜在能力が解放された特殊な存在状態においては、メタ・プログラマー自身が、私たちの存在を制御し、操縦していくかのような事態が、興味深い実体験(事例)とともに、数多く紹介されています。

そのような各種の事例は、例えばフロー体験の中で、どのような超越的なシステムが私たちの内で作動しているのか、を考える際のヒントになるものと思われるのです。

また、その際の、仮説としての心の階層モデル(意識の振動数レベル)などは、世界の諸伝統などとも響きあう、共通性を持ったモデルでもあり、そのさまざまな比較検討が可能なものともなっているのです。


◆「聖霊」の働く階層

ところで、以前、映画『攻殻機動隊』とそのゴースト Ghostの変性意識状態(ASC)について考えてみた際、初期のキリスト教徒に見られた「聖霊体験」について、それらを一種の変性意識状態の事例として取り上げてみました。
映画『攻殻機動隊』 ゴースト Ghostの変性意識

つまりは、聖書にある「聖霊にみたされる」体験を、システム的に、意識(心身)が未知なる「上部(メタ)構造」とつながる体験としてとらえてみる可能性について考えてみたわけです。

そして、上部(メタ)構造とつながるシステムな体験であるがゆえに、下位情報が整列されることにより、私たちの日常意識(下位構造のプログラム)を整理・改変する力、つまりは統合(治癒)する力が生まれるのではないかと、比喩的に考えてみたわけです。

ところで、そのように考えてみると、この、心の階層システム的な仮説が、先に見たリリー博士のいう「私たちのプログラム(日常意識)を制御するメタ・プログラマー」という仮説と近しい姿を取っていることに、あらためて気づかされるわけです。

そして、実のところ、筆者自身、拙著『砂絵Ⅰ 』に記したように、風変わりな変性意識状態(ASC)を、さまざまな経験として持ったわけですが、判然とはわからないものの、それらの事象の背後に、何らかのシステム的なつながりがあることは類推(予感)できたのでした。
『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

そのようなことからも、これら心的システムの、プログラミングにまつわる領域には、世の事例の多さを考えてみても、探査検討すべき領域が非常に沢山あると感じられるのです。

 

◆この人生の背後にあるもの

私たちの人生には、何らかのきっかけで、日常意識を超える要素が、変性意識状態の片鱗としてやって来ることがあります。そんなことで、人生が一変してしまうこともあります。

それらは、ひょっとすると、日常意識の背後で働き、私たちを動かしているメタ・プログラマーの何らかの調整作用の影響であるとも、考えることができるのかもしれないのです。

日常生活で、ふと舞い込む、霊感や覚醒感、感覚や意識の拡張、偶然や運として、それらのプログラムは姿を現わしているのかもしれないのです。

そのため、当スペースではX意識状態などと呼んで、それらに感覚的に定常的につながることを方法論的に考えているわけです。

それらに、意図的に気づき、意識化していくことにより、それらと整列・同調する、私たちの高次の学習機能も少しずつ高まっていくからです。そして、おそらくは、メタ・プログラマーのより創造的な影響を呼び込むことも可能になると考えられるからなのです。

 

※気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

↓動画解説「映画『攻殻機動隊』ゴーストGhostの変性意識」

↓気づきと変性意識の入門ガイドはコチラ。動画解説「気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス」