気づきの3つの領域 マインドフルネス エクササイズ

目次

◆気づき awarenessとは
◆気づきの3つの領域
◆気づきのエクササイズ Exercise


◆気づき awarenessとは

ゲシュタルト療法では、〈気づき〉 awarenessの持つ機能(能力)をとても重視しています。この点が、ゲシュタルト療法を単なる心理療法を超えて、禅や瞑想諸派に近づける要素でもあります。
これは〈気づき〉という機能が、通常の注意力や意識に対して、メタ(上位)的な働きをっていて、それらを統合していく力を持っているからです。

「『気づく』ことは、クライエントに自分は感じることができるのだ、動くことができるのだ、考えることができるのだということを自覚させることになる。『気づく』ということは、知的で意識的なことではない。言葉や記憶による『~であった』という状態から、まさに今しつつある経験へのシフトである。『気づく』ことは意識に何かを投じてくれる。」(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)

気づきの力は、自分が意識している体験自体に、気づくことができる、メタ機能なのです。

ゲシュタルト療法では、この気づく能力を高めることで、統合的なプロセスを進め、治癒過程を深めていくのです。

「『気づき』は常に、現在に起こるものであり、行動への可能性をひらくものである。決まりきったことや習慣は学習された機能であり、それを変えるには常に新しい気づきが与えられることが必要である。何かを変えるには別の方法や考え、ふるまいの可能性がなければ変えようということすら考えられない。『気づき』がなければ新しい選択の可能性すら思い付かない。気づき』と『コンタクト』と『現在』は、一つのことの違った側面であり、自己を現実視するプロセスの違った側面である。」(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)

パールズは、「自覚の連続体 awareness continuum」とも呼びましたが、意図した気づきの力は、それだけでも、心の治癒や統合を促進する大きな効力を持つものなのです。

◆気づきの3つの領域

さて、ゲシュタルト療法では、「気づき awareness」がとらえる3つの知覚領域を区分しています。通常、人間は、無自覚(無意識)のうちに、これらの各領域に注意力をさまよわせています。

ゲシュタルト療法では、自分の注意力が、どの領域にさまよっているのかに、瞬間瞬間、気づくことを行ないます。そのことによって、心理的統合のプロセスを促進していくことになります。また、その統合によって、各領域にバランスよく注意を向けることもできるようになるのです。

さて、3つの領域とは、上に図にしたようにそれぞれ「外部領域」「内部領域」「中間領域」と呼ばれます。それぞれは下記の意味を持ちます。

▼内部領域 →自分の皮膚の内側の領域です。心臓の鼓動、動悸、胃の痛み、血流、体温、興奮など内的な感覚世界です。

▼外部領域 →目の前や周りの環境、自分の皮膚の外の世界です。自分が外部のものとして知覚し対象化する物質世界です。

▼中間領域 →外部でも内部でもない世界です。その間にある思考と空想の領域です。諸々の想念心配、不安、願望、希望、意欲、妄想)の世界です。

「ゲシュタルトの形成と破壊のサイクル」で見たように、ゲシュタルト療法では、環境に生きる生物として、内部領域の「引きこもり」から外部領域の「接触(コンタクト)」まで、欲求衝動→行動を、速やかに実行できることを健全な能力と考えます。

しかし、実際のところ、人は、さまざまな過去に由来する原因(トラウマや習癖)などにより、偏った領域に「注意力」を集めがちとなっています。そのパターンを繰り返しています。

たとえば、外部領域で、傷つきやトラウマの体験を持った人が、中間領域(空想や思考の領域)に引きこもりがちになってしまうというのは、常識的な感覚からいっても納得できることではないでしょうか?

そして、実際のところ、自分が無自覚に、どの領域に「意識」や「注意力」を向けがちであるかということに、瞬間瞬間、刻々〈気づき〉を持てるだけでも、その偏りに対する修正効果(統合)となるのです。そのため、ゲシュタルト療法では、このことに注目するのです。

◆気づきのエクササイズ Exercise

そのため、ゲシュタルト療法では、以下のような「気づきのエクササイズ」を行なっていきます。このことを通して、自分の「意識」や「注意力」の偏りに気づいていくのです。ただ、これは、ヒントを得るためのエクササイズです。エクササイズの本番は、日々普段、一人でいるときに、これらのことに気づいている「気づきの連続体 awareness continuum」を鍛えることにあるのです。

これは、ABの二人が一組になって行なうエクササイズです。片方の1人(A)が、もう片方の相手(B)の人に問いかけを続けます。数分間つづけます。問いかける側が応える人の答えをメモしていきます。

A:「あなたは、今、何に、気づいていますか?」
B:「私は、今、○○に気づいています」

Bの答えの例としては、
「私は今、あなたの声のかすれに、気づいています」→外部領域
「私は今、首の痛みに気づいています」→内部領域
「私は今、明日の会社の仕事を考えているのに気づいています」→中間領域
などがありえます。

これを数分続けます。エクササイズ終了後、振り返りの中で、それらの回答(気づき)が、3つの中のどの領域に分布しているかを、お互いに見ていきます。人によって、ある領域が多かったり、ある種の傾向性があったりと、自分の癖やパターンが見えてきます。

ゲシュタルト療法では、このパターンの偏りが、心の可動域をせばめたり、充分な体験を阻害したりと能力の制限になっていると考えます。この硬化や制限を、ゲシュタルト療法では、ワーク(セッション)などを通して、心の可動域が広がるようにします。

ところで、この可動性は、頭(中間領域)で概念的に理解しただけでは、なんの変化も進化も生みません。

日々の気づきの訓練と、ゲシュタルト療法的な実践の中で、3つの領域に自在に気づき awarenessをめぐらせる訓練の中で、進化を生み出すものなのです。現代人の場合、特に「中間領域」(空想領域/心配/妄想)への固着・硬化・耽溺が大きな特徴(問題)として上げられます。思考過多(中毒)であり、現実や生命力をありありと体験できなくなっているのです。ゲシュタルト療法では、この現代人の中間領域志向についても、強い解毒作用を発揮します。このような点などが、禅などとの共通点ともなっているのです。

ゲシュタルト療法普及の初期に、その実存主義と禅の風味を強調した時代に、クラウディオ・ナランホが示した、ゲシュタルト療法の基本姿勢は、このあたりの感覚を素晴らしいフレーズで表現しています。
  ↓
ナランホのゲシュタルト療法の基本姿勢

関連記事
  ↓
気づき awarenessと自己想起 self-remembering


【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。
気づきや統合、変性意識状態(ASC)への、より総合的な方法論は、拙著
  ↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

↓動画解説 気づきの 3つの領域

↓動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。