啐啄同時と創造の機

さて、ここでは「啐啄同時(啐啄同機)」について書いてみたいと思います。
啐啄同時は禅語であり、有名な『碧巌録』の中にある話です。

啐啄とは、つつくことを意味しており、啐啄同時とは、雛鳥が卵から孵る場面の描写となっています。

啐とは、雛鳥が内側から卵の殻をつつく合図、
啄とは、親鳥が(雛鳥が、卵の外に出てくるのを助けるために)外から卵の殻をつついて割ることをです。

そして、この啐啄は、同時でなければならないということを意味しています。

啐がないのに、親が卵の殻を割ったら、育っていない中の雛は死んでしまいます。
また逆に、啐があったのに、親が卵の殻を割らなかったとしたら、外に出られない中の雛は死んでしまいます。

そのため、啐啄は、同時でなければならないというのです。
啄は、早すぎても遅すぎてもいけないのです。

『碧巌録』の中では、鏡清禅師の弟子が、禅師に、悟りを手助けしてほしいと訴えるそんなエピソードとして語られます。

そしてまた、この喩え話は、教育におけるタイミングの妙としてもよく引かれます。心理療法の世界においては、クライアントの機が熟した時に、「ちょうどその時に」ファシリテーターが介入しないと効果的な介入にはならないことの喩えに使われます。遅くても早くても、それはダメなのです。クライアントを活かせないのです。

さて、以上見たような事柄は、実は、自分(個人)の中における創造性を考える場合においても、示唆を投げかけてくれるのです。

以前、「大地性と待つこと」として、私たちの、自分自身の、成長してくれない心に対して、待つことの重要性について触れました。
→大地性と待つこと

私たちの心が「啐」として、内側からノックして来るまで、忍耐して、待たなければならないこともあるのです。

気が急いて、卵の殻を割ってしまったために、中のまだ十分の育っていない心の力が死んでしまうこともあるのです。外に出るのに、十分な保育・養成期間というものがあるのです。

また一方、逆のケースもあります。「啐」として、内側から、心の創造力がノックしているのに、外に出してあげなくて、中の心が死んでしまうということもあるのです。

以前、「アウトプットの必要性」についても書きましたが、現代の社会は、インプットすることが通例で、個人的体験の価値や、個の創造性の発現が、ないがしろにされている社会です。
アウトプットの必要と創造性 サバイバル的な限界の超出

そのことのせいで、個人が、無力化し、衰弱している社会です。現代においては、この側面での問題が多いのではないでしょうか。

しかし、啐が起こり、内部の機が熟しているのに、創造的なアウトプットをしていかないと、殻の中の心は死んでしまうものです。

このような場合、自分で自分に、場所や機会を与えて、高まる内部の心や創造性を、殻の外に解き放っていくことが必要となるのです。

これは、現代における、個人の無力化や閉塞感の中で、当スペースが、特に重視している側面でもあります。
啐啄同時の喩えは、そのような心の創造性の機微を、教えてくれてもいるのです。


【ブックガイド】

ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた解説、拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧ください。

気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については、
拙著
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。