NLP 神経言語プログラミングとは  天才のモデリング技法 ―効果と課題

【目次】

◆はじめに
◆創始者の役割分担について
◆NLP(神経言語プログラミング)の特性について
◆実際の使用方法

◆はじめに

NLP(神経言語プログラミング Neuro-Linguistic Programming)は、リチャード・バンドラー博士とジョン・グリンダー博士によって創始された、能力開発技法です。

彼らが、天才的な人々―ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ、催眠療法家のミルトン・エリクソン、家族療法家のバージニア・サティアら―の治療技法をモデリングし、そのエッセンスを方法論化したものです。

NLPについては、日本に導入されてから20年近くが経ち、スクールも書籍も非常に多くなっており、だいぶ認知もひろがってきましたので、このコーナーでは、概況を少し整理してみたいと思います。

というのも、導入初期にあった不足(欠陥)が修正されずに、そのまま広まってしまったため、現在では、NLP(神経言語プログラミング)も多くの輸入品(メソッド)にありがちな浅知恵のまま、退潮?しようとするかにも見えるからです。それは、大変もったいないことでもあるのです。

特に、NLPを、その由来までさかのぼって、オリジナルNLPの特徴を理解した上で、限界と可能性、適用範囲、その有効な使い方を理解していくことはとても重要だと思われるのです。

そのことで、「怪しい」「胡散臭い」「効かない」と言われている、NLPの内実(意味合い)や「効かす方法」をより理解できるようになると思われるからです。

そして、その点を理解することで、NLPは、ずっと豊かな使い方や効果を得ることができるからです。

 

◆創始者の役割分担について

さて、NLP(神経言語プログラミング)は、バンドラー博士とグリンダー博士の二人のカップリングによって創られましたが、筆者はここに「役割分担」を見ています。

実は、ここに、すでに、NLP(神経言語プログラミング)の本質的な要素(秘密)が出揃っているのです。このことを理解することで、NLPの本質的な要素を理解することができるのです。

さて、諸々の情報を総合すると、(筆者の直観ですが)リチャード・バンドラー博士とは、「モノマネの天才」なのではないかと思われます(彼には、モノマネ者に特有の、うら寂しさと道化性、矯激性があります)。
「モデリング」というアイディアそのものがここに由来すると考えられます。

そして、バンドラー博士が、パールズやエリクソンと接する中で、彼らから身体的に、シャーマニックに「写しとったもの」を、グリンダー博士が記述に起こしていくこと(これがいわゆる「モデリング」です)。

このような作業(取り組み)から、NLPのアイディアは、はじまったのではないかと思われるのです。

そして、今度は、二人の役割交代をしてみて、グリンダー博士が、実際にそれらを実践してみて、効果が出るかを検証してみる。
そのようなことを繰り返す中で、初期のNLPができたのではないかと、筆者は、推測しているのです。

いわば、「霊媒と審神者(サニワ)」のカップリングです。

各人の優れた才覚が、そこに活かされていたわけです。

そのため、二人の関係が決裂したことで、NLPの方法論的な基盤づくりの創造的な側面は終焉したのです(その後のNLPの展開は、枝葉末節の応用です)。


◆NLP(神経言語プログラミング)の特性について

さて、世の中には、Liteと名前のついたソフト商品があります。

「○○Lite」、つまり「簡易版」です。もともとある商品の機能を色々と落として、初心者にも簡易に使用できるようにした商品です。

NLP(神経言語プログラミング)とは、ある意味、このLite商品といえるものです。

ゲシュタルト療法Liteだったり、催眠療法Liteだったりしているわけです。初心者にも、大変使いやすいのです。しかし、機能を落としている分だけ、残念ながら効き目も弱いのです。

NLPは、ゲシュタルト療法や、フルスペックの体験的心理療法のような強度な変性意識状態(ASC)や、深い自発的な感情の導出、深層レベルの心理プログラミングの書き換えは引き起こせません。

比較的軽度な知覚レベルの調整や、時間が経つとじきに消えてしまうような軽度のプログラミング修正が多くの作用です。
(その理由は→効果的に作用するNLPのフレームとは)

しかし、実は、逆にそこが、NLPのいいところ(利点、安全性)でもあるのです。

体験的心理療法や強度な変性意識状態(ASC)、また何らかの知覚的変容などを、まったく経験したこともない普通の人々にとって、NLPは、抵抗や障壁が低くかつ安全な範囲内で、「小さな知覚変化」「内的変化」を経験することができるものだからです。

この手のジャンルの情報が恐ろしく少ない、現代の日本の中では、それはおそらく人生ではじめての経験となるでしょう。

しかし、そのことで、自分自身に、そのような変化が起こせる可能性があることに、少しでも気づいていくことができるからです。

NLPよりも、「もっと大きく変わる方法論への予感」も生まれてくるわけです(もっとも、この程度の「変化」しか起こせないと、逆に考えてしまう危険もありますが)。

それは、人生を変えるヒントやきっかけになるものです。
映画『マトリックス』に出てくるモーフィアスの赤いピルではないですが、自分や人生を変える方法論がこの世にあることを予感することができるからです。

もっと探求を進めたい人にとっては、意識拡張のための各種さまざまな方法論が存在しているので、そちらの探求を進めていけばよいことになるからです。


◆セッションでの使用方法

NLPには、興味深い技法や知見が多々あります。また、説明モデルや理論的言語に長けています。

その点は、彼らの師匠でもあったグレゴリー・ベイトソンまで戻ると、彼らの当初の意図も見えやすくなります。

実は、NLPは、NLPだけの「コンテクスト(文脈)」の中で使っても、なかなか活きてこないものなのです。

もう一つ高い学習階層で、オーソドックスな心理療法を含めたもう一つ広い文脈の中で、再構成して使う必要があるのです。

つまり、世の中の多くのNLPが、効果のないものになってしまっているのは、この点についての、経験や理解、センスが欠けてしまっているためなのです(やっている人の多くが、心理療法の素人である点もありますが)。

そのため、NLPを技法として、セッションなどで使用する場合は、すべてが使用する側の問題(使い方・技量)に帰着します。

NLPの技法を、イッパイイッパイで教科書どおりに使っているレベルでは、効果の面でもなかなか厳しいものがあるのです。

NLPのさまざまな手法の生まれて来た背景や、大元の原理や仕組みを理解し、セッションの場面場面で、構成的に応用的にアレンジして使えてはじめて、NLPの道具としての有効さも活きてくるのです。

彼らのいう「天才のモデリング」「天才の心理学としてのNLP」の深い意味も、分かって来るのです。ひいては、ご自身の「天才性」を、引き出す観点も生まれて来ることになるのです。

このパートでは、そのような視点から、NLPのいくつかの方法論を取り上げ、その内容を検討してみたいと思います。

そのことで、NLPの可能性もまた開いていくものであるからです。

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた解説、拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧ください。

気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については、
拙著
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。