Unfinished Business やり残した仕事 未完了の体験

◆「やり残した仕事」 Unfinished Business

ゲシュタルト療法には、「Unfinished Business やり残した仕事」という言葉があります。人生の中で、やり残した事柄のことです。同様の概念で、「未完了の体験」「未完了のゲシュタルト」というものがあります。

「ゲシュタルトの形成と破壊のサイクル」のところで見たように、ゲシュタルト療法では、欲求の単位としてのゲシュタルト(かたち)の充足をとても重視します。そのため、「完了していないincomplete」「充足していない」ゲシュタルトということは、とても重大な意味を持つと考えるのです。

ところで、フリッツ・パールズは、通俗的なトラウマ(心的外傷)の理解に疑問を持ちました。もし過去において、たとえ、強い苦痛の体験があったとしても、もし本人が、その体験を受け入れて、ゲシュタルトとして消化(完結・完了)できているのであれば、それはトラウマ的にはならないと考えたのでした。

「セラピーで大切なことは、今までに何をしてきたかということではなく、何をしてこなかったかということである。何をしてきたかは完結してしまったことであり、充足と統合を通じて自己形成に取り入れられたものである。きちんと完了していない未完結状況というのは環境から自己への取り入れに失敗したものであり、現在まで残っている過去の遺産とも言えるものである。」(パールズ『ゲシュタルト療法』倉戸ヨシヤ訳、ナカニシヤ出版)

トラウマ的になるというのは、その体験が、ゲシュタルトとして完結(完了)できなかった場合に、過度の欲求不満とともにゲシュタルト(形)が残ってしまい、トラウマ的になると考えたのでした。つまり、未完了の体験、未完了のゲシュタルトこそがトラウマ的になると考えたのでした。

そして、未完了の体験や未完了のゲシュタルトというものは、欲求不満の感情的な強さを、今も当時のままの強さで持ち続けているものなのです。

人生のその時に、
「伝えられなかった言葉」
「表現できなかった感情」
「とれなかった行動」
が、
今もここに、強い感情、欲求不満の塊として存在しているのです。

「やり残した仕事」「未完了の体験」とは、喉につかえた魚の骨のように、心の中にありつづけ、似たような人生の場面(ゲシュタルト)に遭遇すると、私たちの感情を激しく刺激し、苦しめ、行動を妨げる大変煩わしいものであり続けるのです。

そして、私たちの能力を狭めて、生きづらさを、つくり出すものなのです。

「神経症の人は、過去の未完結なことが邪魔をするので、現在に十分に関わることができない人たちである。問題は『今―ここ』にあるのに、気持ちが他のところに行っているので、目の前の問題に集中できないのである。セラピーを通じて、クライエントは現在に生きることを学ばねばならないわけで、セラピーでは、クライエントが今までやったことのないことの練習をすることとなる。」(パールズ、前掲書)

◆「やり残した仕事」を完了させるセッション

さて、ゲシュタルト療法の、セッション(ワーク)の中では、私たちを苦しめる、この「やり残した仕事」「未完了のゲシュタルト」「未完了の体験」を完結・完了させるということを行なっていきます。

「ゲシュタルト療法は、言葉や解釈のセラピーではなく、経験的なセラピーである。我々はクライアントに過去の記憶の中にある問題やトラウマを再体験するように勧める。もしもクライアントが過去の問題のノートを閉じたいのなら現時点において閉じなければならない」(パールズ、前掲書)

ロールプレイような技法(エンプティ・チェアの技法)を用いて、その原因となった状況を、場面的に再現したりなどして、未完了の体験や未完了のゲシュタルトを完了させていくのです。

当然、トラウマ的要素の強い場合などは、場面的な再現は逆効果の場合もありますので、そこは技法的な工夫を使って、別の方法で未完了のゲシュタルトを完了させていきます。そこには、各種さまざまな技法的なアプローチ方法があるのです。

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については、基礎から実践までをまとめた拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。

気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

動画解説↓ 未完了の体験 Unfinished Business やり残した仕事

↓動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。