ブリージング・セラピー その2 BPM (Basic Perinatal Matrix)

ブリージング・セラピー(呼吸法)Ⅰでは、スタニスラフ・グロフ博士の「ホロトロピック・ブレスワーク」の実際のセッション体験について記しました。
ここでは、この理論の前提となっている「分娩前後マトリックス」について、ここでは少しご紹介しましょう。
※S・グロフ博士の『脳を超えて』(吉福伸逸他訳 春秋社)という大著があります。最下部の一覧表は、同書からの引用です。

◆「出生外傷(バース・トラウマ)」の発見
―「分娩前後マトリックス」

博士は、当初、LSDを使った心理療法を行なっていましたが、クライアントとの数千回にわたるLSDセッションを行なう中で、人間の深層に「出生外傷(バース・トラウマ)」が存在することを発見しました(そう判断しました)。
(http://hive.ntticc.or.jp/contents/interview/grof)

それは、人間が「胎児として、子宮から、膣道を通って、出産される」という強烈な体験過程の記憶です。それがLSDセッションでは、回帰(再体験)して来ることになります。

グロフ博士は、これを、基本的分娩前後マトリックスBPM (Basic Perinatal Matrix)として、体験のフェーズごとに、BPMⅠ~ BPMⅣまで、4つに分けて詳説しています。

そして、それらが「原トラウマ」として、その後の人生に大きな影響を与えていることと考えたのです。それらは、精神障害で現れるタイプ・傾向から、日常生活での好み嗜好/強迫観念、性的な好み嗜好まで、その人を貫く大きな要素として存在しているという仮説です。

①BPMⅠ 母親との原初の融合

最初のフェーズです。これは、胎児が、母親の子宮の中にたゆたっている状態です。子宮内が良好な状態であれば、これは安逸の体験です。子宮内が、胎児にとって、不愉快な状態であれば、最悪の体験です。胎児にとっては、子宮内が宇宙そのものであるからです。

②BPMⅡ 母親との拮抗作用

やがて、出生の時期を迎えます。胎児は、子宮口に吸い込まれていく体験に入ります。胎児にとっては、危機的な状況です。窒息や吸引など、様々な脅威が、この体験過程の表象となっています。

③BPMⅢ 母親との相助作用

産道・膣道を通って、出産される場面です。胎児は、膣道の万力のような圧倒的な力に、自己が、押し潰されそうになる脅威を感じます。膨大なエネルギーが、発散・放出されます。同時に、ぞっとするような性的でもある火山的エクスタシーを体験することもあります。

④BPMⅣ 母親からの分離

実際に、出産されて、母親の外に出る体験です。恐ろしい苦難の後の、突然の解放体験となります。

さて、以上のような4つのフェーズが、原型的な体験となって、私たちの心身の底に巣食い、その後の人生に与えるというのが、この仮説です。

 

※体験的心理療法や変性意識状態(ASC)についての総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、よりディープな
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』をご覧下さい。

↓動画「ブリージング・セラピー(呼吸法)」

※多様な変性意識状態についてはコチラ↓動画「ゲシュタルト療法 変性意識 『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』」