葛藤状態 生きづらさの仕組み

葛藤状態とは、私たちの中で複数の欲求や感情が対立や競合状態を起こし、苦痛となることです。

さて、当スペースでは、葛藤の背後に「複数の自我(私)」の存在を見ています。私たちの人格の中にある「複数の自我(私)」によって、分裂が引き起こされてしまうのです。
複数の自我 (私)について 心のグループ活動

さて、私たちは、複数の自我が持っているのですが、通常、どれかひとつの自我に完全に同一化しているため、自分が複数の自我(私)を持っているということに気づけません。そのため、主観的には、ただ悶々とした感情や苦痛、抑うつ感や罪悪感、自信のなさや生きづらさしか感じとれません。

ゲシュタルト療法では、セッションで、この自我たちを、目に見える形で取り出して、自我の間の調整や統合を図ります。そうすることで、この葛藤状態を解消していくのです。

ところで、よく葛藤とは、「アクセル」と「ブレーキ」を同時に踏むようだと言われます。しかし、厳密な機能で考えると(深層の部分では)少し事情が違います。

つまり、ブレーキをかけているような、自我の欲求(言い分)を深く解き明かしていくと、必ずその自我の深い部分に本当の意図・肯定的な意図が分かります。つまり、実は両方ともアクセルなのです。アクセル同士が、別のベクトルを向いているため、互いを牽制しあい、葛藤が生じているのです。

◆「やる気が出ない」は正しい

「やる気が出ない」ということがありますが(変な言い方ですが)、それは正しい状態なのです。

つまり、理由があって「やる気が出ない」という気分表現になっているので、大切なのは、その理由(真の意図)を知ることなのです。そして、そこには、必ず自我間の葛藤があり、それぞれの自我は、深い「肯定的意図」をもってそのように作用しているのです。

その「自我たち」を知っていくことは、自己自身をより深く知っていくこと、自己の創造性を生きることにつながっていくのです。

世の中には、「モチベーションUP」の書籍が氾濫しています。多くの人が、そう願っているからでしょう。それも頷ける現象です。

しかし、いくら本を読んでも、その場かぎりの表面的なモチベーションしか上げることはできないでしょう。まず、やる気を上げたいと欲しているのは、今現在の自分が同一化している「やる気を上げたい自我状態」でしかないからです。その他の自我には、そのことに反対する積極的な理由があるからなのです。

安直なモチベーションUPを望むのではなく、自分の心を見つめて、下降し、丁寧にひも解いていくことによって、そこから真のモチベーションUPと、自分の心の全体性を生きるという創造性の開花が始まるのです。

◆ワーク(セッション)において

さて、実際のセッションにおいては、対立したり、葛藤したりしている、おのおのの自我状態を、エンプティ・チェア(空の椅子)の技法などを使い、丁寧に取り出し、各自我の欲求を聞き出し、自我間の対話・統合を図っていきます。

これが、なぜ可能になるかと言いますと、私たちは通常、「どれかひとつの自我にしか、同一化できない」のですが、ゲシュタルト療法の技法においては、(その他の自我を引っ張り出してきて)「その他の自我にも同一化すること」が可能になるからです。

たとえば、エンプティ・チェアの技法を使うと、個々に対立していた自我の間に情報交流、エネルギー的交流が起こり、自我間の対立する要素が減り、別の特性(グループの仲間)として、互いを尊重し、協力したりできるようになります。

お互いを妨げることなく、より相乗的にパワーを発揮できるようになるのです。セッション(ワーク)では、そのことを実現するために、時間をとって、じっくりと、個々の自我状態の言い分(欲求・意図)を聞いていきます。そのことで、私たちの中に、複数の自我の融合や統合が起こって来ることになるのです。

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については、基礎から実践までをまとめた拙著↓
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。
気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は、拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、よりディープな
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

↓動画解説 葛藤の構造

↓動画解説 葛藤解決の方法(ポイント)