「明晰夢」の効力 夢の中で掌を見る

さて、人類学者C.カスタネダの本の中に、「夢の中で、自分の掌を見る」練習をするという有名な話が出てきます。これは、シャーマニズムの訓練として行なうものです。そして、拙著の中では、そのことが導く、私たちの心の未来についても記しました。
拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

さて、「夢の中で、自分の掌を見る」などとは一見すると、奇妙な(突拍子もない)訓練にも聞こえますが、サイトや拙著で取り上げているような、気づきの訓練やさまざまな変性意識状態への移行を、数多く繰りかえしていくと、だんだんと実際にそのようなことも起こる(できる)ようになってくるものです。

夢の中で、それが夢だと気づきながら行動している夢、いわゆる明晰夢 lucid dream の状態です。

明晰夢は、意識と無意識とが他にないまじかさで交錯する状態であり、心の要素(知覚や能力)や傾向性を試したり、検証したりするまたとない機会となるのです。

また、夢のナマな創造力にじかに触れられる状態であり、私たちの心の未知の機構を知ることのできる貴重な機会となっているのです。

明晰夢は、その慣れと習熟に従って、私たちの心に深い実際的な変化を引き起こして来ます。

それが、古来から、世界中の瞑想技法の中で、この状態が特記されていたわけなのです。

特に、夜の夢の中における気づきの力の醸成と、昼間の生活の中における気づきの力の醸成とは、表裏を成してつながっており、その相乗的効果(質性の変化)をとりわけ顕著に現してきます。

私たちの世界をとらえる感覚や〈気づき〉のあり様が、深い次元で変容して来るのです。

それは、私たちに深い解放と流動性をもたらして来るものなのです。

そのため、当スペースでは、このような明晰夢の利用を、意識拡大のための機会として、重要なものに位置づけているのです。

 

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた解説、拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧ください。

気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については、
拙著
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。