生きる力(エネルギー)の増大

妨げのなさの感覚 生きづらさと葛藤の解決

さて、ゲシュタルト療法を、継続的に行なっていくと顕著に現れてくるある体感があります。そのことについて、まず、はじめに見ておきたいと思います。ゴールや着地点がわかるとイメージがつきやすくなるからです。

ゲシュタルト療法を行なっていくとやって来るもの、それは、

①生きる力(エネルギー)の増大
②妨げのなさの感覚

というものです。

ゲシュタルト療法をやっていくと、私たちは、自分が以前よりも純粋に物理的にエネルギーに満ちていると、感じはじめるというわけです。
また、自分を妨げたり押しとどめて来たりする内部の妨害する力が、少なくなったのを感じるのです。

その結果、自分が、軽々と行動を起こしやすくなったと感じるようになるのです。その仕組みは、図にしてみるとその構造的なイメージがつきやすくなります。

普段の私たちは、自分の中に、なんらかの抑制感や葛藤というものを持っています。これは、人間の成長上、自然に(文化的に)生ずるものといえます。

フロイトの言葉を使えば、「超自我」の要素ともいえるものです。それは、私たちを社会的な存在にするのに必要な要素でもありますが、必要以上に働く場合に、葛藤と生きづらさを引き起こします。

内側から表出しようという欲求(欲求A)が出て来ても、外側の別の欲求(欲求B)によって、過度に押さえられてしまうという形です。

そして、このように「やるべか、やらないでいるべきか」「やりたいけど、できない」と、いつも内部で、押し問答をしてしまっていることが、私たちの一般的な姿(問題)であるのです。

このことは、主観的には、ある種のエネルギーの不足感や、疲れ、疲労感として体感されたりもしています。

しかし、実は、エネルギーが純粋に不足しているのではなく、悶々とした葛藤によって、無駄に使ってしまっているというのが実情なのです。

エネルギー不足ではなく、エネルギーの浪費とロスが、実態(問題)であるのです。これが、普段の抑制感をもった、私たちの姿だといえます。

それが、ゲシュタルト療法を続けていくと、欲求Aと欲求Bとの間に、対話と交流、そして融解が起こり、この二つが融合・統合していくという事態が起こってくるのです。

その結果として、欲求Aは、(多少、変容して、A´になりますが)よりダイレクトに、自己の欲求を表出できるという事態が実現されてくるのです。

この際、妨げるもの、妨害するものとして働いていた欲求Bも、欲求B´となり、妨害することなくむしろ別の欲求として、協働的にサポート的に働いてくることに変わるのです。

つまりは、主観的なイメージとしては、元来、自分のやりたいこと(欲求)がバージョンアップして、よりストレートに行なえている感覚、表出できている感覚が生まれてくるのです。

そして、エネルギーは、葛藤による浪費やロスがなくなったため、自分のために自由に使える量が増えた感覚を持ちます。

これが、「エネルギーの増大感」として、感じられてくるなのです。エネルギーの増量感です。

また、内部で、葛藤的に、抑制するものがなくなったため、「妨げのなさ」という感覚が生まれてくることにもなるのです。自分の中の「妨害感」がなくなったのです。分裂感がなくなったのです。

その結果として、自分が「ひとまとまり」のエネルギーの塊なった感じがしてきます。ベクトル(方向性)を持った、全身全霊の能動的なエネルギーの塊です。

そして、このような統合が進んだことにより、内部での葛藤に費やされなくなった膨大なエネルギーは、外の現実世界に溢れだし、他者や世界の物事に向かうことができるようになるのです。

まわりの人々、他者や世界に、よりベクトル(方向性)をもって集中的に関わり、これを変えるように働きかけるようにもなるのです。少々の障害などものともせず、突破できるエネルギーや能動的な意欲が湧いてくるのです。

その結果、私たちは、人生自体を、目覚ましく変えていくようにもなっていくのです。これが、ゲシュタルト療法を進めていく、現れてくる顕著な特性といえるものなのです。


◆エネルギー水準の高まり

さて、このような「エネルギー感の高まり」は、図にするとイメージしやすいものにもなります。

私たちは、通常、エネルギーの或る平均値(値ゼロ)を持っています。そして、調子が良いときもあれば悪いときもあるということで、そのゼロの上下を、上がったり下がったりしています。

それが、ゲシュタルト療法を通して、エネルギーが解放されて来ると、以前に較べて、恒常的に高いレベルにいつもいることができるようになって来るのです。

ある種のエネルギーの「高原状態」ともいえるような事態の達成です。

さて、以上、ゲシュタルト療法を継続していくと、生まれてくる顕著な成果を体感覚という側面から見てみました。このようにして、ゲシュタルト療法の技法は、人々の人生を変えていくのに決定的な形で役立っていくこととなるのです。


【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については
基礎から実践までをまとめた拙著↓
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。

↓動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。