サイケデリック(意識拡張)体験とは何か 知覚の扉の彼方

さて、「サイケデリック」という言葉は、音楽やデザインのイメージとして、その言葉がよく知られていますが、それが実際に「どのような体験内容を指しているのか」という点については、日本では一般にはあまり理解されていません。

ところで、変性意識状態(ASC)の研究も、トランスパーソナル心理学の出現も、その時代的な背景として、向精神性物質(ドラッグ)を使ったサイケデリック(意識拡張)体験の研究があってこそ、リアルで厚みのあるものになっていったという経緯(前提)があります。

日本の中では、変性意識状態(ASC)の話や、トランスパーソナル心理学が、理論ばかりで、いまひとつ実感的・実践的な印象を持たれないのもそのあたりの事情に関係があるのかもしれません。

特に、時代に先駆けた先駆的な業績としては、英作家オルダス・ハクスリーが、「サイケデリック」という造語を考えついた、ハンフリー・オズモンド博士のもとで、メスカリンの服用体験を記した『知覚の扉』という書物があります。(この書名 The Doors of Perceptionは、米ロック・バンドのドアーズの名前の元となりました)

メスカリンは、ネイティブ・アメリカンの或る部族が、儀式でつかうサボテン(ペヨーテ)に含まれている物質でした。ここで記された哲学的洞察などは、後の諸流派への、決定的な指針になったことがうかがえるような大変興味深いものとなっているのです。

変性意識状態(ASC)や、トランスパーソナル心理学が、そもそも何を前提として、何を目指しているのかを考えるのに際して、とてもヒントになるものでもあるのです。

ハクスリーは、その体験を記しています。

「…私が眼にしていたもの、それはアダムが自分の創造の朝に見たもの―裸の実在が一瞬一瞬目の前に開示していく奇蹟であった。イスティヒカイト。存在そのもの―エクハルトが好んで使ったのは、この言葉ではなかったか?イズネス、存在そのもの。プラトン哲学の実在―ただし、プラトンは、実在と生成を区別し、その実在を数学的抽象観念イデアと同一視するという、途方もなく大きな、奇怪な誤りを犯したように思われる。だから、可哀想な男プラトンには、花々がそれ自身の内部から放つ自らの光で輝き、その身に背負った意味深さの重みにほとんど震えるばかりになっているこの花束のような存在は、絶対に眼にすることができなかったに相違ない。また彼は、これほど強く意味深さを付与されたバラ、アイリス、カーネーションが、彼らがそこに存在するもの、彼らが彼らであるもの以上のものでも、以下のものでもないということを知ることも、絶対にできなかったに相違ない。彼らが彼らであるもの、花々の存在そのものとは―はかなさ、だがそれがまた永遠の生命であり、間断なき衰凋、だがそれは同時に純粋実在の姿であり、小さな個々の特殊の束、だがその中にこそある表現を超えた、しかし、自明のパラドックスとして全ての存在の聖なる源泉が見られる…というものであった。」ハックスレー『知覚の扉』今村光一訳、河出書房新社

また、

「…私は花々を見つめ続けた。そして花々の生命を持った光の中に、呼吸と同じ性質のものが存在しているのを看たように思った―だが、その呼吸は、満ち干を繰返して、もとのところにもどることのある呼吸ではなかった。その呼吸は、美からより高められた美へ、意味深さからより深い意味深さへと向かってだけ間断なく流れ続けていた。グレイス(神の恩寵)、トランスフィギュレーション(変貌、とくに事物が神々しく変貌すること)といったような言葉が、私の心に浮かんできた。むろん、これらの言葉は、私が眼にする外界の事物に顕わされて顕われていたのである。バラからカーネーションへ、羽毛のような灼熱の輝きから生命をもった紫水晶の装飾模様―それがアイリスであった―へと私の眼は少しずつ渉っていった。神の示現、至福の自覚―私は生まれて初めて、これらの言葉の意味するものを理解した。…仏陀の悟りが奥庭の生垣であることは、いうまでもないことなのであった。そして同時にまた、私が眼にしていた花々も、私―いや『私』という名のノドを締め付けるような束縛から解放されていたこの時の『私でない私―』が見つめようとするものは、どれもこれも仏陀の悟りなのであった。」(前掲書)

そして、

…宗教上の言葉で“この世”と呼ばれている世界が、すなわちこの世界であり、その世界では濾過されて残った意識内容だけが言葉によって表現される世界、そしてさらにいえば、言葉によって生命を失って石化されてしまっている世界である。ほとんどの人々は、その人生のほとんどの時において、減量バルブを通して減量された意識内容で、方言にすぎない人間の言語が本当に真実のものだというお墨付けを付けたものだけしか知ることがない。減量バルブの表街道に対して、これを出し抜く一種のバイパスというべき裏街道が存在する。そしてある種の人々は、このバイパスを生まれつき持っているように思われる。」(前掲書)

さて、ハクスリーのメスカリン体験についての記述を見てきました。大変、魅惑的な世界ではないでしょうか?
しかし、このような世界は、必ずしもメスカリンのようなサイケデリック物質(ドラッグ)を摂らなくとも得ることができるのです。この世にはさまざまな方法論が豊富に存在しているのです。

筆者自身、十代の頃に本書を読み感銘を受け、その後、さまざまな変性意識状態(ASC)や体験的心理療法を探求することとなりました。
その結果、「知覚の彼方」にある、途方もなくまばゆい光明の世界を体験することにもなったのです。

上記の記述に興味を持たれた方は、可能性を信じて、ぜひ探求の旅に出られてみることをおすすめいたします。

付記 「サイケデリック」の由来 
参考までに、意味が伝わりづらい「サイケデリック」という言葉が採用され、公式に世に出された経緯(由来、語源)を下記に引用しておきます。

LSD体験を説明した科学論文の用語は、オズモンドにはぴんとこなかった。幻覚とか精神障害という用語は、悪い精神状態しか意味していない。ほんとうに客観性を重んじる科学であれば、たとえ異常な、あるいは正気でないような精神状態を生みだす化学薬品に対しても、価値判断はくださないのが筋なのに、精神分析の用語は病理的意味あいを反映していた。オルダス・ハックスリーも、病理学的用語は、不適切だと感じていた。このドラッグの総体的な効能を完全に包含するには、新しい名称をつくるしかない、オズモンドもハックスリーもこの点では意見が同じだった。
オズモンドはハックスリーがはじめてメスカリン体験をしたときの縁で、親友づきあいをしており、頻繁に手紙をやりとりしていた。最初ハックスリーは「ファネロシーム」ではどうかと提案した。語源は「精神」とか「魂」という意味である。オズモンドあての手紙には、つぎのような対句が書かれていた。

 このつまらない世界に荘厳さが欲しければ、
 ファネロシーム半グラムをのみたまえ。

これに対してオズモンドは、こう返歌を書いた。

 地獄のどん底、天使の高みを極めたければ、
 サイケデリックをひとつまみだけやりたまえ

 こうして「サイケデリック」ということばが、つくられたのである。オズモンドは、一九五七年、このことばを精神分析学会に紹介した。ニューヨーク科学学会の会合で研究報告したとき、彼はLSDなどの幻覚剤は単なる精神障害誘発剤を「はるかにこえる」機能を持っており、したがってこれにふさわしい名称には、「精神をゆたかにし、ヴィジョンを拡大する側面をふくめる」必要があると主張した。そして、「精神障害誘発剤」のかわりに、あたりさわりのない用語を披露したが、これは意味がはっきりしなかった。文字どおりにはサイケデリックは「精神を開示する」という意味で、いわんとするところは、この種のドラッグは予測のつくできごとを開示するのではなく、意識下にかくされていたものを表面にひきだす機能を持つということである。

マーティン・A・リー他 越智道雄訳
『アシッド・ドリームズ』(第三書館)

 

 

関連記事
心理学的に見た「チベットの死者の書」
サイケデリック体験とチベットの死者の書


【ブックガイド】

変性意識状態(ASC)への入り方など、その詳細な概要と実践技法は、
入門ガイド

『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
をご覧下さい。

また、上記のような変性意識状態が導く深淵な光明(世界)を知りたい方は、事例も含んだ拙著↓
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

↓気づきと変性意識の入門ガイドはコチラ。動画解説「気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス」

→『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

↓多様な変性意識状態についてはコチラ。動画解説 拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』」 変性意識 ゲシュタルト療法

→『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』