葛藤解決の方法(ポイント)Ⅱ ネガティブな感情の扱い方

さて、別に、ゲシュタルト療法における葛藤解決の方法について、そのワーク中のコツについて解説してみました。ここでは、そのワーク中に現れる「主観的な気持ち」に関する部分で、重要なポイントを解説してみたいと思います。

さて、ゲシュタルト療法のワーク(セッション)では、自分の中で心理的葛藤があり苦痛が生じている場合に、エンプティ・チェアの技法などで、分裂している自分の自我を、それぞれの椅子に分けて置いていきます。

この時、大体、次のような形で、椅子にロール(役割)が分かれるものです。

一方の椅子には、もともと自分がそうであった(a)苦しめられている自分が置かれ、もう一方の椅子には、自分を(b)苦しめている自分が置かれるものです。

ところで、この時、(a)苦しめられている自分は、普段から自分にもなじみのある自分である場合が多いものです。「いつもの自分」というやつです。

一方、(b)苦しめている自分に関しては、普段から自分で「見たくない自分」「認めたくない自分」「自分であって欲しくない自分」であることが多いのです。それは、自分の要素として、在って欲しくない、居てほしくない、ネガティブな(陰性)な感情です。

それは、「批判的な自分」「意地悪な自分」「憎悪している自分」「激怒している自分」「悪意をもった自分」「冷酷な自分」「無力な自分」「怠惰な自分」などなどのネガティブな(陰性)感情です。

大概、人は、そんな自分の要素を「それは本当の私ではない」(一時の衝動ではあっても)という気持ちで、普段は「切り離してdisown」自分の外にはじき出しています。

それを見ないようにしています。それを認めないようにしています。

しかし、葛藤解決のワークにおいてはこの「認めたくない自分」が、もう一方の椅子に、しばしば現れて来ることとなるのです。実際にワークをしたことのない人は、恐ろしい事柄と思うかもしれません。

しかし、実は、この点こそがゲシュタルト療法の決定的なパワーの秘密なのです。

ワークの中で、このようなネガティブな(陰性)感情の自分が出て来た時は、次の事柄に留意して、ワークを行なうとグッと、快癒(統合)が進んでいくことになります。効果が出ます。

①素直に、それ自身になってみる。
②誇張して、表現してみる
の二点です。

①素直に、それ自身になる。

まずは、椅子に分けられた、ネガティブな(陰性)感情そのものに、誠実かつ正直に「素直に」なってみるということです。ワークのロールプレイは、安全な空間での実験(遊び)です。

そのため、恐れることは何もないのです。嫌なら、やめればいいだけですから。少し抵抗はあるでしょうが、まず試しに、「それ自身になって」みるのです。

そして、心を澄まして、深い部分で、その感情を真っ直ぐに、正直に味わってみるのです。体験してみるのです。表現してみるのです。

すると、多くの人が、「なーんだ。大したことなかった」と思います。

ネガティブな(陰性)感情を拒否している時は、その感情が非常に恐ろしい、悪魔的な感情に思えており、それに深く触れると、自分がコントロールを失うんじゃないかとか、自分がその感情に乗っ取られてしまうんじゃないかとか、自分がなくなっちゃうんじゃないかとか考えます。

しかし、いざ、そのネガティブな(陰性)感情に接触し、それを味わってみると、全然そのような、恐ろしいことが起こらないのに気づくのです。脅威でもないし、害になるものでもないのです。

素直な気持ちで、それを感じてみると、むしろ、その中にある核となる力強い要素(本性、能力)に気がつくのです。

その感情を拒否している間は、単に悪魔的な感情にしか思えなかったのに、いざその中に入って見ると、パワフルで能動的な(肯定的な)感情であったことに気がつくのです。ネガティブな(陰性)感情は、外と内では見え方がまったく違うのです。自分が拒絶していたために、悪に見えていたにすぎないのです。

「クローゼットの中の骸骨」という譬え話があります。クローゼットの中に、白骨死体があると思い込んでいて、怖くてクローゼットが開けられないのです。しかし、実際にクローゼットを開けて、中を見るとそこには何もないのです。しかし、実際に開けないことによって、恐ろしい妄想と恐怖は膨らむばかりです。

また、自分は泳げないと思い込んでいる人が、水に身を任せられないのも同じです。しかし、実際に水に身を任すと、誰もが浮いてしまうので、むしろ溺れることの方が例外的なことだと分かるのです。

解決方法は「実際に見ること」「実際に体験すること」なのです。

ネガティブな(陰性)感情もこれと同じです。実際に、それ自身になって内側から感じてみると、大したことがない(普通の感情)とわかるのです。

②誇張して、表現してみる

さて、そのネガティブな(陰性)感情を充分に味わえ出したら、それを外部に、表現することが、とても大きな効果につながります。大概の人は、自分から切り離していた自分のネガティブな(陰性)感情を、とても「恥ずかしいもの」「汚らしいもの」「悪いもの」と感じています。恥ずかしくて、外に表現できないと思っています。隠さなければならないと思っています。(そのことで、日々、疲れます)

実は全然、そんなことはないのにです。ネガティブな(陰性)感情を持つこと自体は、生物としていたって正常なことです。本能的なパワーです。

そのため、実際に、そのネガティブな(陰性)感情を外部に表現してみて、それが風景として、全然おかしなものではないと、普通のことだと確認することも、重要なこととなります。幻想(妄想)を吹き払い、グッと快癒を進めます。

また、その快癒をより推し進めるには、少し誇張するくらいに、そのネガティブな(陰性)感情を表現してみるのも良い方法です。

少し誇張するくらいに、思う存分そのネガティブな(陰性)感情を表現してみるのです。

このように、過度に表現してみても、問題ないじゃないかと自分の中で、確証が取れるからです。また、その表現を「意識的」に行なうため、気づきと統合の統御感が加わるからです。

そのことは、自分の中で手応えと、自信と確信を深めます。そして、実際にネガティブな(陰性)感情を表現していく中で、必ずその感情のより創造的な要素に気づき、より自分のパワーや才能として統合していくことが起こって来るのです。

批判的な気持ちは刺すような知性の現れだったり、激怒は圧政に対する純粋な抵抗(反抗心)の現れだったりと、その真の姿がわかるのです。

恐ろしい悪魔は、知的なジョーカーに変わり、激怒していた獰猛な虎は、健気なトラ猫だったとわかったりするのです。

さて以上、ワークにおけるネガティブな(陰性)感情の扱い方をみましたが、実際、ネガティブな(陰性)感情に気づきと意識を持って、コンタクト(接触)できる能力は、私たちの統合を深め、私たちを、パワフルにします。

キレて、怒りに乗っ取られるのではなく、「意識的に」怒れる能力は、私たちを積極的にします。一面的な見方で、ネガティブな(陰性)感情を排除すると、私たちは生命力の半分を排除することになります。

いわゆる「いい人」に、私たちは、どこかウソ臭さを感じます。それは、ネガティブな(陰性)感情が排除されていて、人格にどこか一面性や狭隘さ、欺瞞を感じさせるからです。怒りや憎しみも、素直な健康さの現れなのです。

また、表現について注意すべきポイントは、ネガティブな(陰性)感情は非常にパワフルですので、単なる発散的なカタルシスにしないということです。自分から解離した、エネルギーにしないで、そを自分の中に納めて、充分統合していくことです。

ゲシュタルト療法のワークは、普段、私たちがなかなか、上手にコンタクト(接触)や統御を行なえない、このネガティブな(陰性)感情に関わり、統合していく、創造的な機会となるのです。そして、この図式は、人類の普遍性としては、「英雄の旅」の神話が教えてくれている事柄でもあるのです。

 

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については、基礎から実践までをまとめた拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。
気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

▼▼▼【メルマガ登録】▼▼▼

無料オンラインセミナー、体験セミナー、イベント等々、各種情報をお送りしています。ぜひ、ご登録下さい! 

コチラ

↓動画「葛藤解決の方法Ⅱ ネガティブな感情の扱い方」

↓動画「ゲシュタルト療法 葛藤解決の方法」↓

動画エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅱ 葛藤解決」

↓動画解説 エンプティ・チェアの技法

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。