知りたい人のための自己啓発系学習ガイド コーチング、NLP(神経言語プログラミング)、スピリチュアル系…

ここでは、よくご質問をいただく、コーチング、NLP(神経言語プログラミング)、スピリチュアル系等について、それぞれどのような効果や適性、特徴や由来を持っているのかについてまとめてみました。
ぜひ、ご参考にしていただき、注意深く、ご自分にあった方法論を見つけていただければと思います。

【目次】
はじめに
①コーチング

②NLP(神経言語プログラミング)
③スピリチュアル系

はじめに

このガイドマップで取り上げた方法論は、心に関わる「自己啓発系」の方法論として、現在、日本である一定規模で広まっている方法論です。しかし、これらは、現代日本の文物のほとんどすべてがそうであるように、アメリカ由来のものとなっています。

1980年代以降、輸入品として、日本に持ち込まれたものとなっているわけです。そして、オリジナルの方法論自体が、(昔の日本の神仏習合がそうであったように)出自もさまざまなものをツギハギしてできた方法論でもあるのです。そのため、自分の目的に合わせてその内実を見きわめることが活用のポイントとなってきます。

これらは、方法論・技法の遠い起源としては、その昔、故吉福伸逸氏などが、トランスパーソナル心理学の紹介に際して、その前提とした1960年代の体験的心理療法(エンカウンター・グループ、ゲシュタルト療法、ボディワーク・セラピー)や、人間性回復運動human potential movementの諸方法論が起源となります。

しかし、より直接的な起源としては、それら心理療法の技法を、見よう見まねで表面的に模倣した商業セミナー(動機付けセミナー、ブレイクスルー・セミナー等)」がその起源といえます。それらが1970年代以降、雨後の筍のように沢山あったわけです。NLP(神経言語プログラミング)もそんな風土の中に生まれたのです。

また、1970年代以降、日本の企業研修に一部輸入され、あまりうまく機能しなかった「感受性訓練 sensitivity training」「Tグループ」などのグループを使うアプローチも、系統は違いますが同じ風景の中に存在していたのです。
「感受性訓練」の失敗は、日本企業の研修史(組織開発史)の中の「黒歴史」といっていいでしょう。本来、深いスキルと技量の要る方法論を安易にビジネスに転用した結果です。

上記、商業セミナーなどは、1980年代以降、日本でも「自己啓発セミナー」として輸入され、一部で社会問題となりました。

ところで、アメリカには元来、エマーソンの超越主義やニューソートなど、ある種の奇妙な精神主義(唯心論)の流れがありました。アメリカの大地の中で、聖霊主義的な新興宗教が芽吹きやすい土壌があったのかもしれません。そこに、神智学(オカルティズム)などヨーロッパ由来のものが習合して、「引き寄せの法則」などの奇妙な思想なども生まれていたわけです。これが後世、チャネリングなどのニューエイジ系の思潮にもつながっていったわけです。

このようなさまざまな方法論が習合してできた自己啓発系の方法論が、1980年代以降、日本に輸入されてきたわけです。そのため、ある種特有の「胡散臭さ」や「怪しさ」が最初からあるわけです。
よくネットでは、これらについて、「胡散臭い」「怪しい」と書かれていますが、実際それは当たっているのです。ある意味、充分に「胡散臭さくて」「怪しい」ものなのです。

実際、これらは、主宰しているスクールの質によって、玉石混交となっているので、質の見きわめが重要となります。一部の商業セミナーのように、故意に人をだますところは大分減ってはいるとは思いますが、本人たちの知識・技量や、何よりも心理的な成熟度の低さが、結果的にクライアントの方に害をなしてしまうということも多いからです。本人たちに自覚がない分、事態は深刻(悲惨)ともいえます。

そのため、これらの方法論から真摯に何かを得たいと考えている方は、その団体やスクールの人物チェックと、それぞれの方法論自体が、どのような効果や限界を持っているのか、その由来や特徴を理解しておくことが望ましいといえます。

①コーチング

コーチングは、クライアントの方の目標達成や、本当にやりたいことの実現をサポートする対人技法です。
達成したいゴールや向かう方向性へ、エネルギーをきちんと焦点化するために、クライアントが伴走役として付けるのがコーチです。
クライアントの意欲が高く、コーチとの対話が、相乗効果的に作用するとき、コーチングは大きな成果を生み出します。
クライアントの中に葛藤が多く、コーチに何かをあてにするようだと、コーチングは不完全燃焼に陥ります。
コーチングは、原理的にカウンセリングではないからです。
コーチングは、クライアントの「行動」にフォーカスしそれを変えるものであり、「心理構造(システム)」を変えるものではありません。
しかし、人間は行動習慣を変えていくと、心理習慣も変わっていきます。そこがコーチングが効果を出せる要件です。
深い意欲を引き出し、意欲と目標と結び付け、エネルギーを目標に方向づけていく。
その方向づけと行動を習慣化していくと、クライアントは心理習慣が変わり、成果を出していくことになります。
そのことをサポートしていくのがコーチングです。

コーチングは、適応範囲が決まった方法論であり、どういう場合にコーチングが大きな効果を発揮するのかを、その要点をよく知っておくことが、コーチングを創造的に活かすポイントとなります。
また、ビジネス的な数値目標を達成するのか、その人の人生の深い願いを達成するのか、クライアントのどのような面をサポートするのかは、コースを主催する各団体によってもフォーカスや考え方が変わってきます。

表面的には、ビジネス・コーチングと、ライフ・コーチングの区分けですが、本質的には、クライアントへの関わり方の違いになりますので、その性質の違いについても、ご自分の感覚で理解しておくことが望ましいといえます。
各団体が何を大切にしているのか、その傾向性をつかんで、自分のやりたいタイプのコーチングを選んでいくとよいのです。
また、私たち自身も、人生の時々で、焦点を当てたいテーマは変わってくるので、さまざまなコーチングを学んでおくことも悪くはありません。

コーチングは、クライアントの意欲や動機付けを高めるために、相手の感情的な側面に、関わる技法ではありますが、基本的には、通常の精神的健康度をもった人が、対象の方法論です。
軽度に調子の悪い人に、多少カウンセリング的に関わりますが、強い不調を持つ人は、対象としません。目標達成の効果を出すこともできないからです。

また、相手の日常意識を対象としており、心理療法のように、相手の深層心理や潜在意識に、直接的に介入していくようなこともしません。
あくまで、日常意識の水準で、現実的な結果に、着地することを狙った方法論です。
このあたりの範囲を確定しておかないと、クライアントも混乱するし、効果もうまく出せないので、注意が必要です。
この点において、扱いの範囲を明確にしておくことが、セッションを実りあるものにするのに、重要なこととなっています。

②NLP 神経言語プログラミング

NLP(神経言語プログラミング Neuro-Linguistic Programming )は、別に一章とっているので詳細はそちらに譲ります。

NLP(神経言語プログラミング Neuro-Linguistic Programming )は、リチャード・バンドラー博士とジョン・グリンダー博士によって創始された能力開発技法です。バンドラー博士は専攻は数学ですが、ゲシュタルト療法のパールズの、ワークショップ逐語録作成なども手伝っていたのでその界隈にいたのでしょう。NLPの最初の本は、ダブル・バインド理論で有名な思想家グレゴリー・ベイトソンに序文をもらっています。

NLPは、さまざまな体験的心理療法のある要素を抽出して作った簡易ツールといえるものです。よく、ネットなどでは、NLPは「効果ない」「効かない」と書かれていますが、実際、本物の体験的心理療法ゲシュタルト療法ほどには、(心理構造に)変化を起こす効果はありません。そういう意味ではあまり効かないのです。表層的な知覚作用に軽度な影響をもたらすのが、NLPの作用の基本だからです。使う場面(時/心理状態)を選ぶものであり、施術者の元々持っているスキル(技量)にもよるのです。

そのため、普通の人がパッとお手軽にNLPの資格をとって、そこで習った内容単体で、すぐに何かに使えるかというとそれは疑問です。
心理療法を詳しく知る人(心の構造変化の仕組みを知る人)が、セッションの中で部分的・応用的に使うならいろいろと使い道はあると思います。

そこでは、そのNLP技法の作用原理を見抜けていることがポイントとなります。
しかし、一般の人にはそれはナカナカ難しいことといえます。

応用的で補助的ツールというのが、NLPの基本です。
これがあたかも、単体で万能薬のように喧伝されて売り出されているところに(道義上の)問題があるともいえます。

一方、たとえばコーチングのセッションの中で、クライアントにちょっと気づきや視点転換を得てもらう補助的ツールとして使うというのであれば、それは効果的な使用法といえます。

総括すれば、すでに核になる何かを学んでいる方が、プラスアルファの参考にするというのであれば、NLPはさまざまな面で役に立つツール集になると思われます。

とりあえず、NLPの資格をとったものの、特に利用もできずに戸惑っているという人は、体験的心理療法ゲシュタルト療法、コーチングなど関連のものを学んでみて、別の角度からNLPを見ていくと、その使い方も見えてくるかもしれません。

③スピリチュアル系

「精神世界」というコーナーが、書店の棚にできて、メジャーになりはじめたのは1980年代終盤、チャネリングのバシャール関係の本が出はじめた頃からです。

宝島社の別冊シリーズに『精神世界マップ』(1980年)があり、このワードに広まりに貢献しましたが、この本は、前記の故吉福伸逸氏が編集したものです。本の内容的には、トランスパーソナル心理学の前史となるようなアメリカ西海岸の体験的心理療法やカウンター・カルチャー(反文化)の文物を多面的にとらえたものとなっています。一部、その反文化的文脈で再評価されていた神秘的思想家も含んでいますが、今現在、私たちが「精神世界」としてイメージするような、フワッとした空想的な世界とはほど遠いものです。濃厚でサイケデリック(意識拡張的)、むしろ土臭い感じさえします。

日本における、この「精神世界」というワードが示す内容の変遷を知ることで、これらの方法論に対する批評的なアプローチ法も見えてきます。
後の時代の対談で、中沢新一氏に「なんで、精神世界なんて言葉にしたのか」と問われた吉福氏は「自分が選んだ言葉ではない」と答えていました。出版当時に、そのあたりのズレがすでに存在していたのかもしれません。そして、時代の流れの中で、そのズレと解離はどんどん大きくなっていったように思われます。その末路が、現在私たちが目撃する風景となっているわけです。

ところで、アメリカでは、上記のようなカウンター・カルチャーの文脈の中に、すでに有名な『奇蹟のコース』や『セス・ブック』といった初期のチャネリング作品が現れていて議論の対象となっていたものでした。そのとらえ方についてもさまざまな興味深い視点(立場)が出ていました。
ひとつの視点は当然(真正直に)、チャネリングしたソースについて問うものです。その内容が、本人たちが言うように、「宇宙の意識体」からやって来たのか、それとも「本人の心理的な無意識・潜在意識」からやって来たものなのかということです。しかし、これは当然、誰にもわかるわけがありません。考えるだけ無駄というものです。

しかし、別の視点(立場)はずっと実践的です。つまり、その由来を問うのではなく、内容そのもの、アウトプットの質を見きわめようという立場です。
たとえ、本人の無意識・潜在意識から来たものだとしても、もし内容自体が高度であれば、普通の思想や本と同じように評価できるというスタンスです。
このようなスタンスは、怪しげな本を評価するのに、公正なスタンスといえます。どんな高次存在からのチャネリングを喧伝していても、内容的に貧しければ、それだけのものでしかないということだからです。
実際、現代のほとんどチャネリング書籍が、先行文献の劣化したコピーのような内容でしかないというのは興味深いことです。これは、商業セミナーが、オリジナルの体験的心理療法の劣化したコピーであるのと似た現象です。
本人たちが、無意識的に行なっているのか、意識的・詐欺的に行なっているのかはわかりませんが、結果としては、そのような事態になっているわけです。
それは、現代のニューエイジの思想が、もともとのカウンター・カルチャーの持っていた実践的方法論の劣化コピーのような姿を呈しているのと同様の風景ともいえるのです。

◆スピリチュアルとサイキック

ところで、日本においては「スピリチュアル」という言葉に、非常に幅広い意味を持たせて、適当に流通させているので混乱を生んでいるようにも思われます。クライアントの方でも混乱している方がいるので、そのあたりについて少し整理してみたいと思います。

さて、現代日本で「スピリチュアル」とひとまとめに言われている雑多な内容について、筆者は便宜的に、次のような言葉と概念の区分けを行なっています(上の図のような座標軸を設けています)。

⑴スピリチュアル(精神性・霊性) ……例:「日本的霊性」(鈴木大拙)等
⑵サイキック(超能力) 

本来的な意味でいえば、スピリチュアル、スピリチュリティーとは、精神性、精神的な価値性のことであり、何か特殊な能力とは関係ありません。
一方、サイキックとは、単なる知覚的能力の拡張であり、その自体では精神性や精神的な価値性とは何の関係もありません。単なる知覚能力です。
スピリチュアルとサイキックは、本来は、直接的には何の関係もないのです。別の軸なのです。

日本では、この2つの軸が、スピリチュアルという一つの言葉の中にごった煮で放り込まれているので混乱が生じてしまっているのだといえます(俗耳に媚びるテレビでの取り上げ方によって、心霊主義という意味でのスピリチュアルがひろまったわけです)。

たとえば、おそらく、マハトマ・ガンディーやマザー・テレサは、とてもスピリチュアル(精神的・霊性的)な人ですが、全然、サイキックではありません。
一方、サイキック能力を持っているけど、全然、スピリチュアル(精神的・霊性的)ではないという人は山ほどいます。おそらく、そういう人の方が多いでしょう。
この2つは、直接的には、何の関係もないからです。

後者の人たちが、「スピリチュアル」と称して、他人に確証のとれない内容を吹聴して、人をだましたり金儲けをしているので問題となっているわけです。図式だけを見れば、新興宗教やカルトの構造と大して変わらないわけです。
昔、流行ったいわゆる「引き寄せの法則」なども、中身はスピリチュアル(精神的・霊性的)なものではなく、単なるサイキックなものです。それも19世紀来の伝統的(魔術的)なものとなっています。

このような区分けをしていくことで、誤った価値づけを回避していくことができます。
(もし、自称スピリチュアルな人に、変なことを言われて気になるようでしたら、上記チャネリング文献のところで触れたように、「その話の内容(アウトプット)の質が高いものであるかどうか」を評価してみてください)

ところで、サイキック能力とは、単なる知覚力の拡張です。それがなぜ、スピリチュアルなものと混同されるかといえば、それは単に「情報量」の問題といえます。私たちの誰もがこの手の能力を潜在能力としては持っているのですが、ある種サイキック状態においては、情報量が圧倒的(爆発的)に増えるので、総量の問題としてスピリチュアル(精神的)な情報も一部混じり込むからです。ただそれだけのことといえます。しかし、その中には真にスピリチュアル(精神的)なものは砂金のようにわずかしかないのです。

そのため、むしろ、本来はそうなればこそ、膨大な情報を適切に濾過(フィルタリング)する必要も生ずるのです。
この濾過をするフィルターが、本人の能力、心理的な統合(成熟)の力やその度合いです。
本人の心理的統合(成熟)が充分でないと、本人の未解決の感情が、そのままゆがんだ形で投影的に現れてしまうからです。
世間のいわゆるスピリチュアル系が、一般に幼稚なものが多いのは、前提となる心理的統合(成熟)がなされていないものがほとんどだからです。
(このことが本人の進歩を遅滞させるだけならまだよいのですが、大概まわりの人々に害を与えているのが現状といえます)
伝統的なシャーマニズムや禅では、このことの危険性を昔から指摘していました。
聖なるパイプの喩え(メタファー)  エネルギーの流動と組織化

つまり、サイキック能力を有益なもの(真にスピリチュアルなもの)にするには、前提となる最低限の心理的統合(成熟)が必須であるというわけなのです。
これは、トランスパーソナル心理学のウィルバーが指摘していた「前個(プレパーソナル)と超個(トランスパーソナル)の区別」というテーマでもあります。
充分な心理的統合(発達)=「個の確立」を経ていないものは、超個(トランスパーソナル)ではなく、単なる前個(プレパーソナル)でしかないということです。
ウィルバーがこのことを強調したのも、前述のように成長を止めて(幼稚な発達段階に固着して)、問題を起す人々も多いからです。

また、歴史的に見てみると、「神通力」という言葉があるように、またキリストなどの奇蹟の事例があるように、一般にサイキックに、スピリチュアルなイメージがついてしまっているということもあります。オウム真理教の最初の集客(動員)も、空中浮遊というサイキック現象によるものでした。冷静に考えればわかるように、たとえ、仮に空中浮遊ができたとしても、それ自体はスピリチュアルな事柄とは何の関係もないのにです。
また、禅などでは、そういうサイキックな事態を「魔境」と呼んで回避することを勧めています。それらは修行の過程でごく普通に現れてくる付随現象であると見なしていて、そのような落とし穴を警戒するように促しているのです。

ところで、サイキック能力自体は、体験的心理療法の現場では、わりと普通に現れる(ありきたりな)事柄であり、取り立てて特別な事ではありません。ただ現代科学で説明できないだけのことであり、言い方を変えれば現代科学の水準が低いというだけのことです。超長期的に見れば、必ず何らかの解明がなされるでしょう。それはそれとして、余計な価値を含めずに眺めていればよいだけのことなのです。

まとめると、「スピリチュアル」を喧伝してる流派があったなら、その流派がスピリチュアルやサイキックについて、どのような区分や自覚 awareness、価値観を持っているのかを、よく見極めていくことが、騙されないためのスタンスになると思われます。