ゲシュタルト gestalt とは何か

ゲシュタルト療法は、その名の通り「ゲシュタルト心理学」から多くのアイディアを得ております。ここでは、その関連で、ゲシュタルト療法が「ゲシュタルト」という概念を重視する意味を解説したいと思います。

「ゲシュタルト」とはドイツ語で、「形/形態」を意味し、分割できない「固有の形」「ひとまとまりの形」を指しています。

たとえば、友人の「顔」を思い出してみて下さい。
それは全体として、一つのその人の顔です。つまり、固有の形です。
私たちは、その人の「顔」を、目や耳などの部分の集合(寄せ集め)ではなく、ひとまとまりの固有の「かたち」「その人の顔」として認知しています。部分の積み上げではないユニークなその自体の形です。それが「ゲシュタルト」というものです。

生物(人間)は、このゲシュタルトの単位で、欲求(感情)の志向性というものを持ちます。ゲシュタルトの単位でその欲求(感情)を充たす(完了する)ことを目指すのです。

さて、ゲシュタルト療法では、人間がもつ「ゲシュタルト」としての欲求指向に注目します。欲求充足の完了性(完結性)を重視するのです。フリッツ・パールズが、英語には対応語のないゲシュタルトというドイツ語にこだわったのには理由があるのです。

ところで、ゲシュタルト心理学では、ゲシュタルトの構造に「図と地 figure and ground」の1つの組み(セット)を考えます。

「図 figure」は前景、「地 ground」は背景です。

このセットにより、ゲシュタルトが形成されます。
漠然としたぼんやりした情報(背景)の中から、「対象=図」(前景)をとらえるのです。

下に有名な「ルービンの杯」の図があります。この図が意味しているのは、私たちが気づき、選択する「図と地」の関係です。
私たちが真ん中の白い杯を「図」にすると、両脇の黒い人の横顔は背景(地)となり見えなくなります。
一方、両脇の黒い人の横顔を「図」にすると、真ん中の白い杯は背景(地)となり見えなくなります。通常、生体は、欲求の緊急性や必要性に従って、知覚の自動的な選択によって世界からこのゲシュタルトを構成しているのです。
ゲシュタルト療法ではこのような知見を、セラピーの実践において利用していくことになるのです。

私たちの「体験」というものも、ゲシュタルトの構造のように存在しています。
体験というものは代替不可能です。その体験しかないからです。そして、ゲシュタルトのように固有の体験としての輪郭(図)やその背景(地)を、私たちのうちに持っているのです。
ゲシュタルト療法ではこの性質を利用して、セラピーの作業を行なっていくのです。