NLP「学習進化の5段階モデル」 なぜ、優れたプレイヤーが良いコーチになるとは限らないのか

さて、コーチングでもセラピーでも、スポーツでも、芸事や技能を学び、そのスキルを高めていくプロセスには、或る共通したパターンがあります。

NLP(神経言語プログラミング)の中では、そのような学習進化のプロセスについて、5段階の発展モデルが知られています。

つまり、人は、何かのスキルを高めていく時、以下のようなプロセスをたどって、その能力を高めていくというのです。

①第1段階「無意識的無能」  …何も知らない。
②第2段階「意識的無能」   …意識してもできない。
③第3段階「意識的有能」   …意識すればできる。
④第4段階「無意識的有能」  …意識しなくてもできる。
⑤第5段階「無意識的有能に対して意識的有能」 …他人に秘訣を教えることができる。

これは、たとえば、楽器の演奏など、何か芸事を学ぶプロセスをイメージすると分かりやすいでしょう。

①第1段階「無意識的無能」 …何も知らない。

第1段階は、そもそも学ぶ対象が無い状態です。そこでは、私たちは、何も不足することなく、安穏としています。しかし、成長するということもありません。

 

②第2段階「意識的無能」 …意識してもできない。

第2段階は、何か学ぶ対象ができて、それを学びはじめた当初の段階です。頭で考えて、意識的に努力していてもかなか上手くできないという段階です。

主観的には、一番つらい時期です。苦心惨憺しても、失敗ばかりが続くからです。ここで、多くの人は、学ぶことを断念してしまいます。挫折してしまいます。しかし、この状態をめげずに続けていくと、次の状態がやって来ます。

 

③第3段階「意識的有能」…意識すればできる。

第3段階は、「意識すれば、なんとかできる」ようになるという段階です。まだまだ、注意深くやらないと上手くできませんが、頑張って、気を弛めないでやると何とかやれるという段階です。

この状態を続けていくと、段々と「慣れて」きて、少し気を弛めても、なんとかできるようになってきます。つまり、「意識しなくても」できるようになってくるのです。

 

④第4段階「無意識的有能」 …意識しなくてもできる。

第4段階は、意識しなくても、できるという段階です。「無意識的に」それを行なえる状態です。

つまり、からだ(身体、肉体)に、その技能の感覚が落ちていて、(腑に落ちていて)努力や意識の感覚無く、楽にそれが行なえる状態です。

一通り、それが、「できる」と、人にいえる状態になったわけです。

ところで、ここに岐路(分かれ道)があります。この段階で、自分は、もう充分に「できた」と思い、そのやり方を、その後も繰り返していくだけの人の能力は、その技の水準で止まります。

一方、今の「できる」状態を、限定的なものと考えて、他のやり方(新しいやり方)を習得しようとする人もいます。より高みを目指すわけです。その人は、新しいやり方については、再び、第2段階「意識的無能」に戻ってしまいます。

せっかく、ラクしてできるようになったのに、また、辛い状態が戻ってしまうのです。しかし、この状態を乗り越えて、第3段階、第4段階へと進んだとき、この人のその能力の全体は、元々の能力を倍増させたような、爆発的な進化を遂げることになるのです。

そのように、ある能力について、その学習パターンを知り、「意図的に」学習を進めることは、私たちの能力を、 限りなく高めていくことになるのです。

そのため、このような学習パターンを知っておくことは、他のやり方(新しいやり方)を試すときに感じる、つらさを乗り越える動機づけをつくるためにも、重要なことであるのです。

 

⑤第5段階「無意識的有能に対して意識的有能」…他人に秘訣を教えることができる。

第5段階は、少しメタ(上)・レベルに位置する段階であり、①~④の学習進化の、単純な延長上に来るものではありません。

第5段階は、自分が①~④「無意識的」に習得した事柄を、意識化して、言語化できる能力です。

自分が無意識で知っていることを、意識化して、言葉で説明できる能力です。これは、ワンランク高い、メタ・レベルの能力に属します。ここにきて、学習は、第5段階に達したといえます。無意識的プロセスの一部が、意識化され、対象化して取り出せるようになったのです。

ただ、この第5段階になるには、第4段階の修得を徹底的に突き詰める必要があります。第4段階の技が飽きるほど「情報的余剰」になった時、第5段階が得られるようになってくるのです。

第5段階は、さまざまな事柄が、意識的にコントロール可能になったパワフルな状態です。通常のハイ・パフォーマンスを生み出すには、①~④の学習進化だけでも充分とはいえます。しかし、そのコツを人に教えるには、学習プロセスが、第5段階に達している必要があります。

現役時代のパフォーマンスが素晴らしくとも、人に教えるコーチとしては、優れていないという人も、多々います。そのような人は、この第5段階の学習に、不足しているところがあるということなのです。そして、私たちが、自分の経験と能力をさらに深く知り、それを取り出していて、他人に説明したり、創造的に活用したりするのに、この第5段階の学習は、決定的に必要なものなのです。そして、この段階に達すると、私たちは、今までの自分の学習の旅路が何であったのかについて、深い統合感をもって納得することができるのです。そして、また、他者の創造性や、天才的能力の秘密を理解し、それを意図的に、能動的に把握するにも、この第5段階からのメタ・レベル的な洞察がとても重要になるものなのです。

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた解説、拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧ください。
気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については、
拙著
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

動画解説 学習の五段階モデル