5層1核 感情表現(表出)の階層性

ゲシュタルト療法では、俗に「5層1核」(五層一核)と呼ばれる、感情表現(表出)の階層性についての理論(モデル)があります。
理論といっても、これはセッションの実地経験から得られた知見(傾向性)であり、必ずしもメカニズムを解説したものではありません。そのため、パールズ自身によっても、生涯の時期により、その区分が違っていたりもします。
しかし、この階層性は、実際のワーク(セッション)の中では、決定的に重要な要素になっており、この理解が、形だけの浅いゲシュタルト療法か、真に深いゲシュタルト療法(変容体験)かを、区別するものともなっているのです。

ところで、私たちは、普段、生活していて、これが「本物の自分だ」と感じるような深い深い感情表出をすることはありりありません。
また、人生の中で数えてみても、「腹の底から、本当に深い自己開示した」などという経験はあまりないでしょう。

しかし、ゲシュタルト療法のワークの中では、しばしばそのようなことが起きてきますし、大小強弱の違いはあれ、それが必須のことでもあるのです。
その際の、感情表現(表出)のグラデーションを表したものが、この「5層1核」のモデルとなっています。

①決まり文句の層 cliché layer
②役割演技の層 role-playing layer 
③行き詰まりの層 impasse layer
④内破(爆縮)の層 implosive layer
⑤外破(爆発)の層 explosive layer
そして、
「本物の自己 authentic」です。

「本物の自己 authentic」において、自然で、自発的な感情の存在(核)があるとするならば、その外延にさまざまな感情表現の層があるということです。
これは、ワーク(セッション)の中での感情の深まりや表出として体験されるものです。

図の①の「決まり文句の層」が、一番浅い感情の層です。私たちの社会生活の多くが、日常生活の「決まり文句 cliché 」で埋め尽くされています。ワークにおいても、序盤は、日常的な会話からスタートします。

②の「役割演技の層」は、そこよりも少し深い層です。この「役 role 」は、社会的な役割というわかりやすい面もありますが、ここでいう「役 role 」は、もう一歩深いところにある、私たちが知らずにそれを演じている、私たちの分裂した自我状態のことです。
パールズは、アンダードッグ(負け犬)とトップドッグ(勝者)も「役 role 」だと指摘しています。
ワークにおいては、深まるにしたがって、葛藤状態にあるさまざまな分裂した自我状態が現れてきます。

③の行き詰まりの層」は、そんな「役 role 」を演ずることが、できなくなった時に現れてくる状態です。
私たちは日常で、俗に「頭が真っ白になる」ということを経験します。急に何かをむちゃぶりされて、対応できなくなった時にです。これは、私たちが無自覚に演じている「役 role 」を演じられなくなり、オペレーションがフリーズした時に起こる現象です。
ワーク(セッション)においても、例えば、葛藤状態にあるアンダードッグ(負け犬)とトップドッグ(勝者)を深い感情レベルでどんどん感情表出し尽くしていくと、だんだんとそれまでのアンダードッグ(負け犬)とトップドッグ(勝者)ではいられなくなってきます。それぞれの自我状態に変容が起こりはじめ、放出感や解放感はあるものの、よくわからない感覚になったり、混乱したり、ぼおっとしたり、行き詰まったりする場面に逢着することがあります。
これは、既存の自我状態(アンダードッグ(負け犬)とトップドッグ(勝者))が解放の果てに崩れはじめたために起こっている状態です。そして、これは、分裂した自我状態が、解体から統合へと向かうプロセスでもあるのです。
このプロセスは、エンプティ・チェアの技法の解説でも記したように、分裂した(不自然な)自我状態が、充分な感情(欲求)表出を得たことで起こってくる自然な変容(解体と統合)のプロセスでもあるのです。
しかし、私たちが同一化している個々の自我状態にとっては、自己の解体と混乱、行き詰まり impasse として体験されてくるものなので、この層を「死の層」と呼んでいた時期もありました。
そのため、この「死の層」「行き詰まりの層」こそが、或る意味、ワークで一番重要な場面ともいえるものです。
エンプティ・チェアの技法においても、世間でよく見られるような、知的な対話・整理された対話をいくら続けていても、それは視点や思考の整理にはなりますが、既存の自我状態の分裂を再現(再演)していることにしかなりません。
既存の自我状態の溶解に進んで、はじめて分裂の統合は行なえるのです。
シャーマニズムの極意は、「その場にとどまり続けることだ」と言われますが、これはワークにおいても同様のことなのです。
そして、この「行き詰まりの層」に充分にとどまることで、次の変容展開が起こってくるのです。
ですので、この層は「行き詰まりの層」とは呼ばれるものの、実は、創造的混乱の層でもあるのです。

④の「内破(爆縮)の層」は、「行き詰まりの層」を充分に深めると、その層を抜けることによって、自然に現れてくる層です。ちなみに、「行き詰まりの層」を充分に深められないと、「役割演技の層」に戻ってしまいます。対話(おしゃべり)が延々と終わらないエンプティ・チェアというものは、「役割演技の層」から先に一歩も進めていないワークであるのです。
さて、ところで、「内破(爆縮)の層」は、さらにその先にある「外破(爆発)の層」への抵抗、葛藤として作られた層ともいえます。パールズは、内部の爆発から自分を保護している、筋肉の持つ「内破(爆縮)」の働きについて指摘しています。
この層では、内部の(原抑圧していたナマの)感情が出てくることへの深い怖れ、衝動の強さ、緊張が渾然一体となって、硬直的、緊張症的、麻痺した感じが、強く感じられます。しかし、その内部の圧迫を感じているということは、次の層の力がすでにあるということなのです。この層の状態を感じていると、溢れるように、自然に次の⑤「外破(爆発)の層」に移行していくのです。
この層には、自己の深い感情、剥き出しの感情が出てしまうことへの強い怖れが含まれています。そして、この怖れ(禁忌)を強く抑圧した結果として(習慣的な硬化により)「行き詰まりの層」がバッファーとしてつくられ、その上に、私たちの「役割」の仮面が乗っかって、普段の私たちの人格ができたというのが、おそらく、私たちの人格の来歴なのです。
ですので、逆にいうと、通常の私たちが、「行き詰まりの層」に触れたがらない(行きたがらない)というのは、その底にある感情の爆発への怖れを考えると
当然といえば当然であると言えるのです。

⑤の「外破(爆発)の層」は、「内破(爆縮)の層」にとどまっていると自然現れてくる深い感情表出です。
パールズは、ここでは、深い悲しみ、怒り、歓び、オーガスムが現れてくると言います。
原抑圧にあった深い感情の爆発なので、その感情の質は、私たちが大人になってから経験する、自我を通した感情というよりも、腹の底からの、子どもの頃の剥き出しの感情そのものといった感じになります。
嗚咽するような号泣だったり、深い悲しみへの慟哭だったり、噴火するような激怒だったりといったものが体験されることになるのです。特に最初に触れた際の起爆力ととても大きなものになります。
「子どもの時以来、久しくこんな泣き方をしたことがなかった」という言葉は、クライアントの方からよく聞くフレーズです。

そして、そのような感情解放の後に、自然で、自発的で、囚われのない自由な「本物の自己 authentic」が体験されていくことになるのです。

以上が、「5層1核」と呼ばれている感情表出の階層性になります。
毎回、ワークの度ごとに、ここで描いた最終的な層(感情爆発)までの深い表出が行なわれたり、深い次元に入り込むというわけではありませんが、通常の感情表出よりかは深い次元に触れられたという実感が、ワークの達成のひとつの指標ではあります。
特に、③の行き詰まりの層」の重要さは、あまり理解されていない面もあるのですが、ワークを行なう上での、とても大切なポイントとなっているのです。

 

「爆縮(内破) implosion 」と「爆発(外破) explosion

※ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。

↓動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。