キース・ジャレットの覚醒と熱望 グルジェフィアンの面影

さて、別のところで、神秘的な思想家 G・I・グルジェフのいう自己想起 self-rememberingを取り上げ、気づき awarenessとそのあるべき姿について考えてみました。
気づき awarenessと自己想起 self-remembering

今回は、その続きで気づき awarenessや自己想起 self-remembering、覚醒 awakenessについて少し見ていきたいと思います。

ところで、グルジェフ Gurdjieff については、ミュージシャンの中に信奉者が多いのですが、特にピアニストのキース・ジャレットや、キング・クリムゾンのロバート・フリップなど、即興演奏を重視するミュージシャンにその信奉者が多いことは注目すべきことでもあります。

実は、それは、即興表現というものに内在した必然的な事態であるとも考えられるからです。

さて、ところで、世の優れた即興演奏の中には、あたかも、その演奏(音楽)が、慣性的な時間に逆らい、時間の流れに逆行して、「今ここ」の空間を切り拓き、時空を創出するかのような印象を受けるものがあります。

その音楽の中で、私たちは、時間の水平的な流れに対して(私たちは普段それに流されているわけですが)あたかも、その上に立つかのように、「垂直的な在り方」をするかのようにも感じられたりするものです。

存在(時間)を対象化する「存在論的な印象」を受けるのです。

存在論的な感覚も、存在に対して、あたかもその上位に立つかのようなメタ的で意識的な、「垂直的な」印象を与えるものだからです。

かつて、批評家の間章が、エリック・ドルフィー Eric Dolphyに感じ取ったのも、おそらくそのような垂直的な印象だと推察されるのです。

ドルフィーの軽やかさは、反慣性的で反重力的な性質のものです。

そして、これは、自己想起 self-rememberingの持つ覚醒感 awakenessと、即興演奏とのある種の親和性でもあるのです。

今回は、そのような親和性を明確な方法論として位置づけているキース・ジャレット Keith Jarrettの言葉を引いてこの内実を見ていきたいと思います。

その著書『インナービューズ』(山下邦彦訳、太田出版)における彼の言葉はとても示唆に富んでいます。

そこで、ジャレットは、気づきや覚醒、熱望(欲望)、演奏や経験について大変興味深い考えや洞察を数々示しているのです。それは彼が、上記のようなことについて意識的であったことをうかがわせるものでもあるのです。

そこで、彼が語っている覚醒 awakenessというのは、当然、グルジェフのいう自己想起 self-rememberingに近い存在論的な状態のことを指していると思われます。

それは、前回引いたタート博士の言葉によれば、「ある種の透明さ」「その瞬間の現実により敏感で、より存在しているという感じ」としても表現されているようなものです。

「人々が『感じること、見ること、聞くこと』を初めて試みる時、彼らは、しばしば、ある種の微妙な透明さ―その瞬間の現実により敏感で、より存在しているという感じ―を体験する。それは、合意的意識では味わうことができず、また、事実、言葉では適切に述べることができない、そういう種類の透明さである」(タート『覚醒のメカニズム』〔原題:waking up〕吉田豊訳、コスモス・ライブラリー)

さて、キース・ジャレットは語ります。

「実は、ぼく自身、自分のことを音楽家だというふうには、考えていない。どういうことかって言うと、ぼくは自分の演奏を聴いていてほんとうは音楽が問題なのではないということがよくわかるんだ。ぼくにとって、音楽というのは、目覚めた状態、覚醒したawake状態に自分を置き、その知覚、意識 awareness、覚醒 awakenessを認知し続けることにかかわったものなんだ」

「ぼくにとって、音楽のすべての形式は、それ自体は、なんの意味もない。その音楽を演奏している人間が覚醒した状態にいるからこそ(仮面の表情の奥で覚醒しているからこそ)、その音楽は意味を持ってくるんだ。演奏している人間が覚醒しているなら、その人間の演奏するあらゆる音楽が重要になってくる。この覚醒こそ、最も重要なものなんだ」

「自分を覚醒した状態にするためのひとつの方法は、できるだけ自然のままので、自発的な状態でいることだ。きみが自発的な状態でいれば、自分のくだらないアイディアと良いアイディアの区別がよく聞こえてくる。なにもかも準備した状態では、そのような経験を持つことはけっしてないだろう」

「ぼくにとって、“欲望(want)”というのは、覚醒した状態、目覚めた状態にいることであり、きれいな音を出すとか、耳に心地よい快適な音を出すとかということではない」

「ミニマリズムによって弾かれる1音と、覚醒した状態にある誰かによって弾かれる1音との間には、信じられないほどの違いがある。覚醒した状態にある人間は、眠った状態におちいりたくない。かれはそのひとつの音を、可能な限りのあらゆる方法で弾いて、覚醒した状態を持続するよう努力するだろう。この時彼は、聴衆から緊張を取り除こうとしているのではない。むしろ、緊張の存在に気がつくようにしているのだ」

「とにかく、彼は音楽を聞くためにやって来たのだから、ぼくは音楽で対処する。『きみにはある期待がある』これはぼくが彼に語りかけているわけ。『きみは期待している。しかし、その期待は過去にもとづいているもので、現在にもとづいたものではない。きみがそういう期待をもっていることを否定はしない。 でもぼくは期待以上のものをあげよう。きみに“ 今”をあげよう。きみが自分の期待をのぞきこむことのできる鏡をあげよう』」

「こういったことが、ぼく自身、自分のことを音楽家だというふうには、考えていないという理由なんだ。(たとえばトリックのようなものは)音楽上の興味としてはあるかもしれない。しかし、人生はまた別のものだ。ぼくはなんとかその中間に位置したいと思っている。ぼくはたしかに音楽をやっているけれど、それは音楽的理由だけのためにやっているのではない、ということなんだ。でも、ぼくはこういうことを教えようとしているのではない。経験しようとしているんだ。この経験こそが、コミュニケーションだ」

「自分が何を弾いているのかということもたしかに重要だけれど、もっと重要なことは、『これはどこから来ているのか?』『今、こう弾きたいという衝動はどこから来たのか?』ということだ」(前掲書)

さて、以上、キース・ジャレットの言葉を見てみましたが、通常の音楽家とは、演奏に求めている事柄が少し違うことが分かるかと思われます。

また、グルジェフについても、決して生半可な理解で言及しているのではないことも分かります。

そして、このような彼の言葉が、彼の音楽を聴くに際して、(多くの場合そうであるように)邪魔にならないばかりか、かえって覚醒的 awakenessなものにするという点も興味深いことであるのです。

 

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた解説、拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧ください。

気づきや変容、変性意識状態(ASC)を含むより総合的な方法論については、
拙著
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。