エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅰ

「エンプティ・チェアの技法」は、心理療法の世界においては、ゲシュタルト療法といえば、すぐにエンプティ・チェアの技法が想起されるほどに、ゲシュタルト療法のイメージとなっているものです。

また、現在では、カウンセリングやコーチングなどでも、テクニックとして広く取り入れられたりもしています。

しかし、この技法の持つ本当の意味合い(原理)が理解されていない面が多いようですので、ここでは、私たちの心理的構造から、その原理・働き方や実践法を解説していきたいと思います。

そして、この構造的な原理を知ることで、エンプティ・チェアの技法の真の使い方ができるようになり、通常の私たちの想定をはるかに超えた領域まで、応用的に使っていくことができるものになるのです。

ところで、エンプティ・チェアの技法は、セッションの中の、さまざまな場面において、利用でき、効果を発揮するものとなっています。一番、多く使用される方法は、誰か実在の人物を、エンプティ・チェアに置いてみて、(そこに居ると仮定して)その人物に、語りかけ、伝いたいことを伝えるというものです。また、相手になってみて、その気持ちを探ってみるという、形のものです。では、この手法の、原理的な意味を少し見ていきましょう。

①原理

さて、心理学、特にフロイトの精神分析では「投影 projection」といえば、自分が心理的に抑圧したもの=自分のものと認めたくないものを、相手(外部の世界)に投げ込む防衛機制を指しています。

「あの人はなんかすごく嫌な人」「あの人はすごく悪い人」という場合、私たちの内にある受け入れたくない要素、認めたくない要素(自分の感情)を、相手に投影しているわけです。「あんな邪悪な感情を持っているのは、あの人だ!」「自分は、あんな邪悪な感情はまったく持っていない!」となっているわけです。

そのことで、自分のセルフ・イメージが守られるわけです。しかし、そのようにニセの制限的な自己像を持つことで、さまざまな対人関係の苦痛や生きづらさも生まれてしまっているわけです。

ところで、そこまで限定しなくとも、私たちが一般に、他人や外部の世界をとらえようする時は、無意識的に、自分の心的内容(欲求)を外部の世界に投影して、物事を把握しようとしているものです。

「画家は、その身体を世界に貸すことによって、世界を絵に変える」といったのは、フランスの哲学者メルロ=ポンティです。(『眼と精神』木田元他訳、みすず書房)

私たちは、潜在意識も含めた心身の全存在で、世界や他人に関わっているのです。私たちがニュートラル(中立的)に、客観的に、外部世界をとらえることなど基本的には無いのです。

他人や外部世界が、ニュートラル(中立的)に、客観的にとらえられるようになるのは、自分の心的投影の歪みが、ある程度、解決された後での話です。

さて、エンプティ・チェアの技法は、この投影の原理を応用したものになっています。また、心理的投影の歪みを取り去るための技法となっています。

②技法と手順

エンプティ・チェア(空の椅子)の技法は、クライアントの方とセッションを進めるなかで、クライアントの方にとって、「或る人物との関係性」が重要なテーマであると感じられた時、また、強い感情的な価値(付加)を有していると判断された場合に、まずは提案される技法のひとつです。

(1)まず、クライアントの方に、空いている椅子や座布団の上に、その人が居ると仮定してもらいます。

(2)次に、その人に、言いたい事を伝えてもらいます。

さて、簡単に書きましたが、「架空の劇」にもかかわらず、このようなこと自体が、クライアントの方にとって、心の負担となる場合もあるので、慎重なやり取りや場の設定が必要なのです。

というのも、この原理は、上の図のようになっているからです。

つまり、椅子に置く「その人物」とは、実はクライアントの方の中に存在している心的内容(欲求・自我状態)そのものだからです。

仮に「人物A」を置いた場合、そこに、クライアントの方が見ているのは、人物Aに投影している、自分の心的欲求A(自我状態A)そのものなのです。(本人は、それに気づかず、そこに、人物A本人を、見ていると思っていますが)

そして、この場合、そこに見た人物A=心的欲求Aとの「関係性(非対称性)」において、今度は、自分をただちに心的欲求C(自我状態C)と同一化します。自分が、「自我状態C」という存在になってしまうのです。

ポイントは、ここです。

心的欲求(自我状態)AとCとの関係性(=カップリング・非対称性)のなかで、己のアイデンティティが、規定(拘束)されてしまっているのです。

これが、普段の日常の、人間関係のなかでも、私たちが不自由になってしまう理由なのです。

私たちは、そこにいる実在の他人に拘束されているのではなく、その人に投影している自分自身の心的欲求や自我状態の、構造(非対称性)に拘束されているのです。(世間に多い、加害者と被害者のカップリング、ゲシュタルトでいうトップドッグ(超自我)とアンダードッグ(下位自我)のカップリングも、心の非対称的な構造として、クライアントの方の心の中に、元々存在しているものなのです)

そのため、潜在意識の中にある、この心的欲求(自我)AとCとの関係性を、十分に意識化することやその硬化した非対称的な構造(葛藤・緊張)を変化(緩和・流動化)させることが、まずは必要なのです。

そのためには、この非対称的な拘束のなかで、緊張している感情を解放していくことが、必要となるのです。そうしなければ、十分な自由や気づき awarenessの水準を得ることもできないのです。

しかし、それは簡単なことなのです。

やり方(技法)としては、今同一化している自我状態の情動や感情を表出しきるということなのです。放出するということなのです。

たとえば、今同一化している自我状態Cになった場合は、そこで体験している感情体験をメッセージとして、十分に余すところなく、人物(自我状態)Aに向けて表出し、表現し、伝えることなのです。希望、願望、恐れ、不安等々も含めあらゆる感情を表現しきることなのです。

それが、自我状態Cの十全な存在表現となり、十全な存在状態を導くのです。そのことで、過度な緊張状態が弛緩し、拘束が少し外れだすのです。重要なのは、「十分に伝えきる」ということです。それは、欲求不満な言えない気持ちを、完了させるということです。

もしも、ここで、 「自我C」に充分、同一化できて(なりきれて)いなく、そのCがはらむ情動が十分に表現されない場合は、「自我C」は「自我C」ではなく、「自我C(-A)」のように、「Aの存在に毀損されたC」という、中途半端の存在にとどまってしまっているのです。

これだと、「自我C」の十全な存在状態に、ならないのです。そうなると、非対称的な拘束を脱するのに、不足(毀損)が生じてしまうのです。ここには、注意深い観察とアプローチが必要となるのです。

③役割交替

さて、次に、クライアントの方に、Cから、Aの椅子(位置)に移動してもらいます。

すると、クライアントの方は、直ちに、心的内容(自我)Aに同一化します。この原理は、催眠で言うところのアンカリング(知覚情報と自我状態の結びつき)です。

先ほどのCの役の時に、Aの椅子に、心的欲求(自我) Aを投影していたので、
Aの椅子に、座った時に、直ちにAに同一化するのです。

逆に言うと、Cの時に、Aの椅子に心的欲求(自我) Aを、クライアントの方が充分に投影できているかが、重要なポイントととなります。この投影が充分になされていないと、椅子を代わったところで、充分にAに同一化することができないからです。

そして、この同一化を通して、クライアントの方は、それぞれの自我の欲求や情報を、深いレベルで感じ取ることができるのです。そのため、ファシリテーターは、クライアントの方がそれぞれの役の時に、充分に(混じり気なく)、その心的欲求(自我)に同一化できているかを、きちんと確認しなければならないのです。

もし、そうでない場合は、別の心的内容(自我)が、そこに存在している可能性もあるので、場合により、「別のアプローチ(そのⅡ) 葛藤解決」を導入検討しないといけないかもしれないからです。

④役割交替の繰り返し

さて、そして、この役割の交替を、何度か繰り返します。

すると、同じ存在である意識(気づき)が、両方の自我状態に同一化していくことで、分断していた非対称的なAとCの間に、情報の流通(横断)がつくりだされます。

情報が流れ出し、交流しはじめ、対称性が生まれだすことになるのです。(ここでは、気づきのメタ(上位)的な位置が、情報の経路として、効果を発揮するのです)

役割交替を、何回も繰り返す必要性は、各自我状態の中にひそんでいる感情・意識・認識・信念の一体化は長年に渡り固定化しているので、それを溶かすには、エネルギー(感情)をさまざまに、流す必要があるからです。

心的欲求の非対称的構造は、揺り動かすような動きを与えないと、深い部分のエネルギーが自由に流れ出さないからです。各自我状態の深いところに存在している、真のメッセージに気づき(意識)を行き届かすことができないからです。役割交替を繰り返すことで、クライアントの方も、各自我状態にも慣れてきて、各自我それ自身(単体)の内実に、新しい気づきをもって同一化をすることができるようになるのです。

そして、クライアントの方自身が、心的欲求AとCを、充分に切り分け、それぞれの自我(欲求)状態に同一化・体験できた後にはじめて、クライアントの方は、自分がいままで外部世界や相手に投影していた心的欲求AとCの真の姿にまざまざと気づくことができるのです。

クライアントの方が、実在するAさんに投影していた、心的欲求Aの姿を、自分でも、アーハ体験のように気づき、驚くことになるのです。そこで、幻想や霧が晴れたように、すっきりした了解感を得ます。

そして同時に、実在するAさんに投影していた、自我(欲求)状態A自体が、自分自身の自我状態、パワーであったことに気づくのです。そして、そのパワーを、自分の物とすることができるです。

さて、以上が、エンプティ・チェア(空の椅子)の技法のあらましとなります。この技法は、さまざまな活用場面を持っており、また、その効果も多様なものです。そのため、ゲシュタルト療法を超えて、色々な流派でも、採用されることになったのです。

しかし、この技法のもつ潜在能力は、それだけに終わるものではないのです。私たちが、何万年にも渡って実践してきたシャーマニズム的伝統の秘密も、実は、この技法や、それが生み出す変性意識状態(ASC)の中に含まれていたりもしているのです。そのため、この技法の奥深い意味合いに気づけていくと、私たちは、人生を変える重要な技法(魔法)を手に入れることにもなるのです。

※実際のセッション(ワーク)は↓をご参考ください
セッション(ワーク)の実際
セッションで得られる効果
※関連記事
エンプティ・チェアの技法Ⅱ 葛藤解決
葛藤解決の方法(ポイント)Ⅰ
葛藤解決の方法(ポイント)Ⅱ ネガティブな感情の扱い方

※エンプティ・チェアの技法について、もっと知りたい方は、専門姉妹サイト
 →「エンプティ・チェア・ワークス」


【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については、基礎から実践までをまとめた拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。
ゲシュタルト療法の応用的、進化的な使い方については、気づきと変性意識の方法論である、拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、よりディープな、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

▼▼▼【メルマガ登録】▼▼▼

無料オンラインセミナー、体験セミナー、イベント等々、各種情報をお送りしています。ぜひ、ご登録下さい! 

コチラ

↓動画解説 エンプティ・チェアの技法

↓動画エンプティ・チェア(空の椅子)の技法Ⅱ 葛藤解決」

※エンプティ・チェアの技法を効果的に使うと↓
動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」

↓動画解説「ゲシュタルト療法 セッションの効果 意欲と創造力の増大 変性意識」

↓動画解説「得られる効果と成果「心理療法と能力開発」 ゲシュタルト療法 変性意識」

↓エンプティ・チェアの技法やゲシュタルト療法の詳細については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご覧ください。

→拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』

※エンプティ・チェアの応用的な使い方はコチラ↓

→拙著『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』

※ゲシュタルト療法と心理的変容の深遠な関係は↓
解説『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法』

→拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』



▼セッションで得られる効果

→解説ページ ゲシュタルト療法(セッション)で得られる効果


▼得られる効果とスキル

→解説ページ ゲシュタルト療法(セッション)で得られる効果


▼心の構造モデルと変容のポイント