ゲシュタルトの形成と破壊(解消)のサイクル

ゲシュタルト療法では、「人間」のとらえ方において、生体(生物)としての全体性に注目します。人間の活動は、全体として生物的な一貫性を持っているということです。そのポイントととなるのが、欲求のゲシュタルト指向という観点です。

別にみましたが、「ゲシュタルト」とは、ドイツ語で「形」を意味し、それは分割できない「固有形」「ひとまとまり(全体)としての形」を指しています。
ゲシュタルト gestalt とは何か

ところで、以下に解説しますが、私たちの欲求とは、或る「ゲシュタルト(図)」への欲求なのです。私たち生物は、このゲシュタルトの単位で欲求というものを持つのです。そして、そのゲシュタルトへの欲求を充たそうとするのです。ゲシュタルト療法では、人間が持つ、このゲシュタルトへの欲求(感情、欲望)のあり様に注目します。

下に、サイクルの図表をあげました。これはゲシュタルト療法の世界では「ゲシュタルトの形成と破壊(解消)のサイクル」として知られているものです。

この図は、人間(生物)に生ずる欲求と、それを充たすための一連の行動を循環(サイクル)として表現したものです。たとえば、肉食動物の捕食行動をイメージすると分かりやすいでしょう。肉食動物が、獲物を見つけて捕らえるプロセスです。この図は、一番下の「引きこもり」を起点に、時計回りに回っています。

(1)引きこもり →引きこもりは、生物になんの欲求衝動も生まれていないニュートラルな状態です。

(2)感覚 →生物が何か気配(情報)をとらえる感覚的段階です。はっきりとは分からないけれど、生物は、世界から微細な情報を、感覚的・無意識的にとらえています。

(3)気づき・図になる →獲物を発見する。獲物に気づく段階です。感覚情報の背景の中から、獲物が「対象=図」として前景に出てきます。
動物は、感覚情報の中から、感じていたものが「獲物」であることに気づきawarenessます。ここで、獲物を明確にゲシュタルトとして認知します。この段階で、「ゲシュタルト」の形成されるのです。

(4)興奮・衝動 →動化と訳されます。ゲシュタルトが生まれると同時に、図(獲物)への欲求が明確になります。動物は、獲物をそれと認知して、捕食への内的な欲求衝動に貫かれます。興奮が高まり、内的な神経的な情報が神経的に配備され、血流がはやまり、行動へつながる動きが加速していきます。

(5)行動 →実際に、衝動を行動に移します。獲物に静かに近づきはじめます。

(6)接触 →獲物に、実際に攻撃することで、物理的な接触(コンタク contact)が生じます。

(7)充足 →獲物を捕らえたこと、食すること(充分にコンタクトすること)で欲求が満たされます。欲求が充足します。目的を達成し、役目が終わった「ゲシュタルト(図)」は解消(破壊)されて無くなります。

(1)引きこもり →捕食に満足した動物は、静かに引きこもります。元のニュートラルな状態に戻ります。サイクルは完了します。待機の状態に戻ります。次のサイクルを待ちます。

(3)で形成されたゲシュタルトが、(7)の欲求の満足により、解消(破壊)されるため、この図が「ゲシュタルトの形成と破壊のサイクル」と呼ばれるのです。

さて、ここでは、外部世界への捕食行動を例に取りましたが、環境の中で生きる生物や人間は、このようにして欲求の外部への働きかけと引きこもりの間をサイクルとして回っています。その過程で、ゲシュタルトの形成と破壊のサイクルを回しているのです。

ゲシュタルト療法では、このような欲求とその充足を「図」の形成と欲求充足の完了行為として、「ゲシュタルトの完了 complete」という概念として、とても重視しているのです。

未完了のゲシュタルト(未完了の体験)

さて、上記の、ゲシュタルト形成と破壊のサイクルですが、常識的に考えても、いつもいつも、欲しかったものが手に入ったり、欲求を、充足できるとはかぎりません。ゲシュタルトへの欲求が、完了するとはかぎりません。

ゲシュタルト療法では、このようなゲシュタルトへの欲求が完了していない体験を、「未完了 incompleteの体験」として注目します。また、完了していないゲシュタルトという意味で「未完了のゲシュタルト」と呼びます。

上記の動物の捕食行動も、獲物として形成されたゲシュタルトが「得られなかった」とすると、(失敗したり、妨害されたりで)生体は欲求不満に陥ります。

その獲物のゲシュタルトや体験は、「未完了のゲシュタルト」となります。未完了の体験や未完了のゲシュタルトは、当然、経験内容や欲求(感情)の強度から軽度から重度までの幅を持ちます。多くの場合は、欲求充足が充分でなくとも、ゲシュタルトは諦められて解消されます。

ところで、ゲシュタルト療法では、人生の経験の中で、欲求(感情)が充足されないでに終わる「とりわけ強度な」未完了の体験があると、それがトラウマ的になると考えました。

そして、それが人を苦しめ、人が人生を充分体験したり、活動するのを妨げるものだと考えました。また、神経症的症状を現すようになると考えました。
「やり残した仕事」

そのため、セッション(ワーク)の中では、まず第一に、クライアントの方の中に生き続けている「未完了のゲシュタルト」「未完了の体験」を完了(充足)させていくことを、解消させていくことを狙いとします。

そのことを通して、クライアントの方は、葛藤に煩わされる(妨げられる)ことなく、より十全に人生を感じとり、味わっていくことができるようになると考えるのです。速やかな行動をとれるように考えるのです。


【ブックガイド】
※ゲシュタルト療法については基礎から実践までをまとめた拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。

↓動画解説「未完了の体験 やり残した仕事 unfinished Business 」

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。