体験的心理療法とは その特徴

「体験的心理療法」とは、主に1960年代に、米国西海岸を中心に世界へ広まった、当時の新しい心理療法のタイプの一群です。
当スペースの中心技法である「ゲシュタルト療法」や、カール・ロジャーズが晩年に熱中したグループ・セラピーの「エンカウンター・グループ」、肉体に直接働きかける「ボディワーク・セラピー」「ブリージング・セラピー」などが代表的なものとなっています。
現代の日本では、一般的な認知度が低く、その内実(本質)があまり理解されていないものとなってしまっています。
日本ではかつて1980年代に、故吉福伸逸氏が「トランスパーソナル心理学」を日本に紹介する中で、その前提や周辺にある実践的な心理療法としてさまざまに紹介しました。

また、当時の普及のメッカとしては、アメリカのエサレン研究所 Esalen Institute などがよく知られています。
エサレン研究所は、ワークショップ・センターであり、アカデミックな機関ではありません。そのため、逆に当時のさまざまな先端的な人々と方法論が交流する場となり、新しい思想と実践的なメソッドが醸成する空間となったのでした。(そこで生まれたエサレン・マッサージなどは、日本でもここ十数年、大分ひろまってきました)
有名な人々では、思想家のグレゴリー・ベイトソンゲシュタルト療法のフリッツ・パールズトランスパーソナル心理学スタニスラフ・グロフらが長期居住者となりました。

ところで、エサレン研究所をつくった所長のマイケル・マーフィーは、その活動初期にエンカウンター・グループを実際に体験し、サイケデリック物質と同じくらい、人を恍惚とさせるものだ」と感じたようでした。
そして、これを、

「新しい、アメリカのヨガであり、個人と宇宙とを結合する道だ」
(アンダーソン『エスリンとアメリカの覚醒』 伊東博訳 誠信書房)

と考えたようでした。
「新しい体験的心理療法」についての、彼の位置づけがよくわかるエピソードです。
そして実際に、体験的心理療法はそのような「心の解放メソッド」や「自己成長のメソッド」として、一般的に受け取られたということです。調子を崩した方に向けた、治療的なメソッドという面だけではなかったのです。
そして、実際、この地から体験的心理療法の新しい実践的潮流も、世界へとひろまっていったのでした。

「私は、以前より、開かれ自発的になりました。自分自身をいっそう自由に表明します。私は、より同情的、共感的で、忍耐強くなったようです。自信が強くなりました。私独自の方向で、宗教的になったと言えます。私は、家族・友人・同僚と、より誠実な関係になり、好き嫌いや真実の気持ちを、よりあからさまに表明します。自分の無知を認めやすくなりました。私は以前よりずっと快活です。また、他人を援助したいと強く思います」(ロジャーズ『エンカウンター・グループ』畠瀬稔他訳/創元社)

これは、エンカウンター・グループ体験者の言葉です。このような心のしなやかさや感度の獲得は、どのような体験的心理療法をやったとしても、それが充分に心理的に深められた場合にはおおよそ共通している要素ともいえます。

では、「体験的心理療法」の特徴とはなんでしょうか?
そもそも従来の心理療法のセッションは、形の上では、クライアントの方がセラピストに会って「お話し」をするだけのものでした。
「お話し」をする過程で、さまざまな事柄に気づいたり、「(誰にも言えなかった)自分の話を真剣に聞いてもらっている」という事実(関係性)に癒しを体験するタイプのものでした。
現在でもほとんどの心理療法はこのタイプのものです。

それでも一定の効果はありますが、体験的心理療法を創り広めた人々(フリッツ・パールズ、カール・ロジャーズ、ヴィルヘルム・ライヒ等)は、それでは十分ではないと感じたのでした。
そして、クライアントの方に「もっと直接的に体験してもらう」ことにより、より深いレベルからの癒しと統合、解放が進むことを発見し、それを方法論(技法)としたのでした。

たとえば、ゲシュタルト療法エンカウンター・グループにおいては、自分の内側で起きている本心に気づき、他者に表現してみることで、(知的な解釈ではない)深い感情を経験するということが起きてきます。
それがとても大きな癒しを生むという原理です。
ボディワーク・セラピーブリージング(呼吸法)・セラピーにおいては、クライアントの方の肉体に直接働きかけ、そこから感情を活性化・解放することで、より深い部分から直接的に治癒を作用をさせていきます。その分、効き方も強いもの(強度の体験)になっているのです。

頭で考えてばかりで(知的なフィルターのせいで)解離し、袋小路に陥ってしまっている現代人にとっては、自然治癒力を活性化させ、心身をパワフルに甦えさせられる目覚ましい方法論となっているのです。

ところで、体験的心理療法は、心身一元的な領域で深いところから解放を促進するため、エネルギーの流動化が大きく、その側面から「意識」に影響する影響力も大変大きなものになります。
つまり、変性意識状態(ASC)を起しやすいという特徴があるのです。
LSDセラピーを行なっていたスタニスラフ・グロフ博士が、ブリージング・セラピーに移行した理由です。
そのため、変性意識状態(ASC)へのアクセスにおいても、特に実効性の高い方法論となっているのです。

ところで、現代の日本では、体験的心理療法は一般の認知度が低く、場合によっては自己啓発セミナーなどと混同されてしまうという残念な結果となっています。
(日本トランスパーソナル学会が作られたのは、その危惧からだと聞いています)

当スペースでは、ゲシュタルト療法の周辺領域にあるさまざまな体験的心理療法の知見や技法も活かして、心の治癒や潜在能力の開拓に役立てているのです。
スタニスラフ・グロフ博士のインタビュー↓(LSDによるサイケデリック体験ほか)

http://hive.ntticc.or.jp/contents/interview/grof

心身一元論的・ボディワーク的アプローチ
ブリージング・セラピー その1 呼吸法と事例
ブリージング・セラピー その2 BPM (Basic Perinatal Matrix)
へリンガーのファミリー・コンステレーション


【ブックガイド】
気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

↓動画「ゲシュタルト療法と、生きる力の増大」