しないことのゲシュタルトへ マインドフルネスの光明

さて、拙著『砂絵Ⅰ』では、心理的な変容過程(行きて帰りし旅)において、その最終的な局面の中で、気づき awarenessの力がとりわけ重要なことについて特に強調しました。
→拙著『砂絵Ⅰ: 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』

この指摘は、ゲシュタルト療法体験的心理療法が、多く陥りがちな落とし穴と、私たちの心理的変容と拡充をさらに進化させるための必須事項として記されたものです。

気づき awarenessの能力は、ゲシュタルト療法の入口であると同時に、出口でもあるのです。しかし、往々にして、ゲシュタルト療法をやっている人の中でも、この awarenessの真の姿や核心が見失われて、マンネリや悪循環にはまっていくという事態になっているのです。

そして、また、その危険が、ゲシュタルト療法の中でも公式化されていないのです。これ自体が、まさに気づき awarenessの欠如という事態でもあるわけなのです。

今回は、巷でも認知度が上がって来た「マインドフルネス」という概念(補助線)を使って、この問題点の中身を見ていきたいと思います。

ゲシュタルト療法を、長くやっているにも関わらず、なんか自分は、行き詰っているなぁと、感じられているような方にとっては、参考にしていただける内容に、なっていると思われます。

◆気づきawarenessの力

気づき awarenessという能力の中には、さまざまな状態や帯域があります。

しかし、通常、ゲシュタルト療法の中では、「気づき」という日常用語を、漠然と使っているため、どのような状態や要素を指しているのか、焦点化されにくくもなっているのです。

人は、自分はなんでも「簡単に気づける」と思ってしまっているわけです。

しかし、真のゲシュタルト療法の中では、気づき awarenessとは、ある種のスキルであり、訓練によってこそ研ぎ澄まされていくものなのです。

いわば、普通の人の生活は、気づき awarenessのない生活ともいえるものなのです。

ところで、ゲシュタルト療法の中では、気づきの連続体 awareness continuumとして知られている「気づきの姿勢・態勢」があります。
気づきの3つの領域 エクササイズ

刻々と瞬間瞬間、私たちが持つ三つの領域に、気づき続けているような状態です。

紹介したように、エクササイズもありますが、これはあくまでイメージをつかむためのものにすぎません。

実際には、毎日の生活の中で、いつでもどこでも、これを行なっていることが大切なのです。

つねに、気づきの連続体 awareness continuumとして存在できることが、ベースであり、覚醒 awakeness的な在り様なわけなのです。

そして、このスキルが、私たちの心理的統合を進め、実際的にも、ワーク(セッション)を進め(深め)やすくもするものなのです。

実は、この気づきの連続体 awareness continuumとは、正規の文脈でいわれているマインドフルネスそのものでもあるのです。判断を挿し込まないオープンな気づきの状態であるということなのです。

◆気づくことの違い 同一化と脱同一化

さて、気づき awarenessは、気づきの連続体 awareness continuumとしてのマインドフルネスそのものなのですが、そのことがゲシュタルト療法の実践の中でも、見失われたり、間違われていく理由(要因)がいくつかあります。

まず、それは実践上の風景で起こって来ます。

ゲシュタルト療法のワーク(セッション)を、長期にわたって継続的に続けていくと、ワーク自体がある感情的なテーマなどを中心に展開されるため、その内容(テーマ)そのものに気を取られてしまう(同一化してしまう)という点が、まず第一の理由です。

ワークの実践においては、ある微かな感情に気づきを持ち、それに深く没入して、それをさまざまに展開していくことが重要となります。

そのことが、私たちの葛藤を解きほぐし、情動的に深く解放していくことになるからです。

この場合の、「ある微かな感情」とは、「ある部分的な自我」に由来しているものです。私たちは、普段、それらになかなか気づけません。ワークの中の変性意識状態(ASC)でこそ、それらが気づかれやすくなるのです。
複数の自我(私)について ―心のグループ活動

ところで、ワークの中のこの場面で、私たちの心は「2つの働き方」をしています。

ひとつは、ある部分的な自我(感情)に気づく awarenessという状態です。

これは、その感情を対象化している状態であり、主体は、その感情そのものとは少し離れた状態、つまり、脱同一化している状態にあるということです。このわずかな差異、脱同一化が、気づき awarenessの状態の核心なのです。

もうひとつの働き方は、その感情そのものに深く没入し、同一化している状態です。深く同一化しているからこそ、その感情(自我)を内側から深く把握し、そのものとして自発的に展開していくことが可能となるのです。

ワークの中で、私たちの心は、この2つの働き(同一化と脱同一化)を同時に、2局面で振幅しながら行なっているのです。

そして、この2つ(同一化と脱同一化)を振幅しながら行なえることが、ワークが、私たちを深く展開し統合していく肝の力なのです。

この同一化と脱同一化は、車の両輪のように働くものなのです。

そして、ワークの変性意識状態(ASC)の中では、このことが可能となるわけなのです。

さて、話を元に戻しますと、ではなぜ、ゲシュタルト療法の中で、気づきの連続体 awareness continuumというマインドフルネスがなぜ見失われがちになるのかという点です。

それは、今、前述に見たワークの場面に即して言うと、ワークの中で起こるダイナミックに情動を解放していく側面、つまり各感情や自我と「同一化」する側面ばかりに、私たちが気を取られていくことになるからなのです。

そのことが、ワークの中で、私たちに大きなカタルシスや解放をもたらすものなので、その成功体験に引っ張られて、これらの体験を無意識裡に繰り返そうとしてしまうのです。

そして、そのこととゲシュタルト療法のやり方そのものを同一視してしまいがちなのです。

そして、その際、気づき(脱同一化)の側面よりも、同一化の側面に意識がいってしまうのです。

また、その結果として、同一化する心理的内容(各感情や自我)を探しはじめることにもなってしまうのです。そして、これが落とし穴のはじまりなのです。

よく、ゲシュタルト療法のサークルでは、自分の持っている問題やテーマ、パターンなどが取り沙汰されます。ワーク(セッション)の素材(ネタ)となるものたちです。

そのため、人によってはワークのための問題やテーマ・パターンを探しはじめることにもなります。

しかし、本来、各感情や自我は、自発的かつ繊細に、気づかれる awarenessべきものたちなのです。無理にベタに設定するものではないのです。

そのような設定は、先入観やビリーフ(信念)をつくり出し、かえってワークと気づき awarenessを阻害するものになったりもするのです。

そして、このような態度は、結果的に、ワークの類型における「することのゲシュタルト」という間違った姿勢にもつながっていくこととなるのです。

 

◆「することのゲシュタルト」という落とし穴

さて、ワーク(セッション)においては、気づきと情動的な解放、脱同一化と同一化の振幅が表裏一体のものとなって、深い心理的統合も可能となります。

しかし、ワークの中で、情動的な解放による「問題解決」や「答え」ばかりを、求めていくと、起こっている事態への今ここの気づき awarenessが根本から、見失われていくことにもなっていくのです。

同一化すべき感情ばかりを探して、自己のその時の状態(全体性)への気づき awarenessが失われていってしまうのです。

そのようなワーク(セッション)においては、クライアントの方は、しばしば心焦って、答えを求めて「何かをしよう」とばかりをします。

これが「することのゲシュタルト」という落とし穴です。

しかし、ワークにおいて、第一に何よりも重要なのは、「何かをすること」でなく、「何もしないで」ただ自分の状態に気づいて awarenessいることなのです。

自分の中で起こっていることに、ただ、気づいて awarenessいることなのです。

「答えを求めている」自分に、ただ、気づいて awarenessいることなのです。

その中でこそ、自己の内側から、真に自発的な表現・活路が現れて来るのです。

 

◆マインドフルネスと、しないことのゲシュタルト

さて、マインドフルネスの流れは、さまざまな文脈で、日本でも知られはじめましたが、その大元は、ゲシュタルト療法が広まる背景でもあった米国西海岸で、ヴィパサナー瞑想や、上座部仏教の瞑想法として広まっていたものでした。

日本では、鬱病への特効薬がない中で、認知行動心理療法のひとつとして認知度があがっていったのかもしれません。

その立役者の一人でもある、『マインドフルネスストレス低減法』(春木豊訳、北大路書房)の著者、ジョン・カバットジン博士は、マインドフルネスとは気づき awarenessのことだと端的に語っています。

その著書の中で、博士は、プログラムの参加者が、プログラムに取り組む様子を、次のように描写します。

「彼らが行っているのは、“ 何もしない”ということです。そして、一つの瞬間から次の瞬間へと連なっていく、一つひとつの瞬間を自覚し、意識するために、一つひとつの瞬間に意欲的に集中しようとしているのです。つまり、彼らは、“ 注意を集中する”トレーニングをしているのです。別の言い方をすれば、彼らは自分が“ 存在すること”を学んでいるともいえます。彼らは、何かをすることによって時をすごすのではなく、意図的に何かをするのをやめ、“ 今”という瞬間の中で、自分を解放しようとしているのです。心に気がかりなことがあったとしても、体が何か不快感を感じていたとしても、その瞬間の中で、意図的に、心と体に安息を与えようとしているのです。“ 生きている”ということ、“ 存在している”ということの本質に踏み込もうとしているのです。彼らは、何かを変えようとするのではなく、ただ自分の置かれているありのままの状況と共にその瞬間を過ごそうとしているのです。」(前掲書)

さて、ゲシュタルト療法においても、気づき awarenessのベースラインは、ここにあります。

ワーク(セッション)で何かをすることは、必須ではないのです。

しないことの中にこそ、豊饒な気づき awarenessがあるのです。

これが、しないことのゲシュタルトです。

見たくない自分も含めて、判断しないで、刻々の剥き出しの自分をありのままに、ただ気づいていくことなのです。

それだけでも、ワーク(セッション)は成立するのです。

そしてまた、ゲシュタルト療法の中では、「変化の逆説」法則として知られているものがあります。

つまり、何かを変えようとすると、逆に、変化というものは起きないのです。しかし、変化を期待せずに、ただその状態を受け入れると変化は起こるのです。

変化を求めないと、変化が起きるのです。

「変化は起こすのではなく、起こるのだ」とは、フリッツ・パールズの言葉です。

マインドフルネスの姿勢は、この本来のゲシュタルト療法の姿勢を、より明確に照らし出してくれるものなのです。

 

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については、基礎から実践までをまとめた拙著
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。
気づきや統合、変性意識状態(ASC)へのより総合的な方法論は拙著↓
入門ガイド
『気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス』
および、
『砂絵Ⅰ 現代的エクスタシィの技法 心理学的手法による意識変容』
をご覧下さい。

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。

↓気づきと変性意識の入門ガイドはコチラ。動画解説「気づきと変性意識の技法:流れる虹のマインドフルネス」