心理学的な人格統合 虹のような多彩な統合へ

さて、ゲシュタルト療法を続けていくと、私たちはどんなところにたどり着くのでしょうか?どんな心理状態になるのでしょうか?ここでは、ゲシュタルト療法が導く「人格統合」の姿を記してみたいと思います。

玉ねぎの皮むき

ゲシュタルト療法では、「玉ねぎの皮むき」という言葉があります。ゲシュタルト療法では、セッション中のあらゆる場面(局面)が、欲求(または欲求不満)の表現であり、気づきの対象となります。

そのため、それらに刻々に焦点化し、気づきを深めることで、心の部分的な統合が得られていくのです。

ひとつ小さな統合が得られると、次の心の新しい局面が現れて来ます。次は、そこに焦点を当て、気づきを深めていきます。

玉ねぎの皮を剥くように、次々に、未完了の心理部分が統合されていくことになります。この譬え(構造)は、もっと大きな視点にも当てはめることが可能です。

多かれ少なかれ、人は、「やり残した仕事」「未完了のゲシュタルト」を沢山持っています。そのため、ワーク(セッション)では、それらをどんどん完了させていくことになります。つまり、人格の中に堆積した、未完了のゲシュタルトや未完了の経験がどんどんなくなっていくわけです。表面に現れてくる心理的な課題をどんどんなくしていく形です。それはあたかも、玉ねぎの皮のように、表面(課題)の皮を剥いて、芯に向かうイメージです。

つまりは、未完了の体験で覆われた、表面的な皮を剥き、中心にあるとらわれのない本来の自己(オーセンティック・セルフ)を目指すイメージです。

ところで実際、ゲシュタルト療法のワーク(セッション)を長く続けていくと、未完了の体験が次々と完了していき、目立った「やり残した仕事」がおおよそは無くなってしまう時期がやって来ます。

ゲシュタルト療法の方程式では、未完了の体験がなくなると、「未完の体験(ゲシュタルト)に妨げられることなく、今ここを充分に体験できるようになる」といいます。

つまり、心理的な歪みに曇らされることなく、物事を直接に、ありりのままに、全体的に体験できるようになるというわけです。

また、欲求(感情)についても、自由で速やかな行動や表現ができるようになります。私たちは、囚われの無い、エネルギーに満ちた「自分自身」を体験できるようになるのです。

ここが、ひとまず目指すゴールです。

しかし、未完了のゲシュタルトについていうなら、未完了のゲシュタルト自体が完全になくなるということもないのです。なぜなら、人生は、継続する創造過程であり、生きている限り、私たちの創造性によって未完了のゲシュタルトは軽度に生み出されてくるからです。もちろん、それは病的なレベルのものではありませんが。新しいそれらは、自分の人生の創造的要素と見なして、取り組んでいけばいいわけです。

◆人格の統合状態

ゲシュタルト療法では、「人格の統合」という言葉でそのゴールを指しますが、筆者の考える「統合」とは、多彩な姿です。「統合」は単純に単一の自我に回収されることではありません。実際、そういう方も見たことはありません。

筆者が観察し、実感してきた人格的統合の姿とは、私たちの内部ある多様な自我の個性が、互いに阻害(競合)することなく、生き生きと協働的・創造的に働いている姿です。異質で個性的な自我が、相互に活き、響きあっている、極彩色に創造的な姿なのです。

別に、複数の自我について解説しましたが、そのような原理が阻害的ではなく、創造的に働いている姿なのです。創造的なチーム(グループ)として活動している姿なのです。

そして、さらには、そのような人格的統合は、個人として完結してしまうものでもありません。

個人の内部で多様な自我個性が響きあうように、他者との関係性においても、多様な個性的他者とも響き合うことができるようになるのです。

自己の中の異質な個性を許容できない人間は、異質な他者を受け入れることはできません。自己の異質な個性を統合していくと、異質な他者も受け入れられるようになるのです。異質な他者に対しても、その個性を活かすように、響きあう存在として共に在ることができるようになるのです。

他者との関係性においても、統合過程は進んでいくのです。
そのように豊かで創造的な関係性が、この心理的統合の先にはあるのです。

【ブックガイド】
ゲシュタルト療法については、基礎から実践までをまとめた拙著↓
『ゲシュタルト療法 自由と創造のための変容技法』
をご覧下さい。

▼▼▼【メルマガ登録】▼▼▼

無料オンラインセミナー、体験セミナー、イベント等々、各種情報をお送りしています。ぜひ、ご登録下さい! 

コチラ

↓動画解説 心理学的な人格統合

↓動画「ゲシュタルト療法と生きる力の増大」

↓ゲシュタルト療法については、拙著『ゲシュタルト療法ガイドブック:自由と創造のための変容技法』をご参照ください。