サイケデリック・シャーマニズムとメディスン(薬草)の効果―概論


  1. サイケデリックメディスン(薬草)について
  2. 各種の注意事項
  3. 心の多元的構造とメディスン(薬草)の作用―チベット・モデル 
  4. 微細エネルギーの構造―ケン・ウィルバーのモデル
  5. S.グロフ博士によるサイケデリック体験の特徴
  6. 開かれた、生きた宇宙の響きあい―サイケデリック・シャーマニズム

【1】サイケデリック・メディスン(薬草)について

 古来より世界中のシャーマニズムの中では、人の意識を変えて、変性意識状態(ASC)に導いて、世界の隠れた次元を開いていく、さまざまな方法論が存在していました。
 中でも、ある種の植物等(サイケデリック・メディスン、スピリット・ヘルパー)を摂取することにより、人を強烈な変性意識状態に導く方法というものがありました。
 中南米の部族によって広く行なわれてきた、さまざまなサイケデリック・メディスン(薬草)―アヤワスカ(蔓植物)、ペヨーテ(サボテン)、マジック・マッシュルーム(キノコ)―を使ったセレモニー(儀式)などは有名なものです。
「アヤワスカ―煉獄と浄化のメディスン(薬草)」
さまざまなメディスン(薬草)の効果―マジック・マッシュルーム、ブフォ・アルヴァリウス(5-MeO-DMT)

 これらの植物たちの力(効果/成分/作用)については、1940~60年代に、精神医療の中で、精神病への化学的・薬学的アプローチとして、成分分析が進められる中で、その成分作用が理解されていきました。メスカリン(ペヨーテ)、シロシビン(マジック・マッシュルーム)、DMT(アヤワスカ)等の、心に変容を引き起こす化学的成分が解明されていったのです。
→「サイケデリック psychedelic (意識拡張)体験とは何か 知覚の扉の彼方」
 そして、同時代に発見された医療用幻覚剤LSD(リゼルグ酸ジエチルアミド)などとともに、その成分の効果/作用が、心理療法(サイケデリック・セラピー)の中で、実験・検証されていったのでした。「サイケデリック体験(意識拡張体験)」の内容や性質、効果が理解されていったのです。
 ところが、当時(1960年代末)、これらの研究は、研究者たちの真面目な取り組みとは別の要因によって(世間での娯楽的乱用や政治的情勢によって)、中途半端な形で、強制的に中止させられてしまったのでした。

 さて、それから数十年を経て、近年再び、一部の大学や研究機関の中で、あらためて、そのような薬学成分を使った「サイケデリック・セラピー」の再評価・再実施が起こってくるようになりました。それらには、他では得られない大きな治癒効果があったからでした。特に、各種アディクション(ドラッグ中毒)のような難治の症状に対して、顕著な効果が認められたからでした。
 また、そのような正規の学問的研究とは別に、民間のレベルでも、さまざまな癒しや心理解放、神秘体験を謳い文句にした、シャーマン的セレモニー(儀式)を受けるための現地ツアーなども、欧米では多く催されるようになりました。それらの特別な効果が、人々の興味関心を大きく惹きつけるようになったからです。今では、YouTubeなどでも、それらに関する動画が(真面目なものから興味本位のものまで)、多数UPされています。

 このセクションでは、それらの事柄について、より真摯に、心理学的かつ構造的な観点から、実際にそれらはどのような効果や可能性を持つものか、本来のシャーマニズム(サイケデリック・シャーマニズム)やメディスン(薬草)について、色々と記してみたいと思います。

【2】各種の注意事項

 まず、これらサイケデリック・シャーマニズムをきちんと体験し、理解を深めていくには、前提として、注意しなければならない点が、外的にも内的にも多数あります。
 外的な事柄にも、内的な事柄にも、「しかるべき条件」「しかるべき準備」があるのです。
 ここは一番大切な事柄なので、まず、そこから、解説していきましょう。

 「外的な事柄」からいうと、まず、サイケデリック・シャーマニズム(セレモニー)の中で使用されるメディスン(薬草等)は、その化学的成分の中に、現在の日本国内では法的に使用が禁止されているものが含まれている場合がほとんどです。麻薬と見なされてしまっているわけです。

 そのため、それらのメディスンを十全な形で学ぶには、規制のない諸外国の、しかるべき現地に行って、それを体験し、学ぶしかないということです。また、それらメディスンの使用によく通暁した人々(シャーマン等)の助けが必要であるということです。
 不案内な外国の地での事柄となるため、きちんとした事前の十分な情報収集や人的交流がまず欠かせないということになります。そして、信頼のおける人物(人格レベル/経験レベル)・組織であることをよくよく確認した上での現地滞在、学習が求められるということです。これらの条件が、十分に満たされていない場合、体験の環境的基盤(セッティング)が、しっかりしてないことになるので、各種のリスク(危険)が大きいということもありますし、また、肝心の体験や学び自体が、十分にならないということにもなります。現地ではよく知られている事象だけど、日本にはまったく伝わっていないという事象も多々あります。「現地では当たり前のこと(暗黙の了解)」は、文字になりにくいからです。これらの点については、何重にもわたって、慎重さや準備、用心深さが求められることになります。この点、手堅くやってやりすぎる、ということは決してありませんので、ぜひ、ご留意いただければと思います。

 「内的な事柄」についていうと、自分の心の問題、自分(人間)の心理的構造や心理的内容に、ある程度は通じていることが前提となります。また、自分の深い心の領域に向き合う覚悟が求められます。

 なぜなら、サイケデリック体験においては、自己の深層心理が、日常のレベル(通常の想像を超えたレベル)で剥き出しにされ、暴露されることになります。通常、一般の人々は、(心理的抑圧が強く)自分の心理を抑圧して、「シャドー(影)」を見ないことで、「自分(仮面)」というものを成り立たせて生きているものです。心理学的には、普通の人々が生きている世界は、すべて表層的な「仮面(ニセ)の世界」なのです。
 サイケデリック体験では、その「シャドー(影)」が幻覚的に剝き出しにされ、強制的に直面させられることになります。そのため、恐怖的な体験になってしまうことも多いのです。興味本位に娯楽用のドラッグとして、これらを試してみて、心理的に危険な状態や、ろくでもない事態(バッド・トリップ)に陥ったという事例が多いのもそのためです。
 サイケデリック体験においては、私たちはどこまで行っても、「自分自身の心」、自分の「心理的投影 projection 」に出会い、体験することになります。そのため、自分の心について、ある程度、深く見る経験がないと、表層的な体験しかできないことにもなっているのです。自分の深い「感情」「欲求」「自我状態」「心理構造」について、ある程度知っていなくては、十分に正しく、深遠な次元なものを理解することもできないのです。
 一方、体験的心理療法なりで、長く、自分の心を深く探索する経験や習慣を持っている人にとっては、この人生で他では得られないような、とても大きな成果が得られることにもなっているのです。

【3】心の多元的構造とメディスン(薬草)の作用―チベット・モデル

「サイケデリック体験」を理解するには、そこで現れてくる、私たちの「心の構造」について理解しておくことが重要です。
 そのために参考になる心のモデルが、ティモシー・リアリーらによって、1960年代に提示された「心の構造」モデルです。
「心理学的に見た『チベットの死者の書』」
 リアリーらの著書『サイケデリック体験 Psychedelic Experience』は、文字通り、当時未知であったサイケデリック体験を実際にするときの指南書として書かれたものです。
人が、サイケデリック体験をするとき、どんな風にそのプロセスに身をゆだねていったらよいかを解説(提案)したものです。
 この本は、副題に「A Manual Based on the Tibetan Book of the Dead」と付けられているように、実は、内容そのものは有名なチベット密教の経典『チベットの死者の書』を、心理学的知見をもって、リライトしたものとなっているのです。(それはとりもなおさず、従来の西洋的な思想、西洋科学的な見方では、サイケデリック体験の諸相を理解することが出来なかったことを意味しているのです)
 そのため、その「心の構造」モデルも、チベット密教の或る流派(カギュ派)のものということになっているのです。
 ただ、このような「三層」の世界像は、東洋・アジアの宗教思想全般に見られるものなので、かなり普遍的なものだと言えます。

 ところで、「心の構造」とはいうものの、現代の心理学でさえ、「心の構造」について実際のところ、本当によくわかっているわけではありません。
 各流派が、自分の「心の構造」理論を、「検証されたもの」というふれこみで、喧伝しているにすぎません。
 そのため、各々が、バラバラのモデルや理論を提唱しているわけなのです。
 というのも、「心」というものが、「実体」として検出・測定できるものでない以上、当然といえば当然のことです。

 そのため、「心の構造」モデルを採用する際は、実際に心を扱うにあたって(セラピーであれ、その他であれ)、そのモデルが、ある程度「有効」「有用」であるか否かが、ひとつの指標となるのです。
 その「心の構造」モデルが、どんなに精緻でもっともらしくとも、心を扱う実践上で、何の役にも立たないモデルであったなら、無意味、無価値だからです。
 さて、リアリーらが、実際の「サイケデリック体験」を理解し、その体験をより十全なものにするために採用した「チベット密教モデル」は、そのような実践上、有効な「心の構造」モデルということになります。
 (以下で、彼らの採用した「チベット・モデル」を取り上げるのも、筆者自身が実際に持ったサイケデリック体験や変性意識状態(ASC)において、その妥当性が認められたからに他なりません)

 まず、リアリーらは、サイケデリック体験で現れてくる心のプロセスが、『チベットの死者の書』で描かれている「バルドゥ(中有)」の推移のプロセスと同様であると見なします。
 「バルドゥ(中有)」とは、仏教で考えられている、人間が死んだ後に経験するといわれる時空のことで、『チベットの死者の書』では、3つのバルドゥ(中有)のことが解説されています。
 「チカイ・バルドゥ」「チョエニ・バルドゥ」「シパ・バルドゥ」の3つです。
 『チベットの死者の書』においては、人間の魂は、死んだ後、「チカイ・バルドゥ」→「チョエニ・バルドゥ」→「シパ・バルドゥ」の順番に移っていき、その間に解脱できないと、転生してしまうとされています。
 転生は、残念な結果であり、解脱して、涅槃に行くのが望ましいこととされているのです。
 (転生し続けて、この生の苦しみを経験し続けるのは、仏教的には、残念なことなのです)

 この3つのバルドゥ(中有)を、ティモシーらは、心の階層構造と見なしたのでした。
「シパ・バルドゥ」は、表層的な心理的自我に近い領域。フロイトのいう無意識。個人的無意識の領域。
「チョエニ・バルドゥ」は、より深層の、ユングのいう集合的無意識の領域。元型(アーキタイプ)的な領域。
「チカイ・バルドゥ」は、経典でも「根源の光明(クリアーライト)」が現れるとされているように、さらに深層の、より超越的な領域、個を超えた超意識の領域と見なしたのでした。
 リアリーらは、サイケデリック体験においては(『死者の書』においてと同様)、この3つの領域が、③→①へと順次現れると考えたのでした。

 さて、実際のサイケデリック体験においては、それほどはっきりとこの3領域が区別されることはないにしても、おおよそ、このような領域が、重層的な形で現れてくることになりがちです。
 そのため、自らのサイケデリック体験を理解するに際して、これらの階層構造の図式を持っておくと、自分が何を体験したかを理解するのに、便利なこととなっているのです。
 つまり、「自我を中心とした領域」「集合的無意識、元型的な領域」「(個を超えた)超越的な領域」というわけです。

【4】微細エネルギーの構造―ケン・ウィルバーのモデル

 また、実際のサイケデリック体験においては、現在、通常の現代社会(現代科学)が想定している以上の現象、さまざまな不可思議な現象も起こってきます。
 上記の、チベット密教モデルにおいても、それらは暗示されていますが、その点、別の「構造モデル」を併せて持っておくとこれも大変役に立ちます。

 例えば、トランスパーソナル心理学(インテグラル理論)の理論家、ケン・ウィルバーなどが、初期から提案していた「意識のスペクトル」などは、便利なものです。
→「ケン・ウィルバーの「意識のスペクトル」論」
 ウィルバーの理論は、元々、世界中にあった宗教(秘教)から抽出したモデルですので、ティモシーらのモデルとほぼ重なるものですが、ティモシーらが「チョエニ・バルドゥ」の領域とした「集合的無意識、元型的な領域」に、ウィルバーが区分する「微細領域」「元因領域」を重ねて見ていくと、より立体的な把握が進みます。
 「微細 subtle 領域」は、通常の心理的意識(自我的意識)を超えた心の領域であり、いわゆる「超能力(サイキック)」な体験が現れてくる領域ともなっています。時空の体験やエネルギーの体験においても、通常のリアリティではないものを、体験する領域となっています。よく知られているもので言えば、気功の「気」やヨガの「プラーナ」などが存在している領域です。これらは現場では実践者によって体感されるものですが、科学的には検出されていないエネルギーです。そのような「微細エネルギー(サトル・エネルギー subtle energy)」のある領域です。東洋思想では、古来より想定されている存在領域です。
 「元因 causal 領域」
は、さらに「本質的」「元型的」な領域となっています。世界中の宗教や秘教が語る「目撃者 witness」や「神に近い」領域がそこにあるのです。


【5】S.グロフ博士による、サイケデリック体験の特徴

 A.マズローとともに「トランスパーソナル心理学」を設立した精神科医のスタニスラフ・グロフ博士は、元々はチェコで治療用の幻覚剤LSDを使って、サイケデリック・セラピー(LSDセラピー)を行なっていた人物でした。当時、数千回(直接に三千回、間接に二千回)にわたるサイケデリック・セッションにたずさわり、人間の深い治癒プロセスや、「意識の本質的要素」を研究していたのですが、そこで現れてくる現象に、他の誰よりも通じている人物です。
かつて、LSDの発見者A.ホフマン博士は、「私はLSDの父(ファーザー)と呼ばれるが、グロフ博士は、ゴッドファーザーだ」と呼んだほどに、サイケデリック体験の諸相に深く通じている人物です。
 そんなグロフ博士が、サイケデリック体験について得た結論は、通常の私たちの科学的世界観を大きく超えるものにもなっています。
 実際、サイケデリック体験においては、そのような不可思議な現象も多々起こってきますので、グロフ博士の言葉も覚えておくと大変助けになります。

「サイケデリック体験の重要な特徴は、それは時間と空間を超越することである。それは、日常的意識状態では絶対不可欠なものと映る、微視的世界と大宇宙との間の直線的連続を無視してしまう。現れる対象は、原子や分子、単一の細胞から巨大な天体、恒星系、銀河といったものまであらゆる次元にわたる。われわれの五感で直接とらえられる「中間的次元帯」の現象も、ふつうなら顕微鏡や望遠鏡など複雑なテクノロジーを用いなければ人間の五感でとらえられない現象と、同じ経験連続体上にあるらしい。経験論的観点からいえば、小宇宙と大宇宙の区別は確実なものではない。どちらも同じ経験内に共存しうるし、たやすく入れ替わることもできる。あるLSD被験者が、自分を単一の細胞として、胎児として、銀河として経験することは可能であり、しかも、これら三つの状態は同時に、あるいはただ焦点を変えるだけで交互に起こりうるのである」

「サイケデリックな意識状態は、われわれの日常的存在を特徴づけるニュートン的な線形的時間および三次元空間に代わりうる多くの異種体験をもたらす。非日常的意識状態では、時間的遠近を問わず過去や未来の出来事が、日常的意識なら現瞬間でしか味わえないような鮮明さと複雑さともなって経験できる。サイケデリック体験の数ある様式(モード)のなかには、時間が遅くなったり、途方もなく加速したり、逆流したり、完全に超越されて存在しなくなったりする例もある。時間が循環的になったり、循環的であると同時に線型的になったり、螺旋軌道を描いて進んだり、特定の偏りや歪みのパターンを見せたりしうるのである。またしばしば、一つの次元としての時間が超越されて空間的特性を帯びることがある。過去・現在・未来が本質的に並置され、現瞬間のなかに共存するのだ。ときおり、LSDの被験者たちはさまざまなかたちの時間旅行(タイム・トラベル)も経験する。歴史的時間を遡ったり、ぐるぐる回転したり、完全に時間次元から抜け出て、歴史上のちがった時点に再突入したりといった具合だ」

「非日常意識状態についてふれておきたい最後の驚くべき特徴は、自我(エゴ)と外部の諸要素との差異、もしくはもっと一般的にいって、部分と全体との差異の超越である。LSDセッションにおいては、自己本来のアイデンティティを維持したまま、あるいはそれを喪失した状態で、自分をほかの人やほかのものとして経験することがありうる。自分を限りなく小さい独立した宇宙の一部分として経験することと、同時にその別の部分、もしくは存在全体になる経験とは相容れないものではないらしい。LSD被験者は同時にあるいは交互に、たくさんのちがったかたちのアイデンティティを経験することができる。その一方の極は、一つの物理的身体に住まう、分離し、限定され、疎外された生物に完全に同一化すること、つまりいまのこのからだをもつということだろう。こういうかたちでは、個人はほかのどんな人やものともちがうし、全体のなかの無限に小さな、究極的には無視してかまわない一部分にすぎない。もう一方の極は、〈宇宙心(ユニヴァーサル・マインド)〉ないし〈空無(ボイド)〉という未分化の意識、つまり全宇宙的ネットワークおよび存在の全体性との完全な経験的同一化である。」(グロフ前掲書) ※太字強調引用者

 グロフ博士の結論では、サイケデリック体験の中では、「意識 consciousness 」というものは、時空を超えた、自由で、まさに無限の働きを示してくるものなのです。


【6】開かれた、生きた宇宙の響きあい―サイケデリック・シャーマニズム

 さて、以上、サイケデリック体験の指標となるさまざまな切り口を見てみました。
 しかし、実際のサイケデリック・シャーマニズムを深く体験すると、私たちの世界観は、もっと直接的、感覚的、直観的な形で大きな影響を受け、変容していきます。

 しかるべき準備が整っている人の場合、メディスンの力を受けて、私たちの意識は、近代人の閉じて干からびた(死んだ)意識から抜け出していきます。
 私たちの意識は、しなやかに拡張し、宇宙的に透過した意識に変容していきます。
 さまざまな形態の意識を理解できるようになり、遭遇し、交わっていきます。

 近代的な人間中心主義を超脱し、宇宙や万物をきちんと生きた存在として、対等に遭遇・体験できるようになっていくのです。
 本来のシャーマニズム的な世界観が、甦ってくるのです。
 人によっては、それは「死と再生」の体験、「破壊と再生」のような体験ともなります。
 そして、新しい感性と価値観をもって、この人生や世界(宇宙)を生きていけることになるのです。
 「新生 incipit vita novaともいうべき生が新しい現れてくることになるのです。

【関連ページ】
「アヤワスカ―煉獄と浄化のメディスン(薬草)」
さまざまなメディスン(薬草)の効果―マジック・マッシュルーム、ブフォ・アルヴァリウス(5-MeO-DMT)
→「サイケデリック psychedelic (意識拡張)体験とは何か 知覚の扉の彼方」
「変性意識状態(ASC)とは何か はじめに」
「英雄の旅 (ヒーローズ・ジャーニー) とは何か」
【図解】心の構造モデルと心理変容のポイント―見取り図

【ブックガイド】
変性意識状態(ASC)やサイケデリック体験、意識変容や超越的全体性を含めた、より総合的な方法論については、拙著
『流れる虹のマインドフルネス―変性意識と進化するアウェアネス』

関連記事

  1. さまざまな言葉・語録・参考ヒント〈第二集〉

  2. ホドロフスキーとサイコマジック/サイコシャーマニズム

  3. アヤワスカ―煉獄と浄化のメディスン(薬草)

  4. さまざまな言葉・語録・参考ヒント〈第一集〉

  5. さまざまなメディスン(薬草)の効果―マジック・マッシュルーム、ブフォ・…

  6. 変性意識状態(ASC)とは何か advanced 編「統合すれば超越す…